B-MAX RACING株式会社(ビーマックス・レーシング)は、神奈川県綾瀬市に本社を置くレーシングカーコンストラクター及びレーシングチーム。

B-MAX RACING株式会社
B-MAX RACING CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
252-1107
神奈川県綾瀬市深谷中8-8-2
設立 2017年11月3日
業種 サービス業
法人番号 8021001061294 ウィキデータを編集
事業内容 輸送機部品製造
開発車両の部品製作
各種設計製作
レースサポート
代表者 代表取締役 組田龍司
資本金 300万円
外部リンク http://www.b-maxracing.co.jp/
テンプレートを表示
B-MAX RACING TEAM
スーパーフォーミュラ(2017年参戦マシン)
スーパーフォーミュラ(2017年参戦マシン)
国籍 日本の旗 日本
本拠地 神奈川県綾瀬市
チーム代表 組田龍司
活動期間 2010年 - 現在
カテゴリ SF,全日本F3,FIA-F4,JAF F4,スーパーFJ
SUPER GT
インタープロトシリーズ
チームズ
タイトル
全日本F3(2016
ドライバーズ
タイトル
全日本F3(2011
全日本SFL(2021
2022年のスーパーフォーミュラ
エントリー名 B-MAX RACING TEAM
レーサー 50. 日本の旗 松下信治
マシン BYOUBUGAURA B-Max RACING SF19・ホンダ
タイヤ 横浜ゴム
2022年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
エントリー名 B-MAX RACING TEAM
レーサー 1. 日本の旗 木村偉織
50. 日本の旗 菅波冬悟
マシン Byoubugaura B-MAX Racing 320・フォルクスワーゲン
タイヤ 横浜ゴム
テンプレートを表示

概要編集

2009年屏風浦工業株式会社がレース事業部「B-MAX ENGINEERING」を設立し、翌2010年よりスーパーFJポルシェ・カレラカップなどへ参戦を開始。以後、参戦カテゴリーを拡大させている。

社長でチーム代表でもある組田龍司は“DRAGON”のドライバーネームで自らレースに参戦している。

2014年、チーム名を「B-MAX RACING TEAM」(車両事業部)に変更。また同年よりノバ・エンジニアリングに代わり、SUPER GT・GT300クラスと全日本F3に参戦するNDDP Racingのチーム運営を受託。

2017年よりスーパーフォーミュラにも参戦し[1]、同年11月にはB-MAX RACING株式会社として屏風浦工業株式会社から分社。2018年はSUPER GT・GT500クラスに参戦[2]

2019年からドイツのレーシングチーム・モトパークとのコラボチームでスーパーフォーミュラに2台体制で参戦[3]

沿革編集

  • 2009年2月 屏風浦工業株式会社がレース事業部「B-MAX ENGINEERING」を設立
  • 2010年2月 綾瀬市に工場設立
  • 2013年11月 チーム名称を「B-MAX RACING TEAM」(車両事業部)に変更
  • 2014年2月 工場を大和市に移転
  • 2015年2月 工場を綾瀬市に移転
  • 2017年11月 屏風浦工業株式会社から車両事業部が分離独立し、B-MAX RACING株式会社を設立

主な参戦カテゴリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集