AN-94
AN-94 Abakan (1).jpg
AN-94
AN-94
種類 アサルトライフル
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 イズマッシュ
年代 現在
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.45mm
銃身長 405mm
使用弾薬 5.45x39mm弾
装弾数 30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧作動方式
プーリー駆動バースト機構
全長 943mm
重量 3,850g
発射速度 連射時は2発目まで1,800発/分
3発目以降600発/分
銃口初速 900m/秒
有効射程 700m
歴史
設計年 1980年-1994年
製造期間 1994年-
配備期間 1997年-
配備先 ロシア連邦軍
テンプレートを表示

AN-94ロシア語: АН-94)は、AKドラグノフ狙撃銃などの製造を行うロシアイズマッシュ社のアサルトライフルの1モデル。AK-74Mの後継としてロシア連邦軍で配備が進められている。「アバカン」とも呼ばれる。本銃にはGRAUコード6P33/6П33が付与されている。

目次

概要編集

5.45x39mm弾を採用したAK-74Mの後継モデルで、1994年ロシア連邦軍に制式採用された。設計者はゲンナジー・ニコノフ(Gennadij Nikonov, 故人)らで、最初の2発の弾丸を短間隔で発射する機能を特徴としている。右側面に折りたためる銃床を採用し、強化プラスチック部品も使用されている。

AN-94の名は「Автомат Никонова 94(Avtomat Nikonova 94, ニコノフ式自動小銃 94年型)」の略である。「アバカン」とは1980年-1994年にかけて行われた次世代アサルトライフル開発プロジェクトのコードネームで、この名称はシベリア南部のアバカン要塞やハカス共和国首都名にみられる。

特徴編集

2点バースト編集

高い発射速度の2点バーストが可能。この2点バーストモードに限れば発射速度は1,800発/分と高速であり、1発目の反動で銃口が跳ね上がる前に2発目も銃口を飛び出すため、通常のフルオート射撃よりも命中率が高くなり、ストッピングパワーボディアーマー貫通能力の向上も期待できる。フルオート時には最初の2発のみが1,800発/分の発射速度で発射され、3発目以降は600発/分の発射速度となる。

この発射速度を実現するため、薬室薬莢が装填される前にスライダー上へ薬莢が運ばれ、その後に薬室へ装填される機構を持つ。このスライダーはスチールワイヤプーリーにより作動し、その機構を避けるためマガジンは射手から見て右下に傾いた状態で銃に装着される。

反動の抑制編集

銃身、ガスピストン、ボルトキャリアー、上部レシーバーが一体化され、下部レシーバーの上に乗っている。銃身コンポーネントは射撃の際、ショートリコイルに似た前後動を繰り返す。この構造によって射撃の際に発生する反動が緩和される。銃身先端には、ガスチェンバーを2個持つ新設計のマズルブレーキが設けられる。

堅牢設計編集

銃身コンポーネントには念入りなカバーが施されており、ずぶ濡れになってもから出ていれば射撃可能で、砂塵などへの耐久性も高い。全体的に大ぶりであり、重心が前方にあるが、これは、射撃時の反動を抑える効果がある。

銃剣編集

従来のAKでは銃剣銃身の下側に装着され、同じく銃身下に装着されるグレネードランチャーとの併用はできなかった。しかし、AN-94はAK用の銃剣をそのまま使用でき、射手から見て銃身の右側に着剣される。なので、銃剣がグレネードランチャーの軸線と干渉しなくなったため、両者を併用することが可能となった。

その他編集

撃発機構を含むグリップ周辺部が容易に着脱可能な構造になっている。これは、ソ連崩壊後のエリツィン政権-プーチン政権初期に横行したの銃器の横流しを防止する意味合いが強い。また、開発初期に軍部の反乱が強く警戒された事から、武装解除を簡便化する意図もある。アイアンサイトの照門はAKのデザインを脱し、風車型のダイヤルを回して切り替える方式となった。射手から見てレシーバーの左側面にはAKなどと共通のアクセサリーレールが設けられている。

主な欠点編集

堅牢であり、かつ最新装備が惜しみなく用いられている一方で、CNC切削加工が多く、プレス加工などを多用したそれまでのAK系ライフルよりも製造コストが高い。また、AK-74Mと比べ0.5kg程度重量が増加している。

AKと比べ内部構造が複雑化したため、分解整備が難しくなった。また、発砲時の排熱が悪くなり作動不良を起こしやすくなった[要出典]。そのため、ROST2005(火器見本市)のデモ射撃でも頻繁に作動不良を起こすなど、信頼性に問題を抱えている。

銃床を折りたたむと引き金部分を覆ってしまい、射手から見て銃右側面からの操作ができなくなる[要出典]。また、セレクターレバーと安全装置とが別個になっているため、取り扱いには習熟を要する。

設計者であるニコノフの事故死により、改良とバリエーションの開発が大きく遅延している[要出典]

配備状況編集

1994年ロシア連邦軍に制式採用された。当初はエリート特殊部隊スペツナズ)に配布されるに留まったが、近年のロシア経済の回復により、現在概ね1小隊につき1丁の配備まで進んでおり[要出典]ドラグノフ狙撃銃と併用することでAKの短射程問題をカバーする運用を行っている[要出典]。AN-94の射程支援に合わせたと思われる狙撃銃SV-98も開発された。

参考文献編集

  • Fortier, David M. (2003). "The AN-94 Nikonov: How it stacks up against its peers" .The Shotgun News Treasury Issue Volume 4. Primedia Publishing
  • Ружье" 1_1998 "Эйнштейн, Чехов и Платон?
  • Oruzhie magazine, Pages 6/7/8, Issue No1 1998.
  • "Оружие" 1_1999 "Под шифром "Абакан"
  • "Калашников" 4_2001 "Что ждет "Абакан"?"
  • "Мастер-Ружье" 60_2002 "Будет ли новый автомат"
  • Nowa Technika Wojskowa 2002-03/04.
  • "Ружье" 47_2007 "Какой "Абакан" лучше?"
  • "Калашников" 4_2007 "Не перевелись еще "специалисты на Руси..."
  • "Калашников" 5_2007 "АН-94 "Абакан"-это просто"
  • На пути к "Абакану"
  • "Калашников" 6_2007 "Методом проб и ошибок"
  • "Калашников" 3_2008 "Разбираем "Абакан"

関連項目編集

外部リンク編集