auのイメージキャラクター

KDDI > au (通信) > auのイメージキャラクター

本記事では、auKDDI沖縄セルラー電話連合)のイメージキャラクターについて詳細に説明する。

目次

現在のイメージキャラクター編集

※2017年2月現在

各種サービスメインキャラクター(例:au 4G LTE CA、およびau VoLTE、auスマートバリュー(全国版)、カケホとデジラ、ビデオパス、auの学割、au WALLET、au向けiPhoneシリーズ等)

三太郎シリーズ編集

 
au三太郎(左から、桃ちゃん、浦ちゃん、金ちゃん)

登場人物編集

三太郎編集
桃太郎(桃ちゃん)
演 - 松田翔太:2015年1月1日より起用[1]幼少期 - 寺田心:2016年9月6日より起用)。
幼少の頃、いじめられていたところを浦ちゃんと金ちゃんに助けられ、三人の太郎(三太郎)は友だちに。
妻はかぐちゃん。お供に2匹・2匹・子だくさんのキジがいる。
義理の姉は乙ちゃん。義理の妹は織ちゃん。
浦島太郎(浦ちゃん)
演 - 桐谷健太:2015年1月1日より起用(幼少期 - 燕星宙:2016年9月6日より起用)。
漁師。手乗りの小さな陸ガメが案内してくれる竜宮城に週3回は通う常連で、乙ちゃんのことが好き。三線が得意。
金太郎(金ちゃん)
演 - 濱田岳:2015年1月1日より起用(幼少期 - 髙木勇真:2016年9月6日より起用)。
共学の寺子屋に通っている。お金絡みで興奮すると「かね太郎」に豹変する。お供は喋る子熊。海外の人(別人)とは友だち。
ドS姫姉妹編集
かぐや姫(かぐちゃん)
演 - 有村架純:2015年3月5日より起用。
夫は桃ちゃん、姉は乙ちゃん。妹は織ちゃん。実家はにある。桃ちゃん曰く、鬼嫁。
乙姫(乙ちゃん)
演 - 菜々緒:2015年6月1日より起用。
陸にある竜宮城で様々な事業を営んでいる。妹はかぐちゃんと織ちゃん。
時折、ドスの聞いた声で周りを翻弄する。
織姫(織ちゃん)
演 - 川栄李奈 : 2017年7月31日より起用。
空から降ってきた桃を蹴破って現れた乙ちゃんとかぐちゃんの妹。彼氏探しに来たらしい。甘やかされて育てられたせいか、態度が大きくツンデレである。
月の実家を出る際は両親は大号泣しながらも見送られ、現在は生活費を稼ぐために長姉の乙姫が営む竜宮城でバイトリーダーとして、お店を手伝っている。
実家を出る際に父から寂しくなった時のために渡された愛という文字が書かれた黒箱を金太郎が誤って開封してしまい、激怒した。
その魔性ぶりは乙姫ゆずりであり、月にいる際は男たちからはもてはやされた。
ダンスが得意。
姫姉妹の父
演 - 未定
CMにはまだ登場していない。かぐや姫、乙姫、織姫の実父にして、桃太郎の義父。
姫姉妹の母
演 - 未定
CMにはまだ登場していない。かぐや姫、乙姫、織姫の実母にして、桃太郎の義母。
その他の登場人物編集
(鬼ちゃん)
演 - 菅田将暉:2015年9月18日より起用。
桃ちゃんに鬼退治された後に友だちになった。8児の父で妻は鬼嫁。副業で雷さま・おしるこ屋・雷おこし屋等を営み、チョコも売っている。太鼓が得意。
花咲爺(花じい)
演 - 笹野高史:2016年3月3日より起用。
桃ちゃんの知り合い。灰で花を咲かせたり、いろんなものを大きくさせたりする。
一寸法師(一寸)
演 - 前野朋哉:2016年6月1日より起用[2]
花じいの灰で大きくなり、鬼ちゃんの雷おこしを食べて元のサイズに戻った。乙ちゃんの策略により竜宮城で住み込みで働かされている。
海外の人(白雪姫?)
演 - アリーシャ・コリンズ:2016年6月24日より起用。
道端に倒れていたところを三太郎に助けられた外国人の女性。
海外の人(別人)
演 - アリ・マリー:2016年9月24日より起用。
金ちゃんが上記の女性(白雪姫?)だと思い込んで仲良くなった外国人の女性。ただし、桃ちゃんと浦ちゃんは別人だと認識している。
神様
演 - マイケル・カリスマ:2016年11月11日より起用。
彦星
演 - 未定
CMにはまだ登場していない。織姫の元彼。年に1回しか会えないので、彼女に愛想をつかされてしまった。
CMナレーション
マリナ・アイコルツ:2015年1月1日より起用[3]

CMリスト編集

太字は広告コピー。

配信CMソング編集

au限定配信期間 発売日 アーティスト タイトル CM
2015年07月31日 - 2015年08月31日 2015年12月02日 浦島太郎(桐谷健太) 海の声 「海の声」篇(2015年)
2016年01月05日 - 2016年01月17日(ショート)
2016年02月19日 - 2016年02月26日(フル)
2016年01月18日(ショート)
2016年02月26日(フル)
AI みんながみんな英雄 「春のトビラ・みんながみんな英雄」篇(2016年)
2016年12月22日 - 2017年01月22日 2017年03月22日 菅田将暉 見たこともない景色 「応援」篇(2016年)
2017年01月13日 - 2017年01月22日(ショート)
2017年02月03日 - 2017年03月02日(フル)
2017年03月08日(フル) WANIMA やってみよう 「春のトビラ・やってみよう」篇(2017年)

受賞編集

受賞 受賞対象
2015年度TCC賞[5] TCC賞(一般部門) 篠原誠 / 野﨑賢一 / 佐藤舞葉
2015 55th ACC CM FESTIVAL[6] ACCゴールド(フィルム部門Aカテゴリー) 三太郎シリーズ
クラフト賞(フィルム部門) 浜崎慎治(ディレクター)
坂巻亜樹夫(エディター)
松田翔太 / 桐谷健太 / 濱田岳 / 有村架純 / 菜々緒(演技)
第68回広告電通賞[7] 最優秀賞(テレビ広告 情報・通信部門) 「桃太郎の出生」篇 / 「三匹セット」篇 / 「玉手箱」篇
BRAND OF THE YEAR 2015[8] 2015年度銘柄別CM好感度ランキング 第1位 KDDI / 三太郎シリーズ
2015年クリエイター・オブ・ザ・イヤー[9] 2015 CREATOR OF THE YEAR 篠原誠
第45回フジサンケイグループ広告大賞[10] 優秀賞(メディアミックス部門) 三太郎シリーズ
最優秀賞(メディア部門テレビ) 「あたらしい英雄・桃太郎」篇 / 「夏のトビラ・竜宮城」篇 / 「秋のトビラ・もうひとつの鬼退治」篇
優秀賞(クリエイティブ部門テレビ)
2016年度TCC賞[11] TCCグランプリ(一般部門) 篠原誠 / 野﨑賢一 / 佐藤舞葉
第53回ギャラクシー賞 大賞(CM部門)[12] 三太郎シリーズ
奨励賞(CM部門)[13] 「春のトビラ・みんながみんな英雄」篇
2016 56th ACC CM FESTIVAL[14] 総務大臣賞/ACCグランプリ(フィルム部門Aカテゴリー) 三太郎シリーズ
クラフト賞(フィルム部門) 重森豊太郎(カメラマン)
第69回広告電通賞[15] 優秀賞(テレビ広告 企業・公共部門) 「春のトビラ・みんながみんな英雄」篇
優秀賞(テレビ広告 シリーズ部門) 「秋のトビラ・もうひとつの鬼退治」篇 / 「鬼、登場」篇 / 「鬼と鬼嫁」篇
広告電通賞特別賞 三太郎シリーズ
BRAND OF THE YEAR 2016[16] 2016年度銘柄別CM好感度ランキング 第1位 KDDI / 三太郎シリーズ
日テレCM大賞2016[17] 日テレCM大賞 「秋のトビラ・三太郎の出会い」篇

森家シリーズ編集

演 - 斉藤由貴:2016年2月5日より起用。
演 - 岡山天音:2016年2月5日より起用。
演 - 夏帆:2016年4月28日より起用[18]

auショップショートドラマ編集

店員
演 - 足立梨花:2016年7月4日より起用。

各メーカー製端末向けキャラクター編集

シャープ

過去のイメージキャラクター編集

かつてのメインキャラクター・サブキャラクター編集

  • 織田裕二(旧日本移動通信・DDIセルラーグループから継続起用) : 「cdmaOne」※NTTドコモとのCM契約が終了した直後のため当時話題に。
  • 菅野美穂(旧日本移動通信・DDIセルラーグループから継続起用)
  • 浅野忠信(後にNTTドコモのCMキャラクター)
  • 妻夫木聡 : 「ダブル定額」「パケット割」「EZ助手席ナビ」篇(後にNTTドコモのCMキャラクター)
  • 速水もこみち(主に機能、製品の広告に出演。後にソフトバンクモバイルのカタログ・ウィルコムのCMに登場)
  • 木梨憲武: 2007年1月から2008年1月までauひかり(当時ひかりone)のイメージキャラクター。
  • 木村カエラ: 2007年1月から2008年1月までauひかり(当時ひかりone)のイメージキャラクター。
  • 仲間由紀恵 : 2002年10月以降より起用されていた総合イメージキャラクターで主に割引制度、キャンペーンの広告に出演。ただしナレーションのみの出演の場合もある。他に、2008年2月より本家KDDIの「ひかりone」のイメージキャラクターにも起用されたのち、2009年8月の「指定通話定額」(のちのガンガントーク)を最後にauの総合イメージキャラクターを勇退した。その後auの本体であるKDDIの企業CM「KDDI ECO」の総合イメージキャラクターに2011年9月末まで起用されていた。
  • 土屋アンナ:2009年10月から2011年9月まで割引サービス各種(ガンガンシリーズ)、2010年1月から2011年9月までauひかり、それぞれに起用されていたイメージキャラクター。
  • :2008年2月以降から2012年1月中旬まで起用。iidaおよびWindows PhoneiPhone 4S簡単ケータイシリーズ、URBANOシリーズ、mamorinoシリーズ、Mi-Lookを除くau携帯電話 & auスマートフォン、auひかり、および割引サービス各種(「ともコミ」など、2011年10月以降より)総合イメージキャラクター。
  • 伊勢谷友介:2012年1月下旬から同年12月下旬まで起用。主にau Wi-Fi SPOT、およびビデオパスのCMに出演。かつてJ-PHONE九州エリアのイメージキャラクターを務めていた。
  • 巨人の星より:2012年1月下旬から2013年1月中旬まで起用。
  • 井川遥:2012年1月下旬から2014年1月上旬まで起用。主にauひかり、およびauスマートパス(当初のみ)、au 4G LTEのCMに出演。かつて同じauの京セラ製携帯電話のイメージキャラクターを務めていた時期があり(下記参照)、事実上の再登板となった。なお2000年代前半にはNTTドコモ中国のCMにも出演していた。
  • 前田旺志郎まえだまえだ):2013年2月上旬から2014年1月上旬まで起用。
  • 剛力彩芽:2012年1月下旬から2014年5月末まで起用。主にauスマートバリュー[19]、およびauスマートパスauひかりau 4G LTE、女子割/男子割、auの学割(2013年度のみ)などの各種割引サービスのCMに出演している[20]
  • 森三中:2013年2月から2014年6月1日まで起用。当初はサブキャラクター扱いだったが2013年12月より総合イメージキャラクターに昇格した。主にauの学割、およびauスマートパス、auひかり(村上知子は除く)などのCMに出演していた。
  • 哀川翔:2013年9月から2014年5月末まで起用。当初はサブキャラクター扱いだったが2014年1月17日より総合イメージキャラクターに昇格した。このほか、後述するauの学割(2014年度)、およびauスマートバリューのCMにもサブキャラクター扱いとして出演していた[21]
  • 福士蒼汰:2014年1月17日から同年12月31日まで起用。
  • 杉咲花:2014年6月2日から同年12月31日まで起用。
  • 柳原可奈子:2014年6月2日から同年12月31日まで起用。
  • 所ジョージ:2014年5月16日より起用。au WALLETのCMに出演。1998年から1999年にかけてKDDIの前身であるケイディディ(KDD)の001国内電話(中継電話)のイメージキャラクターとしてCM出演しており、事実上15年ぶりの再起用となっていた。

番組連動キャラクター編集

  • 赤坂泰彦 : 2006年10月から2013年3月まで放送されていたKDDI一社提供の音楽番組「Music Lovers」(日本テレビ毎週日曜23:30~24:00)がスタートし、番組司会とともに、au携帯電話の新製品・新サービスやau携帯電話サービス「EZチャンネル」を紹介する番組連動テレビCMの進行役をつとめる。あわせて、彼の進行でこの番組の舞台裏を披露する「Music Lovers for EZ」が「EZチャンネル」にて、毎週日曜にau携帯電話へ配信されていた。

地域限定キャラクター編集

各メーカー製端末向けキャラクター編集

カシオ計算機(製造委託・カシオ日立モバイルコミュニケーションズNECカシオ モバイルコミュニケーションズ
日立製作所(現・日立コンシューマエレクトロニクス、製造委託・カシオ日立モバイルコミュニケーションズ)
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズソニーモバイルコミュニケーションズ
東芝
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ→富士通モバイルコミュニケーションズ
三洋電機
  • 椎名林檎 : (2004年夏モデル「W21SA」) - 後に後述する同キャリアのLGエレクトロニクス製端末のイメージキャラクターに起用。
京セラ
シャープ
HTC Nippon
LGエレクトロニクス・ジャパン
サムスン・テレコミュニケーションズ・ジャパン
  • 松井珠理奈SKE48)(2015年夏モデル「Galaxy S6 edge SCV31」)- au向けGalaxy S6 edgeはサムスン電子ではなく、上記のisai vivid LGV32同様au名義でのCM放映となった。

劇団なかま編編集

  • 温水洋一(後にLGエレクトロニクス・ジャパンのNTTドコモ向け端末「L-04A」のCMに出演。)
  • 佐々木蔵之介(かつて、J-PHONEおよびボーダフォン日本法人(現・ソフトバンク)のCMに出演したことがある)
  • 高橋良輔

au shopping mall 篇編集

au Smart Sports 篇編集

ケータイの掟篇編集

「敬老の日に新しいカンタンを贈ろう」キャンペーン篇編集

MNP大満足キャンペーン「端末ラインナップ」編集

MNP大満足キャンペーン エバンジェリスト編集

2006年4月から2008年末まで。

ガンガンシリーズ編集

auまとめトーク編集

Android auシリーズ編集

CMナレーション編集

auスマートバリュー編集

  • 尾木直樹(尾木ママ)
  • きゃりーぱみゅぱみゅ:2013年10月から2014年1月まで起用。ちなみに同年12月16日から12月25日には期間限定で「クリスマス」篇がオンエアされた。
  • 松岡修造:2014年6月2日から同年12月31日までは総合メインキャラクターだったが、2015年3月2日から9月30日までは地域限定版のメインキャラクターとして再び起用された。
  • 鈴木梨央:2014年2月20日から2015年12月31日までメインキャラクターとして起用され、「おとくちゃん」名義として出演。
  • 江上敬子(ニッチェ)菊地亜美:2015年7月から12月31日まで「おとくちゃんシリーズ 鈴木梨央」との三姉妹役で、江上が長女「とくこ」、菊地が次女「とくえ」として起用。

auスマートパス編集

  • 井川遥
  • 星飛雄馬(声・古谷徹)
  • 森三中
  • 緋田康人
  • きゃりーぱみゅぱみゅ:2014年3月14日から同年12月31日まで起用。なお、同年3月14日から5月31日までは森三中大島美幸、および黒沢かずこと共演していた。また2014年8月8日より先述のau WALLETのCMにも(所ジョージとの共演扱いとして)出演していた。

ビデオパス編集

  • 伊勢谷友介
  • 松岡修造
  • 柳原可奈子
  • ジバニャン(『妖怪ウォッチ』より):2014年11月21日から同年12月31日まで起用。松岡修造、および柳原可奈子と共演。

auの学割(2013年度)編集

  • 剛力彩芽
  • 森三中
  • 前田旺志郎
  • 和田アキ子:2013年4月1日から5月31日までサブキャラクターとして起用。「ドッキリゲスト」篇のCMのみ出演。

auの学割(2014年度)編集

  • モーニング娘。'14[24]:2014年1月22日から6月1日までメインキャラクターとして起用。後述する森三中の大島美幸、および黒沢かずことの架空のコラボレーションアイドルユニット「モリ娘。[25][26]名義として出演していた。なお、同CMの「特訓」篇、および「U(アンダー)25家族セット割 つんくの発言」篇、「ライブステージ」篇、「U25家族セット割 ライブMC」篇、「モリ娘。の同窓会」篇に挿入されるCMソング「Password is  」は彼女たちが担当していた[27]
  • 森三中:上記のモーニング娘。'14同様、2014年1月22日から6月1日までメインキャラクターとして起用。このうち大島美幸、黒沢かずこの2人が参加。ただし村上知子は2014年1月当時、産休を控えていたことを理由にモリ娘。には不参加となっていた。
  • 哀川翔:2014年1月22日から6月1日までサブキャラクターとして起用。「新メンバー」篇から「モリ娘。の同窓会」篇のCMまで出演。
  • つんく♂:2014年1月22日から3月31日までサブキャラクターとして起用。「新メンバー」篇、および「ミーティング」篇、「特訓」篇、「U25家族セット割 つんくの発言」篇のCMに出演。
  • 山里亮太南海キャンディーズ):2014年4月1日から5月10日までサブキャラクターとして起用。「ライブステージ」篇、および「U25家族セット割 ライブMC」篇のCMに出演。

auにかえる割編集

  • きゃりーぱみゅぱみゅ:2013年6月から8月まで起用。「きゃりー歌番組」篇、および「のりかえる夏」篇のCMに出演。以前は後述するFULL CONTROL「FULL CONTROL TOKYO」篇のCMに出演していた。後にauスマートバリューのイメージキャラクターに起用。
  • 哀川翔:「NMP 社長登場」篇のCMに出演。

驚きを、常識に。編集

  • きゃりーぱみゅぱみゅ:「FULL CONTROL TOKYO」篇のCMに出演。
  • FLOWER FLOWER:「PERFECT SYNC. / REAL」篇のCMに出演。ちなみに、YUIはソロ時代にLISMOのCMソングに起用されたことがある。

au loves ジブリキャンペーン編集

au 4G LTE編集

「超高速」篇(2012年11月 - 2013年1月)
  • 剛力彩芽
  • 井川遥
URBANO(L01)」篇(2013年6月 - 7月)
  • 剛力彩芽
  • 井川遥
「ツナガルチカラ/剛力さん」篇(2013年9月 - 10月)
  • 剛力彩芽
「ツナガルチカラ/井川さん」篇(2013年9月 - 10月)
  • 井川遥
「ツナガルチカラ/大島さん」篇(2013年11月 - 12月)
  • 大島美幸(森三中)
「ツナガルチカラ/きゃりーさん」篇(2013年11月 - 12月)
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
「800MHz/トビラ」篇(2014年1月 - 2月)
  • 剛力彩芽
  • 福士蒼汰
  • 哀川翔
「800MHz/推理ドラマ」篇(2014年1月 - 2月)
「800MHz/トレンディドラマ」篇(2014年3月 - 4月)
  • 福士蒼汰
  • 剛力彩芽
  • 山村紅葉
  • 森三中(村上知子は除く)
「800MHz/スポ根ドラマ」篇(2014年4月 - 5月)
  • 福士蒼汰
  • 剛力彩芽
  • 照英
  • 森三中(村上知子は除く)

au WALLET編集

auひかり編集

  • 土屋アンナ
  • 剛力彩芽
  • 大島美幸(森三中)
  • 黒沢かずこ(森三中)
  • 葉加瀬太郎
  • 近藤誠人(auひかり セット部長 | クルマ篇・エレベーター篇・雨篇・屋上篇)
  • 新舛有紀(auひかり セット部長 | クルマ篇・エレベーター篇・雨篇・屋上篇)
  • ハマカワフミエ(auひかり 女刑事ひかり | ガサ入れ篇・人質篇・監禁篇・銃撃戦篇)

その他編集

マスコットキャラクター編集

 
マスコットキャラクターの一つであるリスモくん
  • パピプペンギンズ(「au one My Page」キャラクターデザイン : ひこねのりお
  • リスモくん (「au LISTEN MOBILE SERVICE」)
    • LISXILE(リスザイル)(「LISMO!」×「EXILE」キャンペーンの期間限定コラボレーション限定マスコットキャラクター)
  • カバ親子(「ジュニアケータイ」)
  • auシカ沖縄セルラー限定マスコットキャラクター。当該項目参照。)
  • auワン(「au one」総合マスコットキャラクター)
    • Mr.コンシェ(「au one」準マスコットキャラクター。前述のauワンの飼い主)
    • Miss コンシェ(「au one」準マスコットキャラクター。Mr.コンシェの妻。Mr.コンシェ同様auワンの飼い主)
  • シャべる君(「auの庭で。 家族と、もっと、シャべる。」篇)
  • モッタイナイおばけくん(「auスマートバリュー」マスコットキャラクター)
  • のりカエル(「auにかえる割」マスコットキャラクター)

脚注編集

  1. ^ かつてはソフトバンクモバイル白戸家CMに出演していた。
  2. ^ “au「三太郎」CM、謎の一寸法師役が判明 『桐島』出演の俳優・前野朋哉”. ORICON STYLE. (2016年5月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2072540/full/ 2016年5月31日閲覧。 
  3. ^ マリナ・A”. フリー・ウエイブ. 2017年2月2日閲覧。
  4. ^ ““今日は”何かが違う!『au の学割』のCM 「ネギ」篇特別版 2016年4月1日(金)限定OA”. 共同通信PRワイヤー. (2016年4月1日). http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201603319439/ 2017年2月2日閲覧。 
  5. ^ “「日本一の広告コピー」決まる!TCCグランプリはペプシネックス ゼロ「自分より強いヤツを倒せ。」|東京コピーライターズクラブのプレスリリース”. PR TIMES. (2015年4月28日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000003505.html 2017年2月3日閲覧。 
  6. ^ 2015 55th ACC CM FESTIVAL 入賞作品リスト”. 一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC). 2017年2月3日閲覧。
  7. ^ 第68回 広告電通賞 入賞一覧”. 広告電通賞. 2017年2月3日閲覧。
  8. ^ 「三太郎」CMシリーズを展開するauが、歴代最高スコアで「CM好感度No.1」を獲得!”. KDDI (2015年12月10日). 2017年2月3日閲覧。
  9. ^ 2015年クリエイター・オブ・ザ・イヤーに篠原 誠(しのはら まこと)氏”. JAAA 一般社団法人 日本広告業協会 (2016年3月11日). 2017年2月3日閲覧。
  10. ^ 第45回 フジサンケイグループ広告大賞受賞作品一覧”. フジサンケイグループ広告大賞. 2017年2月3日閲覧。
  11. ^ “広告コピー最高賞は人気のau「三太郎」シリーズ TCCグランプリ「みんながみんな英雄。」が受賞|東京コピーライターズクラブのプレスリリース”. PR TIMES. (2016年4月26日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000003505.html 2017年2月3日閲覧。 
  12. ^ “「三太郎」シリーズ、ギャラクシー大賞「幅広い年齢層から高い好感度」”. ORICON NEWS. (2016年6月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2072728/full/ 2017年2月3日閲覧。 
  13. ^ 第53回奨励賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2017年2月3日閲覧。
  14. ^ 2016 56th ACC CM FESTIVAL 入賞作品リスト”. 一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC). 2017年2月3日閲覧。
  15. ^ 第69回 広告電通賞 入賞一覧”. 広告電通賞. 2017年2月3日閲覧。
  16. ^ 「"三太郎"シリーズ」のauが2年連続受賞! 2016年度CM好感度No.1銘柄に選出”. KDDI (2016年12月14日). 2017年2月3日閲覧。
  17. ^ 日テレCM大賞2016”. 日本テレビ. 2017年2月3日閲覧。
  18. ^ かつてはツーカーホン関西プリケーCMに出演していた。
  19. ^ ちなみに2014年度版のCMではサブキャラクター扱いとなっており、おとくちゃん(鈴木梨央)の母親役として出演している。
  20. ^ ケーブルテレビ局向けのauのCMにもニュースキャスター役(山中秀樹が担当している役を剛力がケーブルテレビ向けに伝える)で出演していた。
  21. ^ 前者は哀川社長役、後者はおとくちゃんの父親役として出演。
  22. ^ CMと機種別カタログの両方はIS04・ISW11Fのみで、それ以外は機種別カタログのみ。
  23. ^ CMソングのみ
  24. ^ 2014年1月 - 6月当時のメンバーは道重さゆみ(同年11月26日付を以って同グループ、およびハロー!プロジェクトを卒業)、譜久村聖飯窪春菜生田衣梨奈鞘師里保(2015年12月31日付を以って同グループ(モーニング娘。'15名義)を卒業)、石田亜佑美佐藤優樹鈴木香音(2016年5月31日付を以って同グループ(モーニング娘。'16名義)、およびハロー!プロジェクトを卒業、および芸能界を引退)、工藤遥小田さくらの計10名。
  25. ^ auの学割キャンペーン2014新キャラクターに最強のアイドルユニット「モリ娘。」を起用 ~「4つの0円」を提供する学割 + 「auスマートバリュー」でau史上最強の割引~ - KDDI 2014年1月22日
  26. ^ モリ娘。|森三中のモーニング娘。'14加入プロジェクト - au(KDDI)(リンク切れ)
  27. ^ このうち、「ライブステージ」篇と「U25家族セット割 ライブMC」篇、「モリ娘。の同窓会」篇には同楽曲のモリ娘。バージョンが挿入された。

外部リンク編集