Android Auto(アンドロイドオート)とは、Googleによって開発された、Android端末を自動車内での利用に最適化するためのアプリケーションである。ダッシュボードカーナビゲーション用のオペレーティングシステムであるAndroid Automotiveとは異なる。

Android Auto
Android Auto logo.png
Ecran d'accueil Android Auto.jpg
Android Autoのスクリーンショット
作者 Google
開発元 Google
初版 2014年
対応OS Android 5.0 Lollipop以降
種別 テレマティックス
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト android.com/auto/
テンプレートを表示

概要編集

 
車に搭載されているAndroid Autoの実機

Android Autoは、2014年6月25日のGoogle I/Oで発表された。2015年3月19日にAndroidアプリがリリースされた。 Android Autoは2014年1月6日に発表された自動車とAndroidの統合を推進する団体Open Automotive Alliance (OAA) の成果の一つである。Android端末をテレマティックスに繋いで、Google マップナビやその他のアプリケーションを連動させる。また音楽再生やウェブ検索、SMS電話などの機能と、サードパーティーアプリのインストールをサポートする。基本操作はテレマティックスタッチパネルで行えるが、安全運転の支障とならないようGoogleアシスタントを用いた音声操作も可能になっている。さらに今後は車に据え付けられているセンサなどのハードウェアへアクセスできるようになるとし、サポートするハードウェアとしてGPS、ステアリングボタン、オーディオシステム、スピーカー、マイク、車輪速度、方位、モバイル通信を挙げ、その他の車両データについても開発中であるとした。[1] ただしAndroid Auto 5.4.502264(2020年6月リリース)においても車両ハードウェアのアクセスは実装されていない。

Android Autoを使用するには、このシステムに対応した自動車・カーオーディオ・カーナビゲーションとAndroid 5.0 Lollipop以降を搭載したスマートフォンが必要となる[2]。Android端末とテレマティックスの接続は、USBケーブルを用いる[3]。2016年11月7日からはAndroidスマートフォン単体でも使用可能となった[4][5]

パートナー企業編集

Android Autoが使用できる自動車の製造およびカーオーディオ・カーナビゲーションの発売を行っているメーカーを記述。2015年5月に発売されたヒュンダイ・ソナタがAndroid Autoに初対応した車両となった[6]

日本国内の自動車メーカー編集

日本国内のカーオーディオメーカー編集

海外の自動車メーカー編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Google I/O 2014 - Android Auto: Developers, Start Your Engines!
  2. ^ What you need to know about Android Auto
  3. ^ Google gives us a simulated ride with Android Auto
  4. ^ Google Japan Blog: Android Auto が全ての車でご利用いただけるようになりました
  5. ^ 「Android Auto」がすべての車に対応、車載機器に繋がずスマホ単体で動作可能に - Engadget 日本版
  6. ^ 「Android Auto」の初搭載車はHyundai Sonata - ITmedia ニュース 2015-08-10閲覧

外部リンク編集