メインメニューを開く

Ansari X Prize(アンサリ・エックスプライズ)は、Xプライズ財団によって運営された、民間による最初の有人弾道宇宙飛行を競うコンテストである。

Ansari X Prize
優勝賞金1,000万ドルの贈呈式
優勝賞金1,000万ドルの贈呈式。右から3番目がポール・アレン(2004年11月6日)
受賞対象 乗員3名の有人宇宙船で高度100km以上に到達、かつ2週間以内に同じ機体でもう一度飛行する[1]
全世界
授与者 Xプライズ財団
報酬 1,000万ドル[1]
最新回 2004年10月4日
受賞者 スケールド・コンポジッツ
公式サイト ansari.xprize.org

1996年アメリカで開始され、最終的に2004年スケールド・コンポジッツ社の宇宙船スペースシップワンが条件を達成、賞金1,000万ドル(約10億5000万円)を獲得した。

目次

概要編集

元々はXプライズ財団を率いるピーター・ディアマンディス会長が、同様の趣旨で1996年にX PRIZE(エックスプライズ)という名称で立ち上げたものだが、資産家のアミール・アンサリとアニューシャ・アンサリがXプライズ基金に資金の提供を申し出た為、その名を冠してAnsari X Prizeとなった。受賞条件は以下の通り。

  • 宇宙空間(高度100 km以上)に到達する
  • 乗員3名(操縦者1名と乗員2名分のバラスト)相当を打ち上げる
  • 2週間以内に同一機体を再使用し、宇宙空間に再度到達する

世界中の各地から26チームが参加して行われたコンテストの結果は、2004年10月4日(米国時間)に規定の条件を最初にクリアして高度100kmの有人宇宙飛行に初成功したスペースシップワンが賞金の1,000万ドルを獲得した。

その他編集

Xプライズ財団は、月着陸船の開発を目指した「Lunar Lander Challenge」(賞金総額は200万ドル)、軌道エレベータ技術を競う「Space Elevator Games」といったコンテストも実施している。

脚注編集

  1. ^ a b Ansari X Prize”. 2010年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集