ASTRO BOT: RESCUE MISSION

ASTRO BOT: RESCUE MISSION』(アストロ ボット レスキュー ミッション)は、 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)より2018年10月4日に発売された、PlayStation VR専用アクションゲーム[1]。プレイヤーは主人公のASTRO(アストロ)と協力し、迷子になったASTROの仲間のBOT(ボット)たちを救いながら[2]、彼らの乗っていた宇宙船アストロ号のパーツ奪還任務を遂行する[3]。本作は日本ゲーム大賞2019にてゲームデザイナーズ大賞を受賞した他[4]、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにて開催されたThe Game Awards 2018では「BEST VR/AR GAME」を受賞した[2]

ASTRO BOT: RESCUE MISSION
ジャンル VRアクションプラットフォーム
対応機種 PlayStation 4 (PlayStation VR)
開発元 ASOBI! Team(SIEジャパンスタジオ
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
プロデューサー ニコラス・デュセ
ディレクター ニコラス・デュセ
デザイナー 森田玄人
プログラマー
  • 吉田匠
  • Yuki Miyamae
音楽 Kenneth C M Young
美術
  • Sebastian Brueckner
  • Jamie Smith
人数 1人
発売日 2018年10月4日
テンプレートを表示
映像外部リンク
『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』 ロンチトレーラー

開発編集

本作は2013年に発売された『プレイルーム英語版』および2016年にリリースされた『THE PLAYROOM VR』を原型として製作された[5]。普段最新ハードに付属するゲームを作っているため、本作はASOBI!チームにとって初となる一般販売のゲーム制作となっている[6]

キャラクターデザイン編集

開発メンバーの藤井康裕によると本作のキャラクターは「工場製品のような機能美」が意識されたと語られている[7]。本作では三人称視点によるアクションゲームで、設定上プレイヤーはアストロの仲間のロボットとして旅を進める[7]。作中で主人公ASTROをプレイヤーが見ると、ASTROがこちらに微笑んでみせたり、手を振るなどのコミュニケーションを取るためアイコンタクトによるコミュニケーションが親近感を強めているとライターのクラベ・エスラは分析している[7]

評価編集

本作はIGN JapanによるPS4のオススメゲームTOP20の10位にランクインした[8]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ tabata hideki「“VRらしさ”と“酔いにくさ”を両立する、『ASTRO BOT』のレベルデザイン【CEDEC 2019】」『Mogura VR』Mogura、2019年9月11日。2020年7月14日のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月14日閲覧。
  2. ^ a b Mogura VR「『ASTRO BOT』が米・The Game AwardsでベストVR/ARゲーム賞を受賞」『ASCII×VR』KADOKAWA ASCII Research Laboratories、2018年12月21日。2019年6月29日のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月29日閲覧。
  3. ^ PS.Blogスタッフ「PS VRならではの驚きと感動に満ちた3Dアクション『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』プレイレポート!」『PlayStation Blog』Sony Interactive Entertainment、2018年10月16日。2020年10月4日のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  4. ^ MoguLive編集部「PSVRの『ASTRO BOT』、日本ゲーム大賞2019で受賞」『MoguLive』Mogura、2019年9月13日。2019年12月14日のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月14日閲覧。
  5. ^ 卵を守る雨宮、阿部ピロシ 「2018年ベストVR『ASTRO BOT(アストロ ボット)』奇跡のVR体験を生み出した必然。“ASOBI!チーム”独自のふつうじゃない制作手法に迫るインタビュー(1/4)」『ファミ通.com』KADOKAWA Game Linkage、2018年12月30日。2019年4月10日のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月10日閲覧。
  6. ^ 勝田哲也「SIE、ファンとクリエーターが直接言葉を交わせる、『JAPAN Studio “Fun” Meeting 2019』を開催」『GAME Watch』Impress、2019年11月18日。2020年5月22日のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月22日閲覧。
  7. ^ a b c クラベ・エスラ「機械的でシンプルなのに、アストロくんはなぜこんなに愛くるしいのか?VR体験を通して愛が育まれる『ASTRO BOT』について」『IGN Japan』産経デジタル、2019年9月5日。2020年3月16日のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月16日閲覧。
  8. ^ クラベ・エスラ「PS4のオススメゲームTOP20をランキング形式で紹介(2019年版)」『IGN Japan』Sankei Digital、2020年8月17日。2020年10月3日のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧。

外部リンク編集