メインメニューを開く

ASIOS

超常現象の懐疑的調査のための会

ASIOS(アシオス)は、2007年に発足した超常現象懐疑的な調査を目的に活動する日本団体[1][2][注釈 1]。名称は「Association for Skeptical Investigation of Supernatural」(超常現象の懐疑的調査のための会)の頭文字に由来する[2][3]。会長は発起人でもある本城達也で、発起人メンバーには他に石川幹人皆神龍太郎らが名を連ねる[4]。「超常現象が好きなメンバーが集まり、真相を追究していくこと」を目的に掲げており「疑似科学批判を行うような啓蒙を目的とした団体」ではないとしているが、年少者向けに懐疑的な思考や調査方法を広めるジュニア・スケプティック英語版の普及活動も行っている[5]

目次

発足経緯・コンセプト編集

以前は本城一人で超常現象について調査していたが個人による調査には限界があり、海外には超常現象を調べる団体がすでに存在していたことから、知り合いに声をかけASIOSを結成したという[1][6][7]

従来の超常現象否定論者にしばしば見られた頭ごなしに否定する姿勢には批判的で[1][2]、「分からないから調べる」という立場を強調している[6]。会長は各執筆者に「分からなければ無理せず、正直に分からないと書いてください」と依頼しているといい[1]、結果、ASIOSの著書には、調査結果が記されていても、未解明のままになっている項目も含まれている。

NHKのテレビ番組『幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー』はその書籍版の冒頭で、「ASIOS(超常現象の懐疑的調査のための会)とその会長・本城達也さんをはじめ、超常現象が大好きだからこそ徹底的に調査・研究・収集してきた世界中の先人たちに、厚く感謝申し上げます」と謝辞を捧げている通り、「超常現象が大好きだからこそ徹底的に調査・研究・収集してきた世界中の先人たち」の例にASIOSを挙げている[8]

メンバー編集

メンバーは以下の17人である。なお公式サイトでは、2009年に死去した志水一夫もリサーチ会員として掲載されている[9]。以下、略歴で挙げる著書・訳書やメディア対応は、主として超常現象・疑似科学・偽史関連のものである。

運営委員編集

本城達也
設立時から会長を務める。ファフロツキーズが話題となった際にASIOS会長として『東京新聞』の取材に応じているほか[10]、『週刊現代』の超常現象特集では「超常現象研究家」という肩書きで取材に応じている[11][12]
蒲田典弘
ジュニア・スケプティック啓蒙部門の統括責任者。共著に『これってホントに科学 ?』『ホントにあるの ? ホントにいるの ?』(かもがわ出版)がある。『週刊現代』の特集での肩書きは「ロズウェル事件研究家」となっている[12]
ナカイサヤカ
翻訳家で、訳書に『超常現象を科学にした男 J.B.ラインの挑戦』(紀伊國屋書店)などがある。ASIOSにおいても翻訳を担当。『週刊現代』の特集では、「海外の遺跡に詳しい翻訳家で超常現象研究家」とされている[11]
横山雅司
アマチュア動物研究家で、著書に『極限世界のいきものたち』(彩図社)がある。『週刊現代』では「未確認生物に詳しいイラストレーター」と紹介された[11]

リサーチ会員編集

石川幹人
明治大学情報コミュニケーション学部教授(2016年7月時点)。日本超心理学会運営委員。著書に『超心理学』(紀伊國屋書店)や『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(PHP新書)などがあり、水素水の宣伝的言説の虚偽性について取材に応じたこともある[13]
加門正一
電子情報通信学会フェロー。専門は光情報工学。著書に『江戸「うつろ舟」ミステリー』(楽工社)、共著に『新・トンデモ超常現象60の真相』(楽工社 / 文芸社文庫)などがある。
羽仁礼
ノンフィクション作家。占星術研究家。一般社団法人潜在科学研究所主任研究員。著書に『超常現象大事典』(成甲書房)、『図解西洋占星術』(新紀元社)など。サイゾーが運営するwebサイト「TOCANA」にも寄稿している[14]
原田実
古代史・偽史研究家。と学会会員。著書に『トンデモニセ天皇の世界』(文芸社)、『オカルト「超」入門』・『江戸しぐさの終焉』(いずれも星海社新書)などがある。
蛭川立
明治大学情報コミュニケーション学部准教授(2016年7月時点)。明治大学意識情報学研究所代表。
皆神龍太郎
疑似科学ウォッチャー。と学会運営委員。著書に『ダ・ヴィンチ・コード最終解読』(文芸社)、『あなたの知らない都市伝説の真実』(学研パブリッシング)などがある。
山本弘
SF作家。元と学会会長。と学会からの脱退以降は、疑似科学ウォッチャーとしての活動をASIOSにおいて行うとしている[15]。著書に『超能力番組を10倍楽しむ本』(楽工社)、『ニセ科学を10倍楽しむ本』(楽工社 / ちくま文庫)など。

客員編集

秋月朗芳
同人誌『Spファイル』[16]の編集長。
佐藤健寿
ウェブサイトX51.ORG」の運営者。著書に『X51.ORG THE ODYSSEY』(講談社)などがある。
寺薗淳也
会津大学先端情報科学センター准教授(2016年7月時点)。著書に『惑星探査入門』(朝日選書)、共訳書に『イケナイ宇宙学』(楽工社)がある。NHK幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリーでは、藤木文彦とともに「UFOプロファイラー」として紹介されている[17]
藤野七穂
偽史ウォッチャー。共著に『歴史を変えた偽書』(ジャパンミックス)がある。
若島利和
設立時の副会長だが、多忙のため2009年4月より客員に移行。一般社団法人潜在科学研究所の事務局長を務めており[18]、懐疑論者として取材に応じる際には、そちらの所属を使うことがある[12][19]
若島美穂 / 那須野美穂[注釈 2]
ハンドルネームはNAZOO。多忙のため2009年4月より客員に移行。2008年に若島利和と結婚[20]

著作編集

単著編集

ASIOS単独名義の著書としては、以下のものがある。なお、それらのうち、彩図社から刊行されている「『謎解き』シリーズ」について、作家の宮部みゆき未確認動物 (UMA) に関する本の書評の中で言及し、「モンスターだけでなく、UFO心霊現象超古代文明など、不可思議な事象について幅広く基礎的な知識」を得るために「ばっちり参考に」なる文献と紹介している[21]

また、書籍『NHK幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー』巻末には、主題ごとに多くの参考資料が掲げられているが、全般的な参考文献として挙げられているのは3点のみ、そのうち最初に挙げられているのがASIOSの『謎解き超常現象』シリーズである[22]

再編集版編集

『謎解き超常現象』『謎解き超常現象II』については、それぞれから項目を抜粋したペーパーバック版『謎解き超常現象 特別編集版』(彩図社、2011年6月30日、ISBN 978-4-88392-797-5)が刊行されている。

また、ペーパーバック版第2弾として、『謎解き 超常現象』シリーズと『謎解き 古代文明』とから23項目を抜粋し、新規に12項目を追加したコンビニ向け廉価版である『謎解き超常現象DX(デラックス)』(彩図社、2013年1月1日、ISBN 978-4-88392-896-5)が刊行されている。

新作書き下ろし5項目および他の著書からの再録を含めた再編集版『謎解き古代文明DX(デラックス)』(彩図社、2014年2月24日、ISBN 978-4-88392-976-4)も出版された。

共著編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ASIOS自身の活動報告 2007年によると、正式な発足日は2007年7月28日
  2. ^ ASIOS公式サイトでは「那須野美穂」表記だが(2016年7月23日時点)、『映画で読み解く「都市伝説」』(2016年6月)等の若島利和の略歴では「若島美穂」として言及されている。

出典編集

  1. ^ a b c d 心霊写真の仕組み、自称・超能力者たち… 『超常現象の謎解き』がもたらすガッカリとロマン ダ・ヴィンチニュース 2015年4月30日
  2. ^ a b c d 『ムー』2011年9月号、p.150
  3. ^ ASIOSの各著書の執筆者紹介欄
  4. ^ 石川幹人『超心理学』紀伊國屋書店、2012年、p.82
  5. ^ ASIOSとは ASIOS
  6. ^ a b 「夢の中の男」は実在するのか? 都市伝説バスターズが暴いた真相(朝日新聞ニュースサイトwithnews、2016年3月27日)
  7. ^ 疑う。でもロマンは捨てない──「超常現象の謎解き」管理人が語る、真実への情熱ASCII.jp、2008年3月3日)
  8. ^ 『NHK幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー』NHK出版、2014年、p.8
  9. ^ ASIOS会員・客員情報 ASIOS
  10. ^ 「本当にあった怖い昔話 空から異物 (1)」『東京新聞』2013年7月6日朝刊4面
  11. ^ a b c 「『超常現象』を検証する」『週刊現代』2012年11月17日号、pp.(205) - (212)
  12. ^ a b c 「世界の不思議&ミステリー」『週刊現代』2014年11月8日号、pp.(197) - (204)
  13. ^ 過熱する「水素水」ビジネス うっかりニセ科学にだまされないためにBuzzfeed Japan、2016年5月19日 / Yahoo !ニュース版
  14. ^ 例「オランダのラスプーチンといわれた女 ― ホフマンと王室の蜜月関係=オランダ」TOCANA
  15. ^ トンデモ本を扱う「と学会」会長が引退 J-CASTニュース 2014年5月2日
  16. ^ Spファイル
  17. ^ 『NHK幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー』NHK出版、2014年、p.28
  18. ^ 『謎解き超常現象IV』執筆者紹介
  19. ^ 「NHKへの公開質問状『なぜ超常現象を否定したいのですか?』」『ザ・リバティ』2014年10月号
  20. ^ 懐疑論者の祈り
  21. ^ 読売新聞』2016年7月10日朝刊、11面
  22. ^ 『NHK幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー』NHK出版、2014年、p.146
  23. ^ 版元の台湾東販による紹介(2016年7月23日閲覧)。
  24. ^ 「執筆者紹介」(『謎解き超科学』pp.283-285)による。
  25. ^ 週刊文春』2011年3月17日号、p.127
  26. ^ 『ムー』2011年4月号、p.142
  27. ^ 『映画秘宝』2011年4月号、洋泉社、p.102
  28. ^ 『歴史読本』2011年6月号、新人物往来社、p.323
  29. ^ BRUTUS』第723号(2012年1月1・15日合併号)、p.85
  30. ^ 『朝日新聞』2011年12月4日朝刊、p.16
  31. ^ 武田邦彦、小出裕章…「震災文化人」を疑え! デマ・陰謀論を16日昼J-CAST番組で徹底検証(J-CASTニュース、2011年12月15日)、東日本大震災後に現れたデマや陰謀論、ニセ科学を徹底検証する! (同、2011年12月19日)
  32. ^ 『ムー』2012年12月号、pp.40-43で7冊紹介されたうちの1冊。
  33. ^ 「古今東西の予言を検証 信州大学准教授菊池聡さん執筆に参加」『市民タイムス』2013年2月23日、22面。
  34. ^ 菊池聡編著『錯覚の科学』放送大学教育振興会、2014年、p.146

外部リンク編集