メインメニューを開く

ATPチャレンジャーツアー(ATP Challenger Tour、旧ATPチャレンジャーシリーズ)はATPワールドツアーが運営する同ツアーの下部ツアーである。カテゴリの色は緑。

ATP

目次

概要編集

ATPチャレンジャーツアーは1978年に設けられた。世界40カ国以上で年間166[1]大会開催される。チャレンジャーツアーの下位にはITFワールドテニスツアーがある。

賞金総額は大会ごとに$54,160から$162,480(食費や移動費付き)まであり、ATP優勝ポイントも賞金額に応じて異なり80ポイントから125ポイントまである。大会によってバラツキがあるが世界ランキング50位前後から400位あたりの選手を中心に出場し、賞金の高いトーナメントほど本選及び予選の出場カットラインが高くなる。また、ケガ明けの調整や開催国籍のワイルドカードなどにより稀にランキング上位の選手が出場することもある。

ATPポイント編集

カテゴリ- シングルス ダブルス
W F SF QF R16 R32 R64 Q Q1 W F SF QF R16
$162,480
€137,000
125 75 45 25 10 5 0 0 0 125 75 45 25 0
$135,400
€114,800
110 65 40 20 9 5 0 0 0 110 65 40 20 0
$108,320
€92,040
100 60 35 18 8 5 0 0 0 100 60 35 18 0
$81,240
€69,280
90 55 33 17 8 5 0 0 0 90 55 33 17 0
$54,160
€46,600
80 48 29 15 7 3 0 0 0 80 48 29 15 0

2019年改定

主な大会編集

日本編集

中国編集

香港編集

台湾編集

シンガポール編集

韓国編集

他外国編集

※ 賞金額は、2016年までの開催実績。

脚注編集

  1. ^ 2016年開催実数

関連項目編集

外部リンク編集