Apache Pivot

リッチインターネットアプリケーションをJavaあるいはJava仮想マシン互換のスクリプト言語で構築するためのオープンソースプラットフォーム

Apache Pivot(アパッチ・ピボット)はリッチインターネットアプリケーションJavaあるいはJava仮想マシン互換のスクリプト言語で構築するためのオープンソースプラットフォームである。Apache Licenseバージョン2のもとリリースされた。

Apache Pivot
Pivot logo
開発元 Apacheソフトウェア財団
最新版
2.0.5 / 2014年7月19日 (2014-07-19)
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Java
対応OS クロスプラットフォーム
プラットフォーム Javaプラットフォーム
サイズ 17 MB(アーカイブ済)
サポート状況 開発中
種別 リッチインターネットアプリケーションツールキット
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://pivot.apache.org
テンプレートを表示

アーキテクチャ編集

Pivotのクラス群は以下のカテゴリへと分類される[1]

  • コアクラス - ほかのカテゴリのクラスを機能させる。
  • WTKクラス - ボタンやリストといったユーザインターフェース要素を提供する。これらはModel View Controllerアーキテクチャに基づいて構築されている。PivotのほとんどのクラスはWTKカテゴリに含まれる。
  • ウェブクラス - 遠隔コンピュータとの通信を可能にする。
  • チャート - ソフトウェア技術者がインタラクティブなチャートを構築可能にする。
  • ツール - ユーティリティ機能を提供する。

脚注編集

外部リンク編集