ark (アルバム)

L'Arc〜en〜Cielの6作目のアルバム

ark』(アーク)は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの6作目のアルバム1999年7月1日発売。発売元はKi/oon Records

ark
L'Arc〜en〜Cielスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニュー・ウェーヴ
ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 週間13位(15th Anniversary〜、オリコン)
  • 1999年7月度月間1位(オリコン)
  • 1999年度年間5位(オリコン)
  • 歴代アルバムランキング57位(オリコン)
  • 登場回数25回(オリコン)
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会
  • L'Arc〜en〜Ciel アルバム 年表
    HEART
    1998年
    ark
    ray
    1999年
    ectomorphed works
    2000年
    『ark』収録のシングル
    1. DIVE TO BLUE
      リリース: 1998年3月25日
    2. forbidden lover
      リリース: 1998年10月14日
    3. HEAVEN'S DRIVE
      リリース: 1999年4月21日
    4. Pieces
      リリース: 1999年6月2日
    5. Driver's High
      リリース: 1999年8月11日
    テンプレートを表示

    解説編集

    5thアルバム『HEART』以来約1年5ヶ月となるアルバムで、7thアルバム『ray』と同時発売されたアルバム。

    本作品は日本の他、台湾香港タイマレーシアシンガポールフィリピンアジア7ヶ国においてリリースされている[1]

    アルバムタイトルの『ark』は『箱船』という意味で、kenがタイトルを付けており[2]、同時発売の『ray』に先行してタイトルが決定した[3]。ちなみに、当初タイトルは"escape"になる予定だったが、hydeがこれを拒んだことからこのタイトルとなった[2]

    発売日が日本において一般的なCDの発売日である水曜日でなく木曜日になったのは、この年に囁かれていた「地球最期の日」に合わせたためであり、<ノストラダムス大予言の日にアルバム2枚同時リリース!>という宣伝が当時なされた。オリジナルアルバムの2作同時発売は業界では稀なことであるが、この経緯についてtetsuyaは「『HEART』以降出したシングル8曲を1枚に入れたら、ただの半ベストになってしまうから」「2枚あればシングルもバランスよく振り分けられるだろうと思って、メンバーとスタッフに伝えました[4]」と述べており、tetsuyaの発案により2枚同時発売が決定した。ちなみに、第一案は時期をずらして2枚のアルバムを発表するものだった[4]。共同プロデューサーの岡野ハジメは「非常にポップなアルバムではあると思いますけど、僕にとっては凄く実験的な側面も含んでいて、マニアックとポップの両方が混在している。それはこの時期じゃないとできなかったことかもしれない。今じゃ"あれはよかったけどこれはよくなかった"みたいなことが分かってしまう。それではこの勢いは生まれなかったでしょうね[5]」と述べている。

    収録シングルは、1998年に発売された前作『HEART』発売後に発売された、「DIVE TO BLUE」「HEAVEN'S DRIVE」「forbidden lover」「Pieces」と全4曲のシングル曲を含んでおり、アルバム発売後に「Driver's High」がシングルカットされている。なお、「Pieces」以外はシングルバージョンで収録され、既発曲全てにテッド・ジェンセンによるリマスタリングが施された。また、本作と『ray』の6曲目にはyukihiro作曲のインストゥルメンタルがそれぞれ収録されている。インストゥルメンタルが収録されているオリジナルアルバムはこの2作のみである。

    また、hyde、ken、tetsuya、yukihiroの4人それぞれが作曲した楽曲が収録されており、yukihrioが在籍してからのL'Arc〜en〜Cielにおいて各メンバーに作曲クレジットが付いている最初のアルバムとなっている。本作にはtetsuyaが作曲した楽曲が最も多く収録されている。このことについてtetsuyaは「自分が曲を書かないと、"おまえが2枚出そうって言い出しといて、曲も書かないで皆にやれって..."って怒られそうじゃないですか[6]」と述べている。

    前作『HEART』に続いて3作目のオリコン週間アルバムチャート首位、3作連続のミリオンセラーを記録した。L'Arc〜en〜Ciel史上最大のヒット作となり、オリコン週間アルバムチャートにおいて、2週連続で1位、2位独占を飾っている (1位『ark』、2位『ray』)。『ray』を合わせると、初週売上はオリコン最高記録の300万枚を突破した計算となる。オリコン歴代アルバム売上ランキングでも、2020年現在で歴代58位にランクインしている。

    初回限定仕様は、スーパーピクチャーレーベルディスク、スペシャルパッケージ仕様。

    2006年12月13日には、バンド結成15周年記念に行われた「L'Anniversary」の一環で、『ray』と共に当時のシングル曲のミュージック・ビデオメイキング映像、関係者のインタビュー、コンサートの舞台裏やテレビ朝日系列で放送されていた『稲妻!ロンドンハーツ』でのライブを収録したDVDを付属した、『ark 15th Anniversary Expanded Edition』がリリースされた。

    収録曲編集

    1. forbidden lover
      14thシングル。日本テレビ系番組『知ってるつもり?!』エンディングテーマ。
      歌詞は「神に対する疑問や国が争うことへの疑問[7]」をテーマとしている。ドラムフレーズが変則的かつマーチング・ビートのようなドラムパターンとなっている。このドラムのアプローチはkenの「スネアを使って巷にあまりないリズムで」というリクエストがきっかけで、yukihiroは「曲の仕上がりはドラマティックになってるけど、ドラムは最後まで展開しない。それだけでカッコいいんだから、余計なことはいらないなと思った[8]」と述べている。また、このドラムの音は、yukihiroが叩いたドラムを「ReCycle!」という素材編集ソフトに取り込み、ドラムフレーズを切り貼りして収録している[9]
      ちなみに、シングルの表題曲がアルバムの一曲目になることはL'Arc〜en〜Cielとして初のこととなった。
    2. HEAVEN'S DRIVE
      • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      15thシングル。初のノンタイアップシングル。
      歌詞は、hydeの中の怒りの感情を歌にしたもの[10]で、メディアや法律に対する怒りを綴った詞となっている。ベースラインとリズムが印象的な楽曲だが、作曲者のhydeからのリクエストは特になく、tetsuyaは「プリプロで初めて4人で音を合わせたときから弾いてました。1発OKって感じで。プリプロからレコーディング本番までラインを少し整理するだけでした[11]」「アルバムの中でも一番簡単に録れた曲でした。曲との相性が良かったんだと思います[6]」と述べている。
    3. Driver's High
      • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      フジテレビ系アニメ『GTO』前期オープニングテーマ。
      タイアップが付き、後に17thシングルとしてシングルカットされた。曲の冒頭部分が「HEAVEN'S DRIVE」とわずかにつながっている。
    4. Cradle
      • 作詞:hyde / 作曲:yukihiro / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      yukihiro曰く「初めて歌メロから曲を作ることに挑戦した[12]」という楽曲。音源を制作している段階で「ブリストル・サウンド方面に頭がいっていた[13]」といい、その影響からか曲中でスクラッチの音が取り入れられており、これはyukihiro自身がターンテーブルを使用し鳴らしている。この曲の間奏のドラムは、打ち込んだループをアナログ・フィルターに通し、スタジオで鳴らした音をステレオ録音している[9]。ただし、yukihiroの生ドラム部分はモノラル録音されている[9]。また、この曲ではレスリー・スピーカーを使用してギターのレコーディングをしている[14]。kenはアルバムの中でギタリスト視点で印象に残っている曲としてこの曲を挙げている[14]
      2016年には、yukihiroのソロプロジェクト、acid androidとロックバンド、THE NOVEMBERSの共同開催によるオールナイトイベント「acid android in an alcove vol.8 × THE NOVEMBERS PRESENTS 首」で、THE NOVEMBERSが本楽曲をカバーしている[15]
      yukihiroによるリミックスバージョンも制作され、17thシングル「Driver's High」及びリミックスアルバム『ectomorphed works』にそれぞれ別バージョンが収録された。
      2016年にはアコースティックにリアレンジされ、41stシングル「Don't be Afraid」に「Cradle -L'Acoustic version-」として収録されている。
    5. DIVE TO BLUE
      • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      9thシングル。本作に収録されているシングル曲の中で最も古い楽曲。
    6. Larva
      • 作曲:yukihiro / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      インストゥルメンタル。タイトルの意味は「幼虫」で、次曲「Butterfly's Sleep」と繋がる構成となっている。
      北インドの太鼓であるタブラの音をサンプリングし、音を歪ませループさせた楽曲[9]。元々は、次曲「Butterfly's Sleep」を制作している際に、「中近東にあるようなリズムのループが欲しい[14]」というkenの思いを受け、yukihiroが制作したものである。ken曰く「リズムのループを聴いてたら"これ、ずっと聴いていたいよねえ"っていう話になった[14]」といい、これを機に次曲と独立した楽曲として収録された。いわば次曲から枝分かれして生まれた楽曲であることから、曲のタイトルの意味も次曲に合わせたかたちとなった。
      yukihiroは「「Butterfly's Sleep」がなかったら生まれなかった曲[12]」「今回みたいにいわゆるテクノ・サウンドからバンド・サウンドに劇的に変化するものは、これまでやったことがなかったと思う[12]」と述べている。また、この曲は全編yukihiroの自宅スタジオで制作されており、Roland TR-909などyukihiroの私物の機材を使用している[9]
      後に、リミックスアルバム『ectomorphed works』にて「Larva (ectomorphed long mix)」としてリミックスし、収録されている。
    7. Butterfly's Sleep
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      前曲「Larva」と繋がる構成となっており、前曲の4つ打ちのループがこの曲でも終始使われている[16]
      kenが高校生ぐらいの頃に作っていた曲で[17]、ken曰く「原型としてはちょっと違ったけど、ずっとあって。ラルクとしても何回かリハーサルで曲出す時にやっていた曲[17]」だという。制作した当時にkenはキーボードを持っていなかったため、原曲はギターで制作されており、現在のかたちと比べヘヴィーな楽曲だった。本作に収録するにあたりストリングスアレンジを施しており、弦編曲はkenも携わっている[18]
    8. Perfect Blue
      • 作詞・作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      タイトルのブルーは「青空」と「憂鬱なブルー」という2つの意味がある。歌詞はバンドを取り巻く人間に対するメッセージが含まれており、tetsuyaが厚意で撮影した会場スタッフとの写真が、交際写真と偽られ週刊誌に売られた実話を基にしたフレーズが歌詞に登場している[4]。tetsuyaはエピソードについて「週刊誌の方から確認の話が来て。説明したら載らなかったんですけど、わざわざ話を作って雑誌に売り込みに行くって、面白いですよね人間って[4]」と述べている。
      ハワイアン・ミュージック風の曲調の楽曲だが、メロディはスイスからドイツに向かう電車の中で浮かんだものとtetsuyaは述べている[19]
      また、この曲でtetsuyaがバリトン・ギターフェンダー・ベースVIを弾いており、ザ・キュアーロバート・スミスの影響で使用したと述べている[19]。また、ドラムの音は、Roland CR-78というリズムマシンのサンプリングを用い制作された[9]
    9. 真実と幻想と
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      hyde曰く「曲を聴いたときに異国の雰囲気を感じた」といい、イメージビデオ『Siesta 〜Film of Dreams〜』の撮影で訪れたモロッコをイメージし歌詞を手掛けている。そのため、「カスバ」や「ベリーダンス」といったアラブ文化圏で使われる言葉が歌詞の中に存在する。
      歌詞の中に出てくる「詩人」はhyde自身を投影しており[20]、身を削って詩を書くことについて歌った曲となっている。詞を書くことに関し、hydeは「詩人っていうのは二次元で、文字だけですべてを表現しようとする。それに一生捧げる人だと思う[20]」「僕自身は楽に生きたいと思ってても、自分が選んだこの世界は、身を削る作業だらけなんです[20]」と述べている。また、このアルバムでは唯一5弦ベースが使用される楽曲である。
      yukihiroによるリミックスバージョンも製作され、18thシングル「LOVE FLIES」及びリミックスアルバム『ectomorphed works』にそれぞれ別バージョンが収録された。
    10. What is love
      • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      TBS系テレビ番組『エクスプレス』テーマソング。
      メンバーが同性愛を描いた曲だと語ったことがある。
    11. Pieces [ark mix]
      • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
      16thシングルのアルバムバージョン。ライブでは「あなた」と並び、ラストに演奏されることが多いバラード
      歌詞に関してhydeは「子どもを持つ気持ちを想像して書いた」と当時語っており、タイトルの「Pieces(=かけら)」も自身の子どもをイメージして付けられた。本楽曲についてtetsuyaは、「『あなた』を超えるバラードを作るつもりで作った」と語っている。
      シングルバージョンとは最後のサビ前のオーケストラのアレンジが違う。ライブではこちらのバージョンが演奏される場合が多い。

    15th Anniversary Expanded Edition編集

    結成15周年記念でリリースされたDVD付の企画盤。CD収録曲は全てオリジナル盤と同内容で、リマスタリング等はされていない。

    CD編集

    1. forbidden lover
    2. HEAVEN'S DRIVE
    3. Driver's High
    4. Cradle
    5. DIVE TO BLUE
    6. Larva
    7. Butterfly's Sleep
    8. Perfect Blue
    9. 真実と幻想と
    10. What is love
    11. Pieces [ark mix]

    DVD編集

    1. making of the "forbidden lover" music video
    2. recollection 1
    3. making of the "HEAVEN'S DRIVE" music video
    4. recollection 2
    5. Butterfly's Sleep @ ロンドンハーツ (1999.06.20 O.A.)
    6. making of the "Driver's High" music video
    7. recollection3
    8. making of the "Pieces" music video
    9. recollection 4
    10. documentary on "1999 GRAND CROSS TOUR" (1999.08.20)

    参加ミュージシャン編集

    forbidden lover
    • ken:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 寺田仁:レコーディング、ミックス
    HEAVEN'S DRIVE
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング、編曲
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • YUKARIE:テナーサックス
    • スマイリー:バリトンサックス
    • 多田暁:トランペット
    • 平田直樹:トランペット
    • ken:タンバリン
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    Driver's High
    • 吉澤瑛師:共同編曲、オルガン、キーボード・プログラミング
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    Cradle
    • yukihiro:キーボード・プログラミング、ターンテーブル
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • ken:キーボード・プログラミング
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    DIVE TO BLUE
    • ken:キーボード・プログラミング、タンバリン、"Hong Kong hand claps"
    • tetsu:キーボード・プログラミング、メタルパーカッション、"Hong Kong hand claps"
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング、マニピュレート
    • yukihiro:"Hong Kong hand claps"
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス
    Larva
    • yukihiro:オール・インストゥルメンツ
    • 斉藤仁:キーボード
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス

    Butterfly's Sleep
    Perfect Blue
    • tetsu:キーボード・プログラミング、"Fender Bass VI Solo"、バッキングボーカル
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • yukihiro:リズムプログラミング
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    真実と幻想と
    • ken:キーボード・プログラミング
    • 斎藤仁:マニピュレート
    • yukihiro:ハイハットシンバル
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    What is love
    • ken:キーボード・プログラミング、タンバリン
    • tetsu:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル
    • 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング、クロマハープ
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング、ピアノ
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス
    Pieces [ark mix]
    • 外山和彦:弦編曲
    • 岡野ハジメ:弦編曲、キーボード・プログラミング
    • tetsu:弦編曲、キーボード・プログラミング、バッキングボーカル
    • 安部慶子ストリングス:ストリングス
    • 斎藤仁:キーボード・プログラミング
    • 近藤圭司:レコーディング
    • 広兼輝彦:レコーディング
    • 森山恭行:レコーディング、ミックス


    [Produce & Mastering]

    • L'Arc〜en〜Ciel & 岡野ハジメ:プロデュース
    • テッド・ジェンセン:マスタリング
    • 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio)

    収録ベストアルバム編集

    関連事項編集

    脚注編集

    [脚注の使い方]
    1. ^ L'Arc〜en〜Ciel-Pieces
    2. ^ a b ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッド』1999年6月24日放送回より
    3. ^ ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドF』2012年2月10日放送回より
    4. ^ a b c d ぴあ社『R&R NewsMaker』、p.27、1999年7月号
    5. ^ 『ark 15th Anniversary Expanded Edition』特典DVD、2006年
    6. ^ a b 『PATi PATi』、p.28、1999年7月号
    7. ^ 『Gb』、p.17、1998年11月号
    8. ^ 『R&R NewsMaker』、p.29、1998年11月号
    9. ^ a b c d e f 本邦初公開、yukihiroのself studio! - SonyMusic
    10. ^ ぴあ社『R&R NewsMaker』、p.22、1999年7月号
    11. ^ tetsu's portrait - SonyMusic
    12. ^ a b c 『PATi PATi』、p.32、1999年7月号
    13. ^ 『R&R NewsMaker』、p.38、1999年7月号
    14. ^ a b c d 『PATi PATi』、p.22、1999年7月号
    15. ^ ノベンバ、acid android共同企画でラルクカバー披露 - ナタリー
    16. ^ 『音楽プロデューサー 岡野ハジメ エンサイクロペディア CATHARSIS OF MUSIC』、p.180、シンコーミュージック・エンタテイメント、2019年
    17. ^ a b 『音楽と人』、p.49、株式会社音楽と人、1999年7月号
    18. ^ 『音楽と人』、p.46、株式会社音楽と人、1999年7月号
    19. ^ a b リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』」2010年
    20. ^ a b c 『音楽と人』、p.49、株式会社音楽と人、1999年11月号