メインメニューを開く

B・A・R 004は、B・A・R2002年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2002年の開幕戦から最終戦まで実戦投入され、ジャック・ヴィルヌーヴオリビエ・パニスがドライブした。

BAR 004
カテゴリー F1
コンストラクター BAR
先代 B・A・R 003
後継 B・A・R 005
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) 独立, プッシュロッド, インボードスプリング
サスペンション(後) 独立, プッシュロッド, インボードスプリング
エンジン ホンダ RA002E V10 (90°) NA
トランスミッション BAR/Xtrac 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ラッキーストライク BAR ホンダ
ドライバー 11. ジャック・ヴィルヌーヴ
12. オリビエ・パニス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2002年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

シーズンを通して004は信頼性に欠け、前半には1ポイントも獲得できなかった。パニスは7戦連続でリタイアとなった。第10戦シルバーストンでヴィルヌーブが4位、パニスが5位に入賞し初のポイントを獲得した。結局チームは7ポイントを獲得し、コンストラクターズ8位でシーズンを終えた。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
2002年 ブリティッシュ・アメリカン・レーシング ホンダ RA002E V10 B AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
GBR
 
FRA
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
7 8位
ジャック・ヴィルヌーヴ Ret 8 10 7 7 10 Ret Ret 12 4 Ret Ret Ret 8 9 6 Ret
オリビエ・パニス Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 9 5 Ret Ret 12 12 6 12 Ret

参照編集