AKB48 37thシングル選抜総選挙

AKB48 > AKB48選抜総選挙 > AKB48 37thシングル選抜総選挙

AKB48 37thシングル選抜総選挙』(エーケービーフォーティーエイト サーティーセブンスシングルせんばつそうせんきょ)とは、AKB48の37枚目のシングルに参加する選抜メンバーをファンによる投票で決定するイベントである。この選挙の上位16位までのメンバーが、2014年8月27日発売の37thシングル「心のプラカード」選抜メンバーとなった。

AKB48 37thシングル選抜総選挙
夢の現在地〜ライバルはどこだ?〜
関係者 AKB48
SKE48
NMB48
HKT48
JKT48
SNH48
場所 東京スタジアム(味の素スタジアム)(開票イベント)
日付 2014年3月31日16時30分(JST) - 4月6日23時00分(JST)(立候補)
2014年5月20日10時00分(JST) - 6月6日14時59分(JST)(投票)
2014年6月7日(開票)
結果

AKB48の37枚目のシングル「心のプラカード」の選抜メンバー


AKB48 32ndシングル選抜総選挙
〜夢は一人じゃ見られない〜

(2013年)

AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会
(2013年)

AKB48 37thシングル選抜総選挙
夢の現在地
〜ライバルはどこだ?〜
(2014年)

AKB48 41stシングル選抜総選挙
〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜

(2015年)

AKB48グループ・じゃんけん大会2014
〜拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦〜

(2014年)

目次

概要編集

選挙の実施は、2014年3月22日に公式ブログ・AKB48オフィシャルサイトで発表された[1][2]

今回の総選挙では、前回と同じ立候補制を採用することとなったが、卒業メンバーは対象外となった[注釈 1]

投票期間は、2014年5月20日10時00分00秒(JST)から同年6月6日14時59分59秒(JST)までであった。

最終結果が発表される開票イベントは、2014年6月7日に東京都調布市東京スタジアム(味の素スタジアム)で実施された。会場での司会進行は、徳光和夫木佐彩子のふたりが担当した。

なお同年5月25日に岩手県滝沢市岩手産業文化センターで開催された握手会イベントでの傷害事件を受け、総勢106人の手荷物検査員を配置し、計122台のハンディータイプの金属探知機を導入して厳重な検査が行われた結果[3]、会場への入場開始時間を当初の予定よりも1時間前倒ししたが[4]、観客の入場が遅れたことから、開票発表前のライブは、45分遅れの15時15分からスタートすることとなった[3]。大雨の影響により、当初のライブで2時間以上、37曲を披露する予定を変更して、12曲のみのパフォーマンスとなった[5]。同会場では、Jリーグの試合開催時に、調布警察署の警察官約20人が警備に当たるが、当イベント時はその倍以上となる50人が警備に当たり、ファン有志も警備に協力した[6]。こうした影響もあり、2015年に実施されるAKB48 41stシングル選抜総選挙では、開票イベント会場を変更する遠因となった[7]

『AKB48×LINE』のコラボレーションプロジェクトとして、今回の総選挙の選抜メンバー上位16人のLINEスタンプが作成される。また『バイトル×AKB48』とのコラボレーションプロジェクトとして、上位7位のメンバーである「神7」の予想し、的中すれば豪華賞品が抽選で授与されるキャンペーンが実施された[8]

本イベントはAKB48選抜総選挙としては唯一、単独での映像ソフト化がされていない[9]。その理由について運営は「ライブパートが少なくて、販売するのが気が引けた」ためだと回答していた[10]。それでも映像ソフト化を望む声が多数あったため、2017年5月29日から6月9日までAKB48グループの握手会情報サイト『握手会友の会』において、同サイト会員限定でDVD販売に関するアンケートが実施され[11]、この総選挙で1位となった渡辺麻友の卒業コンサートのDVD・Blu-ray(限定盤のみ、同年12月27日発売)に収録されることになり、3年越しで映像化に至った[12]。なお、開票イベント前に行われたコンサートの映像についてはAmazonプライム・ビデオで2016年2月より独占配信されていた[13]

テレビ中継編集

開票イベントの模様は、BSスカパー!およびフジテレビ系列で生中継された[14]。BSスカパーでの進行は遠藤章造とカナリアが担当。フジテレビ系列においては、フジテレビとテレビ新広島では、17時から17時30分までの第1部と第2部の2部編成で合計5時間10分、一部の系列局は18時30分から23時10分までの4時間40分、関西テレビ東海テレビ[注釈 2]新潟総合テレビテレビ宮崎沖縄テレビでは『土曜プレミアム』枠の19時00分から23時10分までの4時間10分を『AKB48 第6回選抜総選挙 生放送スペシャル』として放送した。放送途中(1位発表から舞台裏にかけての部分)に『FNN NEWS Pick Up[注釈 3]を含んでの構成となった。ただし日本テレビ系列とのクロスネットであるテレビ大分は、土曜日のゴールデンタイム・プライムタイム枠は日本テレビ系の番組が優先して編成されるため、6月8日の0時58分から5時10分(7日深夜)までの4時間12分で録画放送(時差ネット)された[注釈 4]。味の素スタジアムに特設スタジオを設置し、司会は前回に引き続き宮根誠司加藤綾子(フジテレビアナウンサー)が担当し、ゲストとして関根勤大久保佳代子リリー・フランキー、そして6月9日にAKB48を卒業する大島優子が出演した。音声多重放送を実施し、副音声は場内音声のみとなった。また前回に引き続きクイズ企画を実施した。前回は、速報1位の指原の最終順位を予想する「指原莉乃は何位になるのか?予想」であったが、今回は選抜メンバーの16名を1位から16位まで順位を含めて完璧に当てる16連単予想クイズを実施した。予想的中者には総額200万円が授与され、複数当選者の場合山分けとなるが[15]、的中者までは出なかった[注釈 5][注釈 6]キャッチコピーは「天下は、我が國へ、持ち帰る。」。1位となった渡辺麻友は、6月9日の『めざましテレビ』に生出演した。

またNHKが、BSプレミアムで同日23時30分から放送した『AKB48 SHOW!』は、吉田一貴の進行による生放送を実施し、本選挙で1位となった渡辺が出演した。ダイジェスト形式とはいえ、NHKが選抜総選挙開票イベント当日に生中継を実施するのは、これが初めてとなった。番組終了間際には、1位となった特典として特別編『渡辺麻友 SHOW!』を制作・放送することが発表された。

投票有資格者編集

以下のいずれにかに該当する者に投票権がある[1]

  • 36thシングル「ラブラドール・レトリバー」初回限定盤・通常盤・劇場盤購入者
  • AKB48ファンクラブサイト「二本柱の会」会員
  • 以下の各グループ公式携帯サイト会員
    • AKB48 Mobile
    • SKE48 Mobile
    • NMB48 Mobile
    • HKT48 Mobile
  • AKB48公式スマートフォンアプリ会員
  • AKB48 OFFICIAL NET会員
  • DMM.comが提供する以下の月額見放題サービス会員
    • 「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」
    • 「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」
    • 「NMB48 LIVE!! ON DEMAND」
    • 「HKT48 LIVE!! ON DEMAND」

被選挙権者編集

以下の条件のいずれかを満たすメンバーに被選挙権があり、立候補期間中に所定の用紙に記入し、各劇場の選挙実行委員会に提出・受理されることで立候補となる[1]

  • AKB48・SKE48・NMB48・HKT48に在籍しているメンバー(2014年3月22日までに卒業発表をしたメンバー[注釈 7]を除く)。
  • 海外グループに専任移籍の元AKB48メンバー(仲川遥香近野莉菜)。

立候補者編集

  • 立候補期間:2014年3月31日16時30分 - 4月6日23時00分
  • 立候補者数:296名

本節以下における所属チームは2014年4月6日時点。各チームの候補者数は兼任メンバーの重複を含む。☆は前回立候補しなかったメンバー(初めて立候補権が与えられたメンバーを除く)。

AKB48編集

SKE48編集

NMB48編集

HKT48編集

  • チームH(20名)
  • チームKIV(20名)
    • 伊藤来笑、今田美奈、岩花詩乃、植木南央、多田愛佳、岡田栞奈、木本花音(SKE48チームE兼任)、草場愛、熊沢世莉奈、後藤泉、下野由貴、田中優香、冨吉明日香、朝長美桜(AKB48チームB兼任)、深川舞子、渕上舞、宮脇咲良(AKB48チームA兼任)、村重杏奈(NMB48チームN兼任)、本村碧唯、森保まどか
  • 研究生(7名)
    • 荒巻美咲、栗原紗英、坂本愛玲菜、筒井莉子、外薗葉月、山内祐奈、山下エミリー

JKT48編集

SNH48編集

不参加編集

  • 不参加数:14名

★は立候補締切日以降、開票日当日までにAKB48グループから卒業した、または卒業発表をしたメンバー

AKB48編集

SKE48編集

NMB48編集

JKT48編集

当選枠編集

前回の64人から80人に増枠される[1]。1 - 16位の16人が表題曲の選抜メンバーとなる。17 - 32位の16人はアンダーガールズ、33 - 48位の16人がネクストガールズ、49 - 64位の16人がフューチャーガールズとしてそれぞれの楽曲に参加する[1]。さらに65 - 80位のアップカミングガールズが新設された[1]

結果編集

投票総数は268万9427票と、前年から約4万2580票増え、過去6回で最多となった[16]。シングル曲選抜では、AKB48メンバーで選抜入りしたのは、他姉妹グループと兼任のないメンバーで6人、NMB48兼任の柏木由紀を入れても7人で、初めて過半数割れした。全体では、前年64人中6人がランクインしたHKT48が80人中13人がランクインし大幅増となった[17]。1位の渡辺麻友の獲得票数15万9854票は、前回の指原莉乃が記録した15万570票を上回り、2014年時点の投票システムにおいては最多得票数となった[18]

※以下、所属のうち「乃」は乃木坂46、「栄研」はSKE48研究生をそれぞれ表す。

AKB48 37thシングル選抜総選挙 最終結果表
順位[19] 氏名[19] 所属[19] 得票数[19] 速報[20] 前回
順位
過去
最高
順位
得票 順位
37thシングル 選抜メンバー(1位〜16位)
01位 渡辺麻友 03B 159854票 25283票 02位 03位 02位
02位 指原莉乃 14H 141954票 37582票 01位 01位 01位
03位 柏木由紀 03B/N 104364票 17266票 04位 04位 03位
04位 松井珠理奈 06S/K 90910票 23012票 03位 06位 06位
05位 松井玲奈 08E/乃 69790票 14897票 06位 07位 07位
06位 山本彩 10N/K 67916票 14798票 07位 14位 14位
07位 島崎遥香 01A 67591票 15514票 05位 12位 12位
08位 小嶋陽菜 01A 62899票 8177票 17位 09位 06位
09位 高橋みなみ 01A 57388票 9005票 13位 08位 05位
10位 須田亜香里 08E 48182票 8114票 18位 16位 16位
11位 宮脇咲良 15KIV/A 45538票 7963票 20位 26位 26位
12位 宮澤佐江 18SII/S 44749票 8273票 16位 10位 09位
13位 横山由依 02K 40232票 9505票 12位 13位 13位
14位 生駒里奈 03乃/B 40089票 3510票 56位 立候補資格なし
15位 柴田阿弥 08E 39264票 12340票 08位 17位 17位
16位 川栄李奈 01A 39120票 4057票 45位 25位 25位
アンダーガールズ(17位〜32位)
17位 松村香織 09栄研 37967票 12190票 09位 24位 24位
18位 渡辺美優紀 12BII/S 36108票 6276票 25位 15位 15位
19位 北原里英 02K 34666票 8584票 15位 21位 13位
20位 入山杏奈 01A 34002票 2871票 77位 30位 30位
21位 兒玉遥 14H/K 33545票 9879票 10位 37位 37位
22位 峯岸みなみ 044 33162票 4504票 41位 18位 14位
23位 木﨑ゆりあ 044 30154票 6359票 24位 22位 22位
24位 武藤十夢 01A 30097票 3973票 47位 45位 45位
25位 森保まどか 15KIV 27054票 9562票 11位 圏外 65-
26位 高城亜樹 03B 24415票 3315票 64位 20位 12位
27位 朝長美桜 15KIV/B 23766票 7114票 22位 59位 59位
28位 高橋朱里 03B 23612票 7469票 21位 圏外 65-
29位 山田菜々 11M/KII 23299票 6100票 26位 28位 28位
30位 大矢真那 06S 21984票 5133票 33位 29位 24位
31位 高柳明音 07KII/BII 21972票 4945票 37位 23位 23位
32位 加藤玲奈 044 21877票 6437票 23位 圏外 65-
ネクストガールズ(33位〜48位)
33位 藤江れいな 11M 20956票 圏外 32位 32位
34位 二村春香 06S 20881票 8755票 14位 圏外 65-
35位 梅田彩佳 12BII 20658票 5000票 36位 19位 16位
36位 小嶋真子 02K 20415票 5132票 34位 圏外 65-
37位 古川愛李 07KII 19315票 4143票 44位 27位 27位
38位 田島芽瑠 14H 18875票 4021票 46位 55位 55位
39位 穴井千尋 14H 18825票 5849票 28位 圏外 65-
40位 木下有希子 07KII 18822票 圏外 圏外 65-
41位 矢倉楓子 11M/A 18596票 圏外 44位 44位
42位 多田愛佳 15KIV 18143票 3767票 50位 43位 20位
43位 白間美瑠 11M 17745票 4144票 43位 圏外 65-
44位 磯原杏華 08E 17616票 7981票 19位 58位 58位
45位 田野優花 02K 17608票 3026票 71位 38位 38位
46位 岩永亞美 08E 17479票 5761票 29位 圏外 65-
47位 佐々木優佳里 044 16726票 5146票 32位 圏外 65-
48位 本村碧唯 15KIV 16449票 4821票 38位 圏外 65-
フューチャーガールズ(49位〜64位)
49位 岩佐美咲 02K 16100票 5490票 30位 56位 33位
50位 木本花音 08E/KIV 16022票 3332票 62位 31位 31位
51位 岡田奈々 044 15873票 3145票 67位 圏外 65-
52位 倉持明日香 03B 15443票 3194票 66位 36位 21位
53位 市川美織 12BII 15045票 3608票 52位 57位 39位
54位 山田みずほ 07KII 14942票 5163票 31位 圏外 65-
55位 古畑奈和 07KII/A 14634票 3354票 61位 圏外 65-
56位 大場美奈 07KII 14555票 4260票 42位 48位 35位
57位 石田晴香 02K 14358票 2809票 80位 46位 27位
58位 上西恵 10N 14194票 3417票 59位 40位 40位
59位 薮下柊 12BII 14119票 3884票 48位 49位 49位
60位 坂口理子 14H 12937票 5079票 35位 圏外 65-
61位 小谷里歩 10N/4 12913票 4526票 40位 圏外 65-
62位 西野未姫 044 12824票 圏外 圏外 65-
63位 内山奈月 03B 12749票 3324票 63位 圏外 65-
64位 松岡菜摘 14H 12569票 3481票 57位 圏外 65-
アップカミングガールズ(65位〜80位)
65位 永尾まりや 02K 12448票 圏外 35位 35位
66位 岩立沙穂 044 11873票 3751票 51位 圏外 65-
67位 村重杏奈 15KIV/N 11586票 圏外 圏外 65-
68位 梅本まどか 08E 11538票 2973票 74位 39位 39位
69位 山内鈴蘭 06S 11510票 4734票 39位 61位 36位
70位 前田亜美 01A 11117票 3209票 65位 53位 37位
71位 田名部生来 03B 11041票 圏外 圏外 65-
72位 吉田朱里 10N 10982票 圏外 50位 50位
73位 矢方美紀 06S 10733票 圏外 圏外 62位
74位 阿比留李帆 07KII 10092票 3545票 54位 圏外 65-
75位 斉藤真木子 08E 10089票 3010票 72位 42位 42位
76位 小笠原茉由 03B 9946票 圏外 54位 54位
77位 小林亜実 08E 9931票 3471票 58位 47位 47位
78位 宮崎美穂 02K 9674票 3372票 60位 圏外 18位
79位 駒田京伽 14H 9609票 6056票 27位 圏外 65-
80位 大島涼花 03B 9561票 3030票 70位 圏外 65-
速報では80位以内であったものの最終結果が圏外となったメンバー
81位
以下
岡本尚子 13H - 3778票 49位 圏外 65-
宮前杏実 06S 3599票 53位 圏外 65-
谷川愛梨 11M 3514票 55位 圏外 65-
平田梨奈 03B 3145票 67位 圏外 65-
高野祐衣 11M 3100票 69位 圏外 65-
小林香菜 02K 2998票 73位 圏外 41位
熊崎晴香 08E 2904票 75位 圏外 65-
植木南央 14KIV 2895票 76位 圏外 65-
北川綾巴 06S 2866票 78位 圏外 65-
茂木忍 044 2815票 79位 圏外 65-

公式関連出版物編集

  • FRIDAY編集部編『AKB48総選挙公式ガイドブック 2014』講談社MOOK、2014年5月。 ISBN 978-4-06-389832-3
  • 『週刊プレイボーイ』特別編集『AKB48総選挙!水着サプライズ発表 AKB48スペシャルムック 2014』集英社、2014年8月。 ISBN 978-4-0810-2181-9

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2014年3月22日までに卒業発表をした現役メンバーも対象外であった。
  2. ^ 2013年は4時間40分の放送であった。
  3. ^ 放送局によってはローカルタイトルに差し替えおよびローカルニュース編成。
  4. ^ 土曜日のゴールデンタイム・プライムタイムは、日本テレビの放送枠のためである。
  5. ^ 番組最後で、正解する確率が1兆分の1以上であることが紹介され、賞金は翌年の第7回福岡大会に全額持ち越しとなった。
  6. ^ 同じフジテレビ制作の『スーパー競馬』において2007年春のGIシーズンに5連単クイズを実施した際もNHKマイルカップピンクカメオが優勝した大波乱が大きく影響し、全的中者までは出なかった。
  7. ^ 大島優子野中美郷(以上AKB48)、向田茉夏松本梨奈・折戸愛彩・出口陽・鬼頭桃菜(以上SKE48)、島田玲奈・小林莉加子(以上NMB48)の9人。
  8. ^ チーム再編前にチームEとして活動を終了した。
  9. ^ ミスFLASH(第8回)に選ばれたことで週末を中心に関連したイベントに参加する事が多くなり、それに集中するために辞退した。
  10. ^ チーム再編前にチームBIIとして活動を終了した。

出典編集

  1. ^ a b c d e f AKB48 37thシングル 選抜総選挙 開催決定の御案内(2014年3月23日閲覧)
  2. ^ AKB48 37thシングル 選抜総選挙 開催決定の御案内(2014年3月23日閲覧)
  3. ^ a b “味スタ大雨厳戒…手荷物検査員106人、金属探知機122台”. SANSPO.COM (SANKEI DIGITAL INC.). (2014年6月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140608/akb14060805010002-n1.html 2014年6月8日閲覧。 
  4. ^ “【重要なお知らせ】選抜総選挙 開票イベント開場時間変更に関して [2014.6.4]”. AKB48公式サイト. (2014年6月4日). http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/37thsingle/Pid=16391_news_detail.html 2014年6月8日閲覧。 
  5. ^ “AKBたかみならずぶ濡れ「お直し時間を」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年6月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140607-1313873.html 2014年6月8日閲覧。 
  6. ^ “AKB総選挙 大雨…45分遅れで開演”. DAILY SPORTS ONLINE (デイリースポーツ). (2014年6月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/06/07/1p_0007030899.shtml 2014年6月8日閲覧。 
  7. ^ AKB48、今年の選抜総選挙イベントは福岡開催 ナタリー
  8. ^ バイトル×AKB48 選抜総選挙神7予想キャンペーン(2014年5月13日閲覧)
  9. ^ 奈波くるみ (2015年9月17日). “AKB総選挙、’14だけDVDなしの謎”. NEWSポストセブン (R25). リクルート (小学館). http://www.news-postseven.com/archives/20150917_351540.html 2017年6月9日閲覧。 
  10. ^ カスタマーセンター長部屋 2016年2月21日(日)@幕張メッセ”. 握手会友の会. Fandy (2016年2月23日). 2017年6月9日閲覧。
  11. ^ 【握手会友の会_重要】 握手会友の会 会員限定アンケート”. 握手会友の会. Fandy (2017年5月29日). 2017年6月9日閲覧。
  12. ^ “AKB48渡辺麻友の卒コンが映像化、限定盤には第6回総選挙の模様を初パッケージ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年10月31日). http://natalie.mu/music/news/254910 2017年11月5日閲覧。 
  13. ^ “「AKB48 37thシングル選抜総選挙」完全未公開映像、Amazonで独占配信開始!”. シネマカフェ (イード). (2016年2月15日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/02/15/37854.html 2017年6月9日閲覧。 
  14. ^ 6/7(土)開票イベントの地上波生放送決定のお知らせ [2014.5.22]”. AKB48公式サイト. AKS (2014年5月22日). 2017年4月26日閲覧。
  15. ^ “フジテレビAKB48選抜総選挙 戦国アドトラック”いざ出陣!『AKB48第6回選抜総選挙 生放送SP』”. Fuji Television Network Inc. (2014年5月30日). 2014年6月8日閲覧。
  16. ^ “【第6回AKB総選挙】優子不在でも…総投票数過去最多268万票”. ORICON STYLE (oricon ME inc.). (2014年6月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2038394/full/ 2014年6月10日閲覧。 
  17. ^ “AKB専属初の選抜過半数割れ…HKTはランクイン大幅増”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年6月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/06/08/kiji/K20140608008324590.html 2014年6月8日閲覧。 
  18. ^ “まゆゆ 記録的な新女王!総選挙史上最多得票&史上最大の逆転劇”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年6月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/06/07/kiji/K20140607008322700.html 2014年6月10日閲覧。 
  19. ^ a b c d 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48 オフィシャルブログ (2014年6月7日). 2014年6月9日閲覧。
  20. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」速報結果”. AKB48 オフィシャルブログ (2014年5月21日). 2014年6月9日閲覧。

外部リンク編集