メインメニューを開く

AKIBA'S BEAT』(アキバズビート)は、アクワイアのゲームソフト。

AKIBA'S BEAT
ジャンル アクションRPG
対応機種 PlayStation 4
PlayStation Vita
開発元 アクワイア
発売元 アクワイア
ディレクター 高野康太
美術 UCMM(キャラクターデザイン)
人数 1人
メディア [PS4]BD-ROM
[PSVita]PSVitaカード
発売日 [PS4]2016年12月15日
[PSVita]2017年4月27日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
暴力、セクシャル
テンプレートを表示

2016年12月15日PlayStation 4版が発売された[1]

2017年4月27日PlayStation Vita版が発売された[2]

概要編集

2011年に発売された『AKIBA'S TRIP』より始まる、アクワイアの『AKIBA'S』シリーズのひとつ。今作は『ディバインゲート』のメインスタッフであったディレクター・高野康太とイラストレーター・UCMMを主軸として製作されている。

「リアルに再現された秋葉原の街が舞台」というシリーズの基本コンセプトを継承しつつも世界観設定は本作オリジナルのものへ一新されており、ゲームジャンルも『AKIBA'S』シリーズおよびアクワイアの開発タイトルとしては初となるアクションRPGとなっている[3]

作品テーマは「終わらない日曜日」と「侵食する妄想」[4]

ストーリー編集

主人公・立花アサヒは秋葉原に住むオタク文化が大好きなニート。
その自堕落な生活に幼馴染の藍原ミズキにはいつも呆れられている。
とある日曜日。
ミズキとの約束の時間に寝坊したアサヒは急いで待ち合わせに向かっていた。
少しでも早く着こうと秋葉原駅を通り抜けようとして、いつもと違う光景が目にはいってしまった。
違和感に立ち尽くすアサヒにそこに声をかけてくる存在がいた。
ぴんくんという謎の生き物を従えた星野サキという少女はこれを『妄想』から生まれた『妄想宮』という。
彼女たちに巻き込まれる形でアサヒは現れた入口をくぐり、世界の真実を知る。
そして今日『も』日曜日が始まろうとしていた――――――

ゲームシステム編集

本作はリアルに再現された秋葉原の街並みと人々の『妄想』より生まれた『妄想宮』を舞台に物語を繰り広げるアクションRPGである。
基本的には本編である「メインイベント」とキャラクターの内面に深く迫っていく「サブイベント」に分類され、ゲーム中は常にメインイベントが発生している状態となる。
エンカウント
『妄想宮』の中は迷宮の様相をしており、モンスターである『妄想獣』がマップ内をうろついている。
プレイヤーはリーダーとして指名したブレイアブルキャラクターを操作し、移動する。
『妄想獣』はプレイヤーを見つけると彼らの縄張りから離れるまで追いかけてくる。
『妄想獣』と接触することで戦闘が開始するが、『Encount(通常)』、彼らに攻撃することで始まる『First Attack(『妄想獣』に一定のダメージを与えた状態で始まる)』、ブレイアブルキャラクターの背後から接触される『Back Attack(プレイヤーパーティーに一定のダメージが与えられた状態で始まる)』

の3種類がある。

戦闘
戦闘はブレイアブルキャラクターから最大4人とサポートキャラクターの一名で挑む。
戦闘開始時はリーダーとして指名したキャラクターを操作するが十字キーで操作キャラクターを変更できる。
キャラクターが攻撃やスキルを一度に使える回数としてアクティブポイント(以下AP)が決められている。
APが切れると回避や防御しか使えない。なお、時間経過で最大値まで回復する。
APの最大値はパーソナルウェポンのCPU(後述)の性能で決まる。
イマジンモード
戦闘中にたまる『イマジンゲージ』が最大にたまった状態で始められるモードである。
ヘッドフォンを装着し、BGMが変化し流れる曲に合わせて体を動かすことでより協力な攻撃を繰り出せる。
星野サキ曰く「PVごっこ」である。
この時の曲は後述のHDD内に入れた曲の中から選択できる。
イマジンモード時の能力上昇率はパーソナルウェポンのグラフィックボード(後述)の性能で異なる。
パーソナルウェポン
妄想宮に入るとどこからともなく出現し、掌に納まっている武器である。
アサヒたちブレイアブルキャラクターはそれぞれのパーソナルウェポン(略してパソポン)を装備して『妄想獣』と戦う。
その形は誰一人として同じではない。
パソポンは以下の要素で形成されている。
マザーボード:パソポンのレベルを上げ、装備できるパーツの種類が増える。
CPU:一度に行動できる回数が増える。
HDD:イマジンモードで使用できる楽曲の候補数が増える。
グラフィックボード:イマジンモード時の能力の上昇率が上がる。
メモリ:攻撃力が上がる。
これらのパーツは秋葉原の店やサブイベントで入手できる。
装備
体への装備を示す。
アサヒたちはパソポンの他に、衣類やアクセサリーを装備することが出来る。
衣類で防御、アクセサリーで様々な効果を得られる。
装備品は秋葉原の店で買うことが出来るが、妄想宮の宝箱やサブイベントでも入手できる。
トレカ
秋葉原のトレーディングカードショップなどで扱われているトレーディングカード(以下トレカ)は収集するだけでなく、装備することで様々な効果が得られる。
それぞれのトレカにはレア度が存在し、低い順からコモン、ノーマル、レア、スーパーレア、ウルトラレアと呼ばれる。
一回の購入でランダムに5枚ゲットできる。全てのレア度が対象のノーマルパックとスーパーレアとウルトラレアのみが入っているスペシャルパックの2種類がある。
カードにはそれぞれ二つ名があり、前半と後半で分けて装備できる。
例)それぞれ「○○の▽▽」と「◇◇の◎◎」のカードで前半に一枚目、後半に二枚目を装備すると表示される二つ名は「○○の◎◎」である。

登場人物編集

プレイアブルキャラクター編集

立花 アサヒ(たちばな アサヒ)
声 - 増田俊樹
19歳。ニート。本作の主人公。戦闘では剣を使用。
星野 サキ(ほしの サキ)
声 - 田所あずさ
18歳。専門学生。妄想宮の存在に早くから気づいており、謎を突き止めるために秋葉原にやってきた。戦闘では短刀を使う。
百瀬 リユ(ももせ リユ)
声 - 山崎エリイ
14歳。「りっぴょん」の愛称で知られるアイドル。秋葉原を拠点に活動しており、戦闘では杖を使用した魔法攻撃を使う。
本郷 ヤマト(ほんごう ヤマト)
声 - 岡本信彦
16歳。高校生。見た目は中学生。秋葉原の文化には興味がないというが…。
真田 コトミ(さなだ コトミ)
声 - 上坂すみれ
17歳。高校生。高校三年生の不登校児。そのせいか、口が悪く、誰にでも命令口調。
篠宮 レイジ(しのみや レイジ)
声 - KENN
28歳。長身眼鏡の青年。
藍原 ミズキ(あいはら ミズキ)
声 - 小野賢章
20歳。大学生。アサヒとは小学校からの幼馴染。

サブキャラクター編集

ぴんくん
声 - 種﨑敦美
謎のブサカワな生物。
鈴森 モエ(すずもり モエ)
声 - 桑原由気
18歳。メイド喫茶「メイディアーズ」の看板メイドさん。
早乙女 カナタ(さおとめ カナタ)
声 - 木村珠莉
16歳。秋葉原の裏通りにあるバー「菫のエデン」で働いている。
西園寺 ヨシノ(さいおんじ ヨシノ)
声 - 山村響
28歳。真田家に仕える本職のメイド。

その他キャラクター編集

カノン
声 - 柿原徹也
秋葉原でその存在が噂されている通称・ピンクマントの男。
アケミ・エクスタシア
声 - 代永翼
年齢不詳の謎の女性(?)。
宇部 シャレ子
声 - 村川梨衣
謎の闇商人。体型や声から、女性であると推測されるが。

秋葉原自警団編集

団長
声 - 小西克幸
本名、年齢不詳。
鬼灯 アカリ
声 - 鈴木絵理
16歳、高校2年生。双子。
鬼灯 アオイ
声 - 田澤茉純
16歳、高校2年生。双子。

妄想管理局編集

黒崎 ミカド
声 - 諏訪部順一
年齢不詳。謎の組織『妄想管理局』の局長。
結城 カスガ
声 - 内匠靖明
28歳。研究推進室・室長。
東条 マリ
声 - 佐藤利奈
26歳。研究推進室・主任。

主題歌編集

again
歌 - ClariS

出典編集

  1. ^ 『AKIBA’S BEAT』PS4版の発売日決定! 店舗オリジナル特典の一部も発表”. エンターブレイン (2016年9月21日). 2016年10月14日閲覧。
  2. ^ 当初は2017年3月16日に発売予定だった。『AKIBA’S BEAT』 PS Vita版 発売日変更のお知らせ アクワイア 2017年2月14日
  3. ^ 『AKIBA’S BEAT(アキバズビート)』公式サイトが本日オープン!”. エンターブレイン (2016年6月9日). 2016年10月14日閲覧。
  4. ^ ディレクター・高野康太氏が語る新作アクションRPG『AKIBA’S BEAT(アキバズビート)』”. エンターブレイン (2016年6月13日). 2016年10月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集