AIM (アサルトライフル)

AIM
Pistol Mitralieră model 1963/1965/1990
AKROMAIM.jpg
PM md. 63
AIM
Pistol Mitralieră model 1963/1965/1990
種類 小銃
製造国 ルーマニアの旗 ルーマニア
設計・製造 S.C.ウジナ・メカニカル・クジールs.a.
年代 冷戦
仕様
種別 アサルトライフル
口径 7,62mm
銃身長 415mm
使用弾薬 7.62x39mm弾
装弾数 30発
作動方式 ロングストロークピストン式
回転ボルト閉鎖
セミ/フルオート切替射撃
全長 870mm
重量 3.45kg(マガジン無し)
発射速度 600発/分
銃口初速 715m/秒
歴史
設計年 1960年代
製造期間 1963年-1980年代
配備先 ルーマニア軍など
関連戦争・紛争 ルーマニア革命 (1989年)
バリエーション md. 63
md. 65
md. 90
md. 90 カービン
テンプレートを表示

AIMは、ルーマニアで製造されたAKMの派生型である。AIMとは輸出名であり、ルーマニアではPistol Mitralieră model 1963の制式名称で呼ばれているほか、PM md. 63もしくはmd. 63の略称で表記される。

目次

概要編集

第二次世界大戦後、他の東欧諸国と同様に政治と軍事の両面においてソビエト連邦(以降ソ連)の強い影響下に置かれたルーマニアでは、の再建においてもソ連製兵器の影響を強く受けていたが、主力アサルトライフルAK-47については国産化ではなく、ソ連や他にAK-47をライセンス生産していたワルシャワ条約機構加盟国からの輸入に頼っていた。

1960年代初頭にルーマニアは、ソ連からAKMの製造ライセンスを取得し国産化に乗り出した。基本的な形状や構造はソ連製オリジナルのAKMと大差は無いが、フルオート連射時のコントロール性向上を目的に、前部ハンドガード下部にやや前方に反った垂直フォアグリップを取り付ける改良を施した[1]

この垂直フォアグリップはルーマニア製AKの一大特徴となり、その後の生産型にも必ず受け継がれているが、銃剣戦闘の際に銃をのように握ることができない分不利に働くほか、アンダーバレル式グレネードランチャーを装着する際には下部ハンドガードを取り外す必要が生じるなど欠点も多いため、輸出型では一般的なAKと変わらない形状のハンドガードを装着することもある。

陸軍では、1980年代後半に5.45x39mm弾を使用するために設計されたAIMS-74Puşcă Automată model 1986)に更新されていったが、現在でも海軍予備役部隊などに配備されている。

派生型編集

Pistol Mitralieră model 1965(PM md. 65、md. 65)
AKMSと同型の下部折畳式銃床を備えた型。垂直フォアグリップは、銃床を折り畳む際の邪魔にならないように、やや後方に反った形状に変更されている。輸出名称はAIMS。
Pistol Mitralieră model 1990(PM md. 90、md. 90)
銃床をAIMS-74と同型の右側面折畳式銃床[2]に変更した型。垂直フォアグリップの形状はAIMと同一形状に戻された。輸出名称はPM md. 65同様にAIMS。
PM md. 90 カービン
PM md. 90の銃身を短縮化したカービンモデル。ガスシリンダーと銃身の切り詰め方はAK-102/104/105に近く、銃口部分には独自設計のフラッシュサプレッサーを装着している。
WASR
アメリカなどに販売されている民間モデル。セミオート限定。

画像編集

脚注編集

  1. ^ 同様の改造はハンガリー製のAKM-63AMD-65でも行われているが、AIMの垂直フォアグリップは木製ハンドガードから直接突き出た形状になっており、ガスシリンダーを覆う上部ハンドガードも廃止されてはいない
  2. ^ この銃床の起源は、東ドイツ製のMPi-KMS-72にまで遡る

関連項目編集


外部リンク編集