メインメニューを開く

Bサンデーは、MBSラジオで2002年4月から2004年3月まで放送されていたラジオ番組。毎週日曜日の16:30〜17:36まで、生放送だった。

パーソナリティは、お笑い芸人ロザンの菅広文・宇治原史規と3ピースバンドSound Scheduleのボーカルギターの大石昌良の3人。改編前に木曜深夜に同局で放送されていたAM808。マジっすよ!から引き続き同じメンバーでの放送となった。

2004年4月改編でスタートしたゴーゴーモンキーズの火曜日パーソナリティに3人が起用され、2年ぶりの深夜枠復帰に本人たちがとても喜んでいたという。

パーソナリティー編集

放送されていたコーナー編集

  • クイズ宇治原を倒せ!
    • 宇治原と、リスナーとの5問のクイズバトル(菅と大石はリスナー側に付いてクイズに答える)。開始当初は宇治原に勝てば1万円プレゼント、負ければ何もなしだったが、2002年6月以降から勝敗に関わらず、正解数×2000円がプレゼントされた。2002年12月からは「ニットキャップ問題」も追加され、リスナーが正解すればニットキャップがプレゼントされた。
  • はーへーほーのコーナー
  • Bサントークバトル
  • 大石昌良のレコ・レコ

エピソード編集

  • 2002年12月8日放送分の「クイズ宇治原を倒せ!SP」で、クイズ王の長戸勇人がスタジオゲストとして登場した。そして宇治原と長戸との5問のクイズ対決が実現したが、結果は宇治原が3問、長戸が2問で宇治原が勝利した。
    長戸は翌週12月15日のクイズSPで10問のリベンジ戦を決行。結果宇治原が4問、長戸が6問で長戸が勝利した。これ以後、年末やスペシャルウィークのクイズSPにおいて何度か宇治原と長戸の対決が行われていた。
    (最初の対決時、もし宇治原が長戸に勝てば「アメリカ横断ウルトラクイズ」の優勝賞品である「冷凍人間保存の会員権」を長戸から譲り受けることになっていた。その結果宇治原が勝ったため、「冷凍人間保存の会員権」を譲ることになったのだが本当に譲ったのかどうかは不明)。

関連項目編集

外部リンク編集