Adreno(アドレノ)は、クアルコムによって開発されたSoCGPU回路である。スマートフォンタブレット端末に多く使われている。

目次

歴史編集

Adrenoは当初、ATIテクノロジー(現在AMD社)がATI Imageonというブランドで開発してきたものである。Imageonチップは2002年に発売され、PDA携帯電話タブレットPCなどで、多くのモバイル機器に搭載された。Imageonを開発したATIは2006年にAMDに買収され、AMD Imageonにリブランドされた。しかし2008年の企業再編によって独自のSoC開発に着手したため、Imageonの開発が終了した。2008年末にはImageonの製造ラインがブロードコムに売却され、その後クアルコムに売却された。

AMDは現在でもImageonブランドを持っており、今後新たなImageon製品が発売される事はないが、既存の顧客へのサポートを続けている。

一覧編集

さまざまなSnapdragonのSoCに、AdrenoのGPUが採用されている。

名前 マイクロアーキテクチャ Fab (nm) 動作周波数(MHz) フィルレート GFLOPS
(半浮動小数)
API (バージョン) Qualcommで採用されるSoC 脚注
タイプ ALU MTriangles/s ピクセル (GP/s) テクスチャー (GT/s) Vulkan OpenGL ES OpenVG OpenCL OpenGL Direct3D
Adreno 1xx シリーズ
Adreno 130 フィックス・ファンクション・パイプライン 4 0.133 N/A 1.1 1.1 N/A N/A Direct3D Mobile MSM7x00、 MSM7x00A、 MSM7x01、 MSM7x01A [1][2][3]
Adreno 2xx シリーズ
Adreno 200 (AMD Z430) 統合型シェーダーアーキテクチャ
5-way VLIW[4]
8 65 133 22.85 0.133 2.1 N/A 2.0 1.1 N/A N/A 9.0c
Snapdragon S1(MSM7227、 MSM7627 QSD8250、 QSD8650)、 Freescale i.MX51、 i.MX53
Adreno 200 (オーバークロック版) 8 45 200/245 42 0.2/0.245 3.2/3.9 Snapdragon S1 (MSM7227A、 MSM7627A、 MSM7225A、 MSM7625A)
Adreno 203 16 45 245/294 40.8-49 0.245/0.294 7.8/9.4 Snapdragon S4 Play (MSM8225、 MSM8625)、 Snapdragon 200 (MSM8225Q、 MSM8625Q)
Adreno 205 16 45 245/266 40.8/44.3 0.245/0.266 7.8/8.5 Snapdragon S2 (MSM7x30、 MSM8x55、 APQ8055)
Adreno 220 32 45 266 88.7 0.532 17 Snapdragon S3 (APQ8060、 MSM8x60)
Adreno 225 32 28 200/300/400 133.3 0.8 12.8/19.2/25.6 Snapdragon S4 Plus (APQ8060A、 MSM8x60A、 MSM8960)
Adreno 3xx シリーズ
Adreno 302 統合型シェーダーアーキテクチャ
スカラー命令セット[5]
24 28 400 19.2 N/A 3.0 1.1 1.1 組み込みプロファイル N/A 11.1
(機能レベル9_3)
Snapdragon 200 (MSM8210、 MSM8610、 MSM8212、 MSM8612) [6]
Adreno 304 24 28 400 19.2 Snapdragon 208、 Snapdragon 210、 Snapdragon 212
Adreno 305 24 28 400/450 66.7/75 0.8 19.2/21.6 Snapdragon S4 Plus (MSM8x27)、 Snapdragon 400[7] (MSM8x26、 MSM8x28、 MSM8x30、 MSM8x30AB、 APQ8026、 APQ8030) [8]
Adreno 306 24 28 450 21.6 Snapdragon 410 (MSM8916)、 Snapdragon 412 (MSM8916v2)
Adreno 320 64 28 400 225 1.6 57.6 Snapdragon S4 Pro (MSM8960T、 APQ8064、 APQ8064-1AA)、 Snapdragon S4 Prime (MPQ8064) [9]
Adreno 320 (第2世代) 96 28 400/450 225/253.1 2.4/2.7 86.4/97.2 Snapdragon 600 (APQ8064T、 APQ8064AB) [9]
Adreno 330 128 28 450/550/578 253.1/309.4/325.1 3.6/4.4/4.624 129.8/158.4/166.5 Snapdragon 800 (MSM8974、 APQ8074)、 Snapdragon 801 (MSM8274AB、 MSM8974AB、 MSM8974AC)
Adreno 4xx シリーズ
Adreno 405 統合型シェーダーアーキテクチャ 48 28 550 59.4 1.0[10] 3.1 1.1 1.2 フルプロファイル N/A 11.2
(機能レベル11_1)[11]
Snapdragon 415 (MSM8929)、 Snapdragon 615 (MSM8939)、 Snapdragon 616 (MSM8939v2)、 Snapdragon 617 (MSM8952)
Adreno 418 128 20 600 172.8 Snapdragon 808 (MSM8992)
Adreno 420 128 28 500/600 281.3/337.5 4/4.8 144/172.8 Snapdragon 805 (APQ8084) [12]
Adreno 430 192 20 500/600/650  ? 4.8/6.0/6.6 324/388.8/420[13][14] Snapdragon 810 (APQ8094、 MSM8994)
Adreno 5xx シリーズ
Adreno 505 統合型シェーダーアーキテクチャ + ユニファイドメモリ 48 28 450 ? ? ? 48.6 1.0[10] 3.1 ? 2.0 フル N/A 11.2 Snapdragon 430 (MSM8937) & Snapdragon 435
Adreno 506 96 14 650 ? ? ? 130 ? Snapdragon 625
Adreno 510 128 28 600 ? ? ? 180 3.2 (3.1 + AEP) 12 (機能レベル12_1) Snapdragon 650 (MSM8956)、 Snapdragon 652 (MSM8976)、Snapdragon 653 (MSM8976PRO)
Adreno 530 256 14 510/624/650 ? 6.7/8.1 ? 407.4/498.5/519.2 Snapdragon 820 (MSM8996)、Snapdragon 821 (MSM8996PRO)
Adreno 540 ? 10 ? ? ? ? ? ? Snapdragon 835 (MSM8998)
名前 マイクロアーキテクチャ Fab (nm) 動作周波数(MHz) フィルレート GFLOPS
(半浮動小数)
API (バージョン) Qualcommで採用されるSoC 脚注
タイプ ALU MTriangles/s ピクセル (GP/s) テクスチャー (GT/s) Vulkan OpenGL ES OpenVG OpenCL OpenGL Direct3D

旧世代の一覧編集

サポート終了編集

  • Imageon 100
  • Imageon 3200
  • Imageon 2200/2250
  • Imageon 2240
  • Imageon 2260/2262
  • Imageon 2300
  • Imageon 2182
  • Imageon 2282
  • Imageon 2388/2380
  • Imageon 2192

現世代編集

  • Imageon 2294/2298
  • Imageon TV
  • Imageon A250 application processor
  • Imageon D160 mobile TV solution
  • Imageon M210 audio processor
  • Imageon Z460 3D graphics core
  • Imageon Z180 vector graphics core

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Qualcomm MSM7201A Application Processor with Modem Datasheet | CPUlist”. PDAdb.net (2012年2月25日). 2016年7月5日閲覧。
  2. ^ Qualcomm MSM7201A. “Qualcomm MSM7201A Specs、 Reviews、 Ratings”. System-on-a-chip.specout.com. 2016年7月5日閲覧。
  3. ^ 3D Gaming Brochure (PDF)”. October 25、 2007時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  4. ^ https://archive.fosdem.org/2013/schedule/event/freedreno/attachments/slides/251/export/events/attachments/freedreno/slides/251/FOSDEM2013_freedreno.pdf |title=The Freedreno driver |publisher=Rob Clark @ FOSDEM2013
  5. ^ freedreno (2015年1月6日). “A3xx shader instruction set architecture · freedreno/freedreno Wiki · GitHub”. Github.com. 2016年7月5日閲覧。
  6. ^ Expands Qualcomm Snapdragon 200 Processor Tier”. Qualcomm (2013年6月20日). 2016年7月5日閲覧。
  7. ^ Snapdragon 400 processor specs at qualcomm.com
  8. ^ Qualcomm Rolls-Out High-End Quad-Core Snapdragon S4 System-on-Chips”. X-bit labs. 2016年7月5日閲覧。
  9. ^ a b AnandTech - Adreno 320 performance preview
  10. ^ a b http://www.prnewswire.com/news-releases/qualcomm-announces-vulkan-api-support-on-the-adreno-530-gpu-300221252.html |title=Qualcomm announces Vulkan API support for Adreno 5xx and 4xx GPUs
  11. ^ Adreno GPU SDK - GPU - Qualcomm Developer Network”. Developer.qualcomm.com. 2016年7月5日閲覧。
  12. ^ Technologies Announces Next Generation Qualcomm Snapdragon 805 “Ultra HD” Processor”. Qualcomm (2013年11月20日). 2016年7月5日閲覧。
  13. ^ State of mobile SoC graphics in late 2014”. Fudzilla.com (2014年12月5日). 2016年7月5日閲覧。
  14. ^ Gpu Gflops”. Kyokojap.myweb.hinet.net (2009年7月29日). 2016年7月5日閲覧。

ウェブサイト編集