メインメニューを開く

AMT ハードボーラー(AMT Hardballer)は、アルカディア・マシン・アンド・ツール社(AMT)が製造するM1911モデル.45口径半自動式拳銃である。ハードボーラーは、M1911モデル初の全ステンレス製モデルであり、その他の特徴として、照門が調節できること、M1911A1の特徴であるグリップ・セーフティが伸びたビーバーテイルと呼ばれる形状になったことである[1]

AMT ハードボーラー
AMT ハードボーラー
AMT ハードボーラー コンバットガバメントモデル
概要
種類 半自動拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 AMT社、Galena Industries
性能
口径 .45口径
10mm(ジャベリナ)
.40口径
銃身長 101.6mm(4インチ)
127mm(5インチ)
178mm(7インチ)
使用弾薬 .45ACP弾
10mm オート弾
.40S&W弾
.400 Corbon
装弾数 7、8発
作動方式 シングルアクション
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 216mm(5インチモデル)
267mm(7インチモデル)
重量 1,077g(5インチモデル)
1,306g(7インチモデル)
テンプレートを表示

目次

特徴編集

「ハードボーラー」の名称は、ラウンドノーズ型弾頭フルメタルジャケット弾)以外の弾丸を不得意とすることに由来する。しかし、後のフィーディングランプに対する修正で、不得意の問題は軽減された。

M1911との相違は、スライドとフレームにガバメントモデルで初となるステンレススチールの使用、広いラバーグリップによる被覆、のこぎり歯状でつや消し処理を施したスライドリブ、ビーバーテイル・グリップセーフティ、ラウンドハンマー、薬室確認口、調節可能な照門である。

映画『ターミネーター』でアーノルド・シュワルツェネッガー演ずるT-800が使用(下記の7インチのロングスライドレーザープロダクツ製のレーザーサイト装着)し、宣伝ポスターにも大きく写ったことで日本でも有名になった。

各モデル

コンバットガバメントモデル

.45ACP弾を使用する5インチモデル。装弾数は7発。

ロングスライドモデル

.45ACP弾を使用する7インチのロングスライドを備えるモデル。装弾数は7発。

スキッパー

.45ACP弾を使用し、4インチのショートスライドを備えるモデル。装弾数は7発。

コマンドー

.40S&W弾を使用する5インチモデル。装弾数は8発。

ジャベリナ

10mmオート弾を使用する7インチモデル。装弾数は8発。

アクセラレーター

.400Corbon弾を使用する7インチモデル。装弾数は7発。

登場作品編集

サラ・コナーの抹殺を謀るT-800が道中、アラモ銃砲店にてSPAS12UZIと共に入手した銃の一つとして、上記の通りロングスライドモデルが登場。吹き替え版ではCVが大友龍三郎のバージョンだと『.45口径レザーサイトピストル』、玄田哲章のバージョンだと『レーザーサイト付き.45ロングスライド』と呼称されている。前述の通りスライドトップに大型のレーザーサイトが備わっており、トリガーに触れるとポイントレーザーが照射される様になっている。劇中では本銃を使い、サラ・コナーの名を持つ数人の女性を手当たり次第に殺害している。

47の愛用銃。ゲーム内では「シルバーボーラー」と呼ばれている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Hartink, A.E. (2002). The Complete Encyclopedia of Pistols and Revolvers. Edison, New Jersey: Chartwell Books, Inc. pp. 87–88. ISBN 9780785815198. 

外部リンク編集