メインメニューを開く

AK-630は、ソビエト連邦艦載機関砲システム。30mm口径・6砲身ガトリング砲を使用した全自動システムであり、密閉された自動操作の砲座に搭載され、レーダーや光学式指揮装置により管制される。このシステムの主要目的は、対艦ミサイルなどの精密誘導兵器に対する対空防御にあるが、航空機や艦艇などの水上目標、沿岸の目標への攻撃および浮遊機雷の処分にも用いることが可能である。

AK-630
30-мм автоматическая корабельная артиллерийская установка АК-630М - Тульский Государственный Музея Оружия 2016 01.jpg
種類銃身機関砲
原開発国 ロシアの旗 ロシア
運用史
配備先 運用国・機関参照
開発史
開発期間 1960年代から
製造業者 トゥーラ兵器工場
諸元
砲弾 30x165mm
銃砲身 6砲身
作動方式 ガトリング砲
仰角 -12度~+88度
(俯仰速度:50度/秒)
旋回角 360度
(旋回速度:70度/秒)
発射速度 5,000発/分
初速 900m/秒
最大射程 4,000m(HE-FRAG)
テンプレートを表示

AK-630は、最も初期に開発されたCIWS システムと言える。当時はまだファランクスゴールキーパーなどは実用化されていなかった。

実用化後に急速に搭載艦艇が増加し、掃海艇から航空母艦に至るまでソ連海軍艦艇に幅広くかつ数多く搭載された。

現在もロシア海軍を中心に多くの艦艇に搭載されている。

概要編集

 
MR-123 ヴィンペル射撃指揮装置

AK-630は、弾倉が甲板下にあり、レーダーなど管制用装置が別に配置されていることから、非常にコンパクトな外形となっている。

AK-630M機関砲、MR-123-02火器管制レーダー、およびSP-521光学式追尾装置から成る兵器システムは A-213-ヴィンペル-A(A-213-Vympel-A)と呼ばれる。

MP-123 レーダーは1基につき2基の砲座を管制することが可能で、その組み合わせには30ミリ機関砲ないし57ミリ連装砲2基、または30ミリ機関砲および57ミリ連装砲各1基がある。レーダーは4-5キロの間で海面上の目標を捕らえることが可能である。

SP-521光学式追尾装置は、MiG-21相当の航空機なら7キロ、魚雷艇相当の水上目標なら70キロから捕捉可能である。この装置はレーザー照準器、および光学式照準器から構成され、監視および追跡モードを持ち、電波妨害に対する高い抵抗力がある。

砲座は完全に自動化されているが、オペレーターが管制用機器ないし砲座より離れて取り付けられた照準器により手動で制御することも可能である。AK-630は、ブロック1以前のファランクスゴールキーパーより高い射撃速度を誇る。多くの場合2基1組で取り付けられ、有効な個艦防空システムとなっている。 しかし、他のガトリング機関砲ベースのCIWS同様、即応性と、複数目標への対応が課題となっている。

CIWSの比較
 AK-630  ファランクス  ゴールキーパー
画像      
重量 9,114 kg (20,090 lb) 6,200 kg (14,000 lb) 9,902 kg (21,830 lb)
武装 GSh-6-30 30 mm (1.2 in)
6砲身ガトリング砲
M61 20 mm (0.79 in)
6砲身ガトリング砲
GAU-8 30 mm (1.2 in)
7砲身ガトリング砲
発射数 毎分5,000発 毎分4,500発 毎分4,200発
射程 4,000 m (13,000 ft) 1,490 m (4,890 ft) 2,000 m (6,600 ft)
携行弾数 2,000発 1,550発 1,190発
弾丸初速 毎秒900 m (3,000 ft) 毎秒1,100 m (3,600 ft) 毎秒1,109 m (3,638 ft)
垂直軸射撃範囲 -12から+88° -25から+85° -25から+85°
水平軸射撃範囲 360° -150から+150° 360°

改良型編集

AK-630は、幾つかの改良型および派生型があり、しばしばCADS-N-1 カシュタンシステムも含まれる場合がある。

AK-630編集

AK-630は、1963年に設計が開始され、1964年には最初の試作品が完成した。

レーダーも含めた全体の管制システムは、実艦への搭載および運用が開始された後の1976年頃まで運用試験が続けられた。

AK-630M編集

システム開発中、運用試験に際しに現れなかった多数の問題が明らかになった。オリジナルのAK-630はこれらの問題を修正し、1979年に新しいシステムはAK-630Mと命名され、運用が開始された。

AK-306編集

AK-630Mの派生型は小型艦艇用に開発され、このシステムはAK-306と命名された。

AK-306とAK-630の間には外観上の違いは無いが、AK-306(A-219)は電気駆動へと変更された。 また、この派生型はレーダー制御を欠き、光学式装置に管制されるだけであり、その結果、全体のシステム名称は「A-213-ヴィンペル-A(A-213-Vympel-A)」から「A-219」へと変更された。

1974年に設計が開始され、1980年に運用を開始した。 1986年までに125基が生産され、運用された。

AK-630M1-2編集

1983年に、縦に2本の銃身を束ねたAK-630改良型を設計することが決定された。 AK-630M1-2 ロイ(Roy)は、既存のAK-630が搭載されている砲座を換装できるように、同程度の寸法と重量にまとめられた。

本格的に導入が進められると思われたが、AK-630M1-2 ロイは、後にカシュタンとも呼ばれているミサイルと砲の複合対空システム3M87 コールチクの開発・生産が優先されたために生産されなかった。

AK-630M1-2 ロイは、マトカ型ミサイル艇R-44」への搭載に留まった。

2007年7月のIMDS-2007において、AK-630M1-2の近代化タイプがOAO AK Tulamashzavodにより出展、「AK-630M-2 デュエットロシア語版ロシア語: Дуэт、Duet)」という新しい名称を付され展示された。「デュエット」の「ロイ」との外観上の相違点は、ステルス性を考慮した新しいレーダー反射面積の低い形状にある。

中国製AK-630編集

中国で生産されているAK-630には、独自に開発されたレーダー反射率の低減を図ったステルスシールドが採用されており、江凱型フリゲート紅稗型ミサイル艇071型揚陸艦に搭載されている。紅稗型ミサイル艇には、管制レーダーに中国独自のHEOS-300が用いられている。

中国人民解放軍海軍では、中国で独自に開発された730型CIWSも運用しているが、AK-630の4倍という高コストのため、AK-630も併用している。

運用国及び機関編集

要目編集

  • 銃身:AO-18 6砲身30mm ガトリング機関砲
  • 重量(本体のみ/砲弾および管制システムを含む)
    • AK-630/630M:1,850kg(本体のみ), 1,918kg(砲弾含む), 9,114kg(砲弾および管制システムを含む)
    • AK-630M1-2:2,500kg(本体のみ), 11,819kg(砲弾および管制システムを含む)
    • AK-306:1,100kg(本体のみ), 1,630kg(砲弾および管制システムを含む)
  • 仰俯角範囲および速度:-12度から+88度、50度/秒
  • 旋回範囲および速度:360度、70度/秒
  • 初速:900m/秒
  • 発射速度:83発/秒(5,000発/分)
  • 弾薬:HE-FRAG, FRAG
  • 弾薬搭載量(1層下の弾薬庫に搭載)
    • AK-630/630M:2,000発
    • AK-630M1-2:4,000発
    • AK-306:500発
  • 射程:HE-FRAG(0.54kg)shell, 4,000m
  • 捜索・追尾システム:A-213-Vympel-A, レーダーレーザーおよび光学式管制システム

関連項目編集

外部リンク編集