AppleWorks(アップルワークス)とは、かつてAppleが開発・販売していた統合ソフトウェア製品。

AppleWorks
開発元 Apple II
Rupert Lissner
Macintosh
Bob Hearn
Scott Holdaway
初版 1984年 (38年前) (1984)
対応OS Classic Mac OS, Mac OS X, Windows 2000 or later
後継 iWork
種別 Office Suite
ライセンス Proprietary
公式サイト AppleWorks at the Wayback Machine (archived February 3, 2007)
テンプレートを表示

概要編集

AppleWorksは、ワードプロセッサ、データベース、およびスプレッドシートを含む統合オフィススイートRupert LissnerによってApple II用に開発された。

その後、開発はAppleの子会社であったClarisに移り、 Apple IIGS(1988)、Macintosh(1991)、およびWindows(1993)用の後継のクラリスワークス (ClarisWorks) をリリースしていた。

1998年、クラリス社がファイルメーカー社に改組された際に開発・発売がApple本社に戻り、AppleWorksと名称が戻された。

PerformaiMaciBookといった家庭用のMacにバンドルされていたが、Macのインテル移行に伴いバンドルは終了。2007年8月、iWork '08リリースと前後して単品販売も終了した[1]

一時期はMacintosh版のほか、Windows版も発売されていた。Windows版では、クラリスワークス 4までが一般向けとして販売されていた[2]。米国では教育機関向けに、AppleWorks 6 for Windowsが販売されていた。

「AppleWorks 6」(2000年)では、ワープロドローペイント表計算データベースプレゼンテーションの6つから構成されていた[3]。また、過去のバージョンでは通信の機能もあった[4]

2007年8月15日、Appleは、AppleWorksの販売およびサポート終了を発表。当時のAppleは、iWorkをリリースしていたが、AppleWorksとのファイルの直接の互換性は確保されなかった。

出典編集

  1. ^ スティーブ・ジョブズCEO基調講演レポート”. pc.watch.impress.co.jp. 2021年7月11日閲覧。 “またジョブズCEOは、もうひとつの新たなスイートパッケージ「iWork」も続けて発表した。同社にはAppleWorksが存在するが、Mac OS Xへの対応はCarbon化にとどまり、開発継続は事実上の終焉を迎えていたと言っていい。”
  2. ^ ASCII. “クラリスワークスの特別パッケージを期間限定で発売” (日本語). ASCII.jp. 2021年7月11日閲覧。
  3. ^ アップル - AppleWorks”. web.archive.org. 2021年12月18日閲覧。
  4. ^ アップル、AppleWorks 6を発表”. web.archive.org (2000年2月29日). 2021年7月11日閲覧。

関連項目編集

  • iWork - 直接の後継ソフトでは無いが、同じくApple製のソフトウェア製品群。プレゼンテーションソフトのKeynote、ワープロソフトのPages、表計算ソフトのNumbersで構成される。建前上、AppleWorks形式のファイル群と互換性があることにはなっているが、互換性は、切ないに等しい。
  • オフィススイートの比較