Apple A7アップル が設計した SoC2013年9月10日に発売された、iPhone 5s で初めて採用された。アップルは、前世代の Apple A6 比で CPUGPU が2倍高速化したと主張している[6]。世界初の64ビットARM SoCであり[7]、スマートフォンに採用された ARM SoC (x86-64 は除く) としては世界初[8]

Apple A7
Apple A7 chip.jpg
Apple A7
生産時期 2013年9月20日から
設計者 アップル
生産者 サムスン電子[1]
CPU周波数 1.3 GHz[2] 
命令セット ARMv8[3][4]
マイクロアーキテクチャ Cyclone[5]
コア数 2[2]
前世代プロセッサ アップル
次世代プロセッサ アップル
トランジスタ アップル
L1キャッシュ アップル
L2キャッシュ アップル
L3キャッシュ アップル
L4キャッシュ アップル
GPU アップル
コプロセッサ アップル
ブランド名 アップル
テンプレートを表示

目次

採用製品編集

設計編集

CPU はアップルが設計した[2] 64ビットARMアーキテクチャ[3]で、デュアルコアで最高 1.3GHz で動作し[2]、命令セットは ARMv8 をサポートする。L1キャッシュは、コードが64KB、データが64KB。L2キャッシュは1MB[5]。開発コードは Cyclone[5][4]

GPU は PowerVR G6430 で4クラスタ設定となっている[9]

対応メモリは、LPDDR3 SDRAM で、データ幅は64ビットのシングルチャネル[5]iPhone 5s の搭載メモリは 1GB[10]

プロセスルールは28 nm HKMGで、ダイサイズは102 mm2[1][3]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b Inside the iPhone 5s”. Chipworks (2013年9月20日). 2013年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c d Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: A7 SoC Explained”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  3. ^ a b c Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: The Move to 64-bit”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  4. ^ a b [LLVMdev] A7 processor support?”. LLVM Developers Mailing List (2013年9月10日). 2013年9月11日閲覧。
  5. ^ a b c d Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: After Swift Comes Cyclone”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  6. ^ Apple Announces iPhone 5s—The Most Forward-Thinking Smartphone in the World”. Apple (2013年9月10日). 2013年9月13日閲覧。
  7. ^ AppliedMicro Showcases World’s First 64-bit ARM v8 Core”. AppliedMicro (2011年10月27日). 2013年9月18日閲覧。
  8. ^ Lai Shimpi, Anand (2013年9月10日). “Apple Announces A7, World's First 64-bit Smartphone SoC”. AnandTech. 2013年9月16日閲覧。
  9. ^ Lal Shimpi, Anand (2013年9月17日). “The iPhone 5s Review: GPU Architecture”. AnandTech. 2013年9月18日閲覧。
  10. ^ Quick Turn Teardown of the Apple iPhone 5s”. TechInsights (2013年9月20日). 2013年9月20日閲覧。