AGS-30(АГС-30)は、ロシア連邦の開発した自動擲弾銃でありAGS-17の改良型に当たる。

AGS-30
AGS-30 maks2009.jpg
2009年MAKSに出品されたAGS-30
概要
種類 自動擲弾発射器
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 KBPツーラ設計局(設計)
デグチャレフ社(製造)
性能
銃身長 300mm
使用弾薬 30x29mm
装弾数 29発(金属リング付き円筒弾倉を使用)
作動方式 ブローバック
全長 1,100mm
重量 16kg(三脚架とのセット)
発射速度 400発/分
銃口初速 185m/s
有効射程 800m(アイアンサイト使用時)
1,700m(光学照準器使用時)
テンプレートを表示

開発編集

AGS-17は、アフガニスタン紛争でその強力な火力を発揮して重宝された一方で、6T8三脚に搭載した状態での重量は31kgにもなり、歩兵が携行して運用するには操作性・機動性に劣る兵器となった。

トゥーラ器械製造設計局は改良型の開発を1990年代前半に開始し、1999年にはコヴロフ市のデグチャレフ工場で量産が始まった。

構造編集

基本的な構造・操作はAGS-17と同じである。弾薬は、既存のVOG-17に加え、改良型のVOG-17M、さらに新開発のVOG-30を用いることが可能で、これらをAGS-17と同じ金属リングで連結した30発入ドラムマガジンに収めて装填する。マガジンの最大携行弾数は30発だが、構造上29発しか射撃できないのもAGS-17と同じである。

AGS-30の最大の特徴は、その軽量性にある。歩兵が容易に携行できるように三脚架を含めた軽量化に努めた結果、弾薬未装填時の重量がAGS-17の約半分である16kgという軽量さを実現した。

また、給弾機構にブローバック式を用いており、射撃モードは全自動射撃のみになった。光学照準器が標準装備になったが、緊急用の折り畳み式アイアンサイトも備える。遊底を後退させるための機構は、AGS-17ではT型の引手であったが、レシーバー右後部の大型レバーへ変更された。

射撃時に射手が保持する握把はレシーバー本体ではなく、三脚架の方に取り付けられている。引き金式のトリガーは右の握把に位置している。

性能類似火器との比較
 
96式[1]
 
Mk 19
 
Mk 47
 
AGS-30
 
AGS-40[2]
 
H&K GMW[3]
 
Y3 AGL[4]
 
SB LAG 40
 
大宇 K4[5]
画像                  
使用弾薬 40x56mm 40x53mm 30x29mmB 40x29mmB 40x53mm
重量
(本体のみ)
24.5kg 32.92kg 18.0kg 16.0kg n/a 29.0kg 18.0kg 32.0kg 34.4kg
銃身 454mm 413mm 610mm 290mm 577mm 300mm 415mm 412mm
全長 975mm 1,095mm 940mm 1,100mm 1,090mm 844mm 960mm 1,094mm
発射速度 250-350発/分 325-375発/分 225-300発/分 400発/分 340発/分 280-320発/分 215発/分 350発/分
最大射程 2,200m 1,700m 2,500m 2,200m


運用編集

  ロシア

ロシア連邦軍ロシア国内軍で使用されている。

登場作品編集

ゲーム編集

ARMA 2
プレイヤーやAIが操作可能。
コール オブ デューティ ブラックオプス
CIA鹵獲し、運用しているBTR-60砲塔に何故か九二式重機関銃とともに搭載されている。また、ゲームの設定年代が1960年代なので本来は存在しない。

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集