Amazon Simple Storage Service

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) とは、Amazon Web Services によって提供されるオンラインストレージWebサービス。Amazon S3は、Webサービスのインタフェース(RESTSOAP、およびBitTorrent)を介してストレージを提供する。 AmazonはS3を、2006年3月に米国で[1]2007年11月に欧州で[2]、公に利用可能なWebサービスを開始した。

Amazon Simple Storage Service
URL aws.amazon.com/jp/s3/
使用言語 英語, 日本語など
タイプ ファイルホスティングサービス
運営者 Amazon.com
IPv6対応 No
営利性 営利
登録 必要
設立日 2006年3月14日(11年前) (2006-03-14
現状 Active

開始時には、データを送信および受信に使用されるネットワークのデータ転送料金、およびリクエストごとの(getまたはputなど)の費用とともに、エンドユーザーは月額 US$0.15/GB で利用できた。2008年11月1日から、50TB以上を格納するエンドユーザーには割引価格を提供。 2014年4月1日より、ストレージ料金は月額 US$0.03/GB 〜で利用できる。AmazonはS3は、Amazon.com自身のグローバルな電子商取引ネットワークを実行するために使用するのと同じスケーラブルなストレージインフラストラクチャを使用していると主張。S3の用途は、ウェブホスティング、画像ホスティング、およびバックアップシステム用のストレージが含まれている。S3は、月あたりのダウンタイム約43分に相当する毎月99.9パーセントの稼働率保証が付属している。

格納オブジェクト数は以下の通り。

  • 2007年10月 - 100億
  • 2008年1月 - 140億
  • 2008年10月 - 290億
  • 2009年3月 - 520億
  • 2009年8月 - 640億
  • 2010年3月 - 1020億
  • 2011年7月 - 4490億
  • 2011年12月 - 7620億[3]
  • 2012年6月 - 1兆[4]

目次

関連ソフトウェア編集

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集