メインメニューを開く

a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜

B'z > 作品リスト > A BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜』(ア・ビューティフル・リール・ビーズ・ライブジム・ツーサウザンドツー・グリーン・ゴー・ファイト・ウィン)は、日本ロックユニットB'zが、2002年11月27日にリリースした、7作目の映像作品(VHSとしては7作目、DVDとしては5作目)。

a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
B'zVHSDVD
リリース
録音 2002年7月8日 - 9月9日
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル B-VISION
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 第17回日本ゴールドディスク大賞
    ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー
  • B'z 映像作品 年表
    once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜
    2000年、VHS)
    2001年、DVD)
    a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
    (2002年)
    Typhoon No.15 〜B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園〜
    2004年
    テンプレートを表示
    場所 さいたまスーパーアリーナ
    ナゴヤドーム
    広島ビッグアーチ
    札幌ドーム
    静岡スタジアム エコパ
    大分スポーツ公園総合競技場
    沖縄コンベンションセンター
    福岡ドーム
    新潟スタジアム ビッグスワン
    横浜国際総合競技場
    大阪ドーム
    関連アルバム GREEN
    初日 2002年7月8日
    最終日 2002年9月9日
    公演数 全13公演
    B'z LIVE-GYM in Hong Kong 2001
    (2001年)
    B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜
    (2002年)
    B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll"
    (2002年)

    演奏編集

    内容編集

    全国70万人を動員した「B'z LIVE-GYM 2002 GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜」から、横浜国際総合競技場の模様を中心に収録。ワールドカップ直後だったこともあり、同大会で使用されたスタジアムでの公演が多い。また、Mr. Bigのベーシスト、ビリー・シーンが参加したことも話題となった。前半から中盤にかけては、曲間でバックステージやリハなどのドキュメンタリー映像が挿入されている。

    DVDのみ特典映像を収めた2枚組。未収録曲は「太陽のKomachi Angel」、ホール公演では「ながい愛」と「Calling」、「銀の翼で翔べ」も演奏されていた(ドキュメントシーンで一部収録)。

    収録映像曲編集

    DISC 1編集

    1. GO★FIGHT★WIN
      今回のライブツアーのサブタイトルにもなっているオープニングナンバー。
    2. STAY GREEN 〜未熟な旅はとまらない〜
      本ツアーのメインタイトルナンバー。イントロで、シェーンの腕にマーカーで書かれた、各会場ごと(横浜・名古屋・福岡・札幌・静岡・大分・新潟・浪速・広島の順序)の名前が映る。
    3. ZERO
      「B'z SHOWCASE 2002 "SAPPORO DEVIL"」(Zepp Sapporo)の模様から始まり、「B'zのSHOWCASEにようこそ!」と叫び、恒例の「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」はイントロ中となる。途中で大分・静岡・広島公演の映像をフィーチャー。ギターソロ以降はカットされ、リハーサル風景に切り替わる。
    4. love me, I love you
      2コーラス目以降はカットされている。
    5. Warp
      エンディングのアレンジがCD音源とは異なる。
    6. SURFIN' 3000GTR
      曲中盤で稲葉がサーフボードのセットに乗り、モニターには合成映像でサーフィンをしている様子が写された。実際のライブでは本曲の前に「太陽のKomachi Angel」が演奏されていた。イントロ前ではビリーのマネージャーのインタビューが挿入されている。
    7. Blue Sunshine
      稲葉がアコースティックギターで弾き語り。静岡公演のリハーサル音源から本編の演奏に切替わる。
    8. 恋歌
      松本のギターソロ(インストゥルメンタル)。モニターにはPVが映し出され、ステージの後ろには巨大な龍のセットが登場する。
    9. 恋心 (KOI-GOKORO)
      センターステージで演奏。アコースティック・バージョンで披露された。演奏前には稲葉が「LOVE横浜」と言い、MCも一部収録されている。
    10. 裸足の女神
      アコースティック・バージョンで演奏。映像は、横浜公演でのリハーサル模様がメイン。一部にネガフィルムの静止画像が差し込まれている。その後、アリーナを歩いてメインステージに移動する。
    11. DEVIL
      ステージの前方や後方から炎が吹き上がり、人型に組まれた11体の巨大トラス『ロックマン』からも火花が吹き上がった。また、曲のエンディングから増田隆宣によるキーボードのソロ演奏に入る。
    12. Everlasting
    13. FIREBALL
      シェーンのドラムソロからイントロへ。曲のラストで稲葉が倍音シャウトを披露。アウトロの松本のギターと同時に、『ロックマン』が稼働し、ライトアップされるとともに両手両足を大きく広げる。
    14. Liar! Liar!
      イントロで『ロックマン』のヘッドライトが左から右、右から左へと流れるように点灯するが、左から4番目のロックマンだけ点灯しないという不具合も見られる。
    15. さまよえる蒼い弾丸
    16. ギリギリchop
      ビリーのベースソロからイントロへ。
    17. ultra soul
      恒例となっている曲のラストの3連発ジャンプは、このツアーから始まった。
    18. 熱き鼓動の果て
      ここからアンコール。演奏前にアルバム『GREEN』のタイトルについてのMCがある。2コーラス目から「マジカDEオンステージ」の特別賞に選ばれたファン達が、ステージ後ろに登場する。
    19. juice
      千秋楽の9月9日大阪ドーム公演の映像とシンクロさせている。イントロと間奏では稲葉が観客とともにツアーグッズであるを吹く。間奏のコール&レスポンスの合間に松本とビリーの掛け合いがある。

    エンディング曲として、退場曲として流された「New Message」(当時未発表)と「STAY GREEN〜未熟な旅はとまらない〜」のデモバージョンが使用される。

    DISC 2(DVDのみ)編集

    1. B'z LIVE-GYM 2002 "Rock n' California Roll" San Diego - Los Angeles - Tokyo
      B'z初のアメリカ公演のダイジェスト。リハーサルの模様も収録されている。サンディエゴ公演では未発表曲の「Logic」が少し聴くことが出来る。
      追加公演となった日比谷野外音楽堂での「銀の翼で翔べ」のライブ映像(2コーラス目まで)が収録されている。
    2. B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN" ~GO★FIGHT★WIN~ Leftovers
      ステージ制作の様子を収めた「THE PASS」、実際のツアーで抽選により本番前のステージ上を見学できた「マジカDEオンステージ」、ライブショットを収めた「BEAUTIFUL CUTS」を収録。