AGS・JH27は、AGSチームが1991年のF1世界選手権用に製作した最後のフォーミュラ1カー。デザイナーはクリスチャン・バンダープレイン。3戦に参加したが、いずれも予選落ちしたため決勝レースに出走することは無かった。

AGS・JH27
カテゴリー F1
コンストラクター AGS
デザイナー ベルギーの旗 クリスチャン・バンダープレイン
イタリアの旗 マリオ・トレンティーノ
先代 AGS・JH25
主要諸元
シャシー カーボンファイバー/ケブラー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, コイルスプリング, プッシュロッド
エンジン フォード-コスワース DFR, 3.5リッター, 640ps, V8 (90°), NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション AGS, 6速, MT
重量 505 kg (1,110 lb)
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム Automobiles Gonfaronnaises Sportives
ドライバー イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ
イタリアの旗 ファブリツィオ・バルバッツァ
フランスの旗 オリビエ・グルイヤール
初戦 イタリアの旗 1991年イタリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
0 (3)[1]000
テンプレートを表示

背景編集

AGSは1991年シーズン開始時から破産の瀬戸際にあった。ステファン・ヨハンソンガブリエル・タルキーニが持ち込んだ個人スポンサーからの予算は開幕2戦を賄えるだけであった。テクニカルディレクターのミッシェル・コスタは、1990年から91年にかけて新車AGS・JH26の開発を始めていたが、チームの財政難を知らされ、計画は草案の段階に過ぎなかった。そのためAGSは前年モデルの改良型JH25Bでシーズンを開始した。ヨーロッパラウンド開始前にチームはイタリア人の企業家グループに売却された。その内の一人、パトリツィオ・カンツォは当時F3000チームのクリプトン・エンジニアリングを率いており、カンツォはクリプトンのスタッフをAGSに投入した。その中には1970年から88年までAGSの車両設計を担当し、その後スクーデリア・コローニリアルダラーラを経て1990年からクリプトンに加入していたクリスチャン・バンダープレインもいた。バンダープレインはAGSの新車開発を1991年5月に始めた。彼はコスタの構想したJH26のプランを拒否し、全くの新車であるJH27の開発を引き受けた。JH27は1991年の夏にようやく完成したが、チームはそれまでJH25Bを使用した[2]

開発編集

AGS・JH27の設計は従来のものを踏襲していた。コックピットは低く、後部カウルはJH25に酷似していた。フロントウイングはフロントノーズ左右に段差の付いた独立した物が取り付けられた[3]。エンジンはハイニ・マーダーがチューンしたコスワース DFRを搭載した[4]。JH27は2台が製作された。シャシーナンバーは047と048が与えられた[5]

レース戦績編集

最初のJH27はイタリアグランプリ中に完成したが、目撃者によるとその時点でまだ準備ができていなかった[6]。AGSのドライバー2名の内、経験豊富なタルキーニにJH27が与えられ予備予選に臨んだ。そのラップタイムはチームメイトのファブリツィオ・バルバッツァがドライブするJH25Bよりも僅かに遅かった。イタリアグランプリでは両名とも予備予選落ちしている。続くポルトガルとスペインでは2台が用意され、ポルトガルではタルキーニとバルバッツァが予備予選落ち、スペインではタルキーニに代わって起用されたオリビエ・グルイヤール[7]とバルバッツァがドライブしたが、これも予備予選落ちしている。JH27は一度も決勝を走ることが無く、AGSはスペイングランプリをもってF1から撤退した。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1991年 JH27 フォード-コスワース
DFR, V8, 3.5
G USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
0 NC
17   ガブリエル・タルキーニ DNPQ DNQ
17   オリビエ・グルイヤール DNPQ
18   ファブリツィオ・バルバッツァ DNPQ DNPQ

その後編集

AGS・JH27は2シーター車に改造され、1990年代に始められたAGSレーシングスクールで使用された。ここでは代金を支払うことでフォーミュラカーの走行を体験することができる[8]

参考文献編集

  • Kevin Blick: Damon for a day. Top Gear, Heft 8/1998, S. 110 ff.(ドイツ語)
  • Patrice Burchkalter, Jean-Francois Galeron: Tout sur la Formule 1 1991, Surrèsnes 1991, ISBN 2-87636-067-5.(ドイツ語)
  • Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports, Stuttgart 1997, ISBN 3-613-01848-9.(ドイツ語)
  • David Hodges: A–Z of Grand Prix Cars 1906–2001, 2001 (Crowood Press), ISBN 1-86126-339-2.(英語)
  • David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945, Stuttgart 1993, ISBN 3-613-01477-7.(ドイツ語)
  • Pierre Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1, 2. Auflage, St. Sulpice, 2000, ISBN 2-940125-45-7.(フランス語)

参照編集

  1. ^ 3戦に出場したがいずれも予備予選落ち。
  2. ^ Zum Ganzen: Ménard. La Grande Encyclopédie de la Formule 1. S. 106.
  3. ^ Hodges: Rennwagen von A-Z nach 1945, S. 10.
  4. ^ Entwicklungsgeschichte der Cosworth-Motoren auf www.research-racing.de (abgerufen am 13. Januar 2012).
  5. ^ シャシーナンバー046と047はJH26に使われる予定であった。
  6. ^ Hodges: A-Z of Grand Prix Cars 1906–2001, S. 8 („far from race-ready“).
  7. ^ タルキーニはフォンドメタルに移籍し、代わってグルイヤールが起用された。
  8. ^ Top Gear, Heft 8/1998, S. 110 ff.

外部リンク編集