AMX-10Pは、フランス歩兵戦闘車ドイツマルダー歩兵戦闘車と並ぶ、西側諸国最初期の歩兵戦闘車である。AMX-VCIの後継として1960年代に開発され、1973年に就役開始。1994年までに約1,800両が生産された。

AMX-10P
Amx10p 23.jpg
基礎データ
全長 5.85m
全幅 2.78m
全高 2.57m
重量 14.2t
乗員数 3名+兵員8名
装甲・武装
主武装 M693 F1 20mm機関砲
弾丸800発)
副武装 NF-1 7.62mm機関銃
(同軸、弾丸2,000発)
機動力
速度 65km/h
エンジン イスパノ・スイザ製HS 115
4ストローク機関V型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル
280hp
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 600km
出力重量比 17.9hp/t
テンプレートを表示

概要編集

車体は全溶接アルミニウム製で、ウォータージェット推進による渡河能力とNBC防護機能を有する。

前部左側に操縦席、その右側にエンジンが配置され、中央部にはM693 F1 20mm機関砲NF-1 7.62mm機関銃を装備した2名用砲塔を備える。後部は兵員8名を収容する兵員室となっている。

フランス陸軍では、2005年装甲防御力や機動力の向上を目的とした近代化改修を108両に対して行った。爆発反応装甲キットも用意されている。しかし、2008年以降、フランス陸軍では新型のVBCI歩兵戦闘車に順次更新されて退役する予定である。

バリエーション編集

AMX-10P 25
20mm機関砲を25mm機関砲に換装したもの。シンガポールが採用。
AMX-10P/Milan
ミラン対戦車ミサイルランチャーを2基装備。
AMX-10P/HOT
HOT対戦車ミサイル用4連装ランチャーToucan IIターレットを搭載。
AMX-10TM
120mm迫撃砲 RTの牽引車両。
AMX-10P PAC 90
火力支援・対戦車戦闘車両。GIAT社製TS 90砲塔に90mm砲を搭載。兵員も4名搭乗できる。シンガポールとインドネシアが採用。
AMX-10P Marine
水陸両用能力を強化した海兵隊向け。武装は、12.7mm重機関銃/25mm機関砲/90mm砲の三種類が存在。インドネシア海兵隊が採用。
AMX-10PC
指揮統制車。

フランス陸軍の配備部隊編集

採用国編集

関連項目編集