ウィリアム・ジェームズ・サーホフ(William James "B. J." Surhoff, 1964年8月4日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区出身の元プロ野球選手外野手捕手三塁手)。右投左打。

B.J. サーホフ
B.J. Surhoff
B.J. Surhoff.jpg
2007年8月25日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区
生年月日 (1964-08-04) 1964年8月4日(56歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手捕手三塁手
プロ入り 1985年 MLBドラフト1巡目
初出場 1987年4月8日
最終出場 2005年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 1984年
オリンピック
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
1984 野球

父のディック・サーホフ英語版は元NBA選手。2歳上の実兄リック・サーホフ英語版は元メジャーリーガー。甥のブライアン・モランコリン・モランの兄弟もプロ野球選手である[1]

経歴編集

プロ入り前編集

1982年MLBドラフト5巡目(全体128位)で地元ニューヨーク・ヤンキースから指名を受けるが契約せず、ノースカロライナ大学チャペルヒル校に進学した。1984年には第13回日米大学野球選手権に出場[2]、さらにロサンゼルスオリンピックアメリカ代表として出場し、銀メダルを獲得した。

現役時代編集

1985年MLBドラフト1巡目(全体1位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され、プロ入り。捕手としてプレーし、同年A級ベロイト・ブルワーズ英語版で打率.332、1986年はAAA級バンクーバー・カナディアンズで打率.308を記録した[3]

1987年は開幕メジャー入りを果たし、4月8日のボストン・レッドソックス戦でデビュー[4]。同年は115試合に出場して打率.299、7本塁打、68打点、11盗塁を記録した。翌1988年には打率.245、5本塁打、38打点だが、21盗塁と捕手にしては快足ぶりを発揮。打撃を生かして徐々に捕手以外でのポジションでの出場が増え、1993年以後は三塁手、のちに外野手に転向。

1995年に打率.320を記録し、初の二桁本塁打(13本)を記録。

シーズン終了後に優勝できるチームを希望し、ボルチモア・オリオールズへ3年契約でFAで移籍[5]。以後は、捕手としての出場はなかった。1996年には143試合に出場して打率.292、21本塁打、82打点の成績を残し、1998年オフに日米野球で来日。3年契約を満了し、12月に4年総額1,850万ドルで契約延長[5]1999年は開幕直後にウィル・クラークに代わり3番打者として起用され、初のオールスター選出を果たす。全162試合に出場し、球団史上最多のシーズン673打数で207安打、104得点、28本塁打、107打点、打率.308と軒並み自己最高の記録。

2000年シーズン途中の7月31日にアトランタ・ブレーブスへトレードで移籍するが、この頃から成績が下降し、2002年には25試合の出場に終わった。

2003年にオリオールズに復帰し、3シーズンプレーして、2005年限りで現役を引退した。

2007年にオリオールズの殿堂入りを果たした[6]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1987 MIL 115 445 395 50 118 22 3 7 167 68 11 10 5 9 36 1 0 30 13 .299 .350 .423 .773
1988 139 541 493 47 121 21 0 5 157 38 21 6 11 3 31 9 3 49 12 .245 .292 .318 .610
1989 126 477 436 42 108 17 4 5 148 55 14 12 3 10 25 1 3 29 8 .248 .287 .339 .626
1990 135 530 474 55 131 21 4 6 178 59 18 7 7 7 41 5 1 37 8 .276 .331 .376 .707
1991 143 553 505 57 146 19 4 5 188 68 5 8 13 9 26 2 0 33 21 .289 .319 .372 .691
1992 139 543 480 63 121 19 1 4 154 62 14 8 5 10 46 8 2 41 9 .252 .314 .321 .635
1993 148 599 552 66 151 38 3 7 216 79 12 9 4 5 36 5 2 47 9 .274 .318 .391 .709
1994 40 154 134 20 35 11 2 5 65 22 0 1 2 2 16 0 0 14 5 .261 .336 .485 .821
1995 117 462 415 72 133 26 3 13 204 73 7 3 2 4 37 4 4 43 7 .320 .378 .492 .870
1996 BAL 143 590 537 74 157 27 6 21 259 82 0 1 2 1 47 8 3 79 7 .292 .352 .482 .834
1997 147 595 528 80 150 30 4 18 242 88 1 1 3 10 49 14 5 60 7 .284 .345 .458 .803
1998 162 634 573 79 160 34 1 22 262 92 9 7 1 10 49 9 1 81 13 .279 .332 .457 .789
1999 162 727 673 104 207 38 1 28 331 107 5 1 1 8 43 1 2 78 15 .308 .347 .492 .839
2000 103 444 411 56 120 27 0 13 186 57 7 2 1 1 29 3 2 46 5 .292 .341 .453 .794
ATL 44 143 128 13 37 9 2 1 53 11 3 0 1 1 12 0 1 12 5 .289 .352 .414 .766
'00計 147 587 539 69 157 36 2 14 239 68 10 2 2 2 41 3 3 58 10 .291 .344 .443 .787
2001 141 531 484 68 131 33 1 10 196 58 9 3 1 7 38 5 1 48 5 .271 .321 .405 .726
2002 25 85 75 5 22 5 0 0 27 9 1 3 1 0 9 0 0 5 1 .293 .369 .360 .729
2003 BAL 93 354 319 32 94 20 0 5 129 41 2 2 3 2 29 3 1 29 4 .295 .353 .404 .757
2004 100 378 343 49 106 12 1 8 144 50 2 0 3 1 30 2 1 46 9 .309 .365 .420 .785
2005 91 321 303 30 78 11 2 5 108 34 0 0 2 4 11 1 1 32 6 .257 .282 .356 .638
MLB:19年 2313 9106 8258 1062 2326 440 42 188 3414 1153 141 84 71 104 640 81 33 839 169 .282 .332 .413 .745
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



捕手(C) 一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS) 中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)










































































































1987 MIL 98 645 49 11 10 .984 9 102 66 36 .353 1 1 1 0 0 1.000 - 10 2 6 0 2 1.000 - - - -
1988 106 525 42 6 2 .990 8 84 57 27 .321 2 1 0 1 0 .500 - 31 23 52 1 1 .987 1 1 0 0 0 1.000 - 1 0 0 0 0 ---- -
1989 106 526 51 9 6 .985 10 109 81 28 .257 - - 6 4 7 1 1 .917 - - - -
1990 125 615 53 10 10 .985 5 120 89 31 .258 - - 11 4 9 2 1 .867 - - - -
1991 127 660 68 4 11 .995 11 121 86 35 .289 - 1 0 0 0 0 ---- 5 3 3 0 0 1.000 - 1 2 0 0 0 1.000 - 1 0 0 0 0 ----
1992 109 546 59 6 7 .990 5 97 58 39 .402 17 143 13 0 18 1.000 - 3 1 2 0 0 1.000 - 1 0 0 0 0 ---- 5 9 0 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ----
1993 3 9 0 0 0 1.000 0 1 0 1 1.000 8 28 2 0 2 1.000 - 121 101 216 17 19 .949 - - 12 17 1 1 0 .947 14 20 1 0 0 1.000
1994 12 34 3 0 0 1.000 0 12 10 2 .167 8 72 9 0 11 1.000 - 18 8 16 2 0 .923 - - - 3 7 1 2 1 .800
1995 18 57 6 1 0 .984 8 11 11 0 .000 55 348 29 3 45 .992 - - - 3 6 0 0 0 1.000 54 105 8 1 1 .991 9 13 1 0 0 1.000
1996 BAL - 2 11 2 0 0 1.000 - 106 80 175 14 22 .948 - - 27 47 1 1 0 .980 -
1997 - 3 21 3 0 4 1.000 - 3 0 2 0 1 1.000 - - 133 249 11 2 3 .992 -
1998 - 1 2 0 0 0 1.000 - - - - 157 257 12 3 2 .989 -
1999 - - - 2 1 5 0 0 1.000 - - 148 282 16 0 5 1.000 -
2000 - - - - - - 102 224 5 3 1 .987 -
ATL - - - - - - 32 50 1 0 0 1.000 -
'00計 - - - - - - 134 274 6 3 1 .989 -
2001 - - - - - - 129 200 8 3 0 .986 -
2002 - 11 72 7 0 12 1.000 - - - - - 9 27 2 0 0 1.000
2003 BAL - 22 157 11 1 14 .994 - - - - 24 41 0 1 0 .976 3 4 0 0 0 1.000
2004 - 10 46 4 0 6 1.000 - - - - 34 69 0 1 0 .986 38 64 3 1 2 .985
2005 - 18 116 8 1 14 .992 - - - - 46 76 3 0 0 1.000 16 33 0 1 0 .971
通算 704 3617 331 47 46 .988 56 657 458 199 .303 158 1018 89 6 126 .995 1 0 0 0 0 ---- 316 227 493 37 47 .951 1 1 0 0 0 1.000 5 8 0 0 0 1.000 904 1626 66 16 12 .991 94 168 8 4 3 .978
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 5(1987年 - 1995年)
  • 17(1996年 - 2000年途中、2003年 - 2005年)
  • 15(2000年途中 - 2002年)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ North Carolina's Colin Moran Earns Freshman Of The Year Honors
  2. ^ 第13回 日米大学野球選手権(2018年10月2日閲覧)
  3. ^ B.J. Surhoff Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月22日閲覧。
  4. ^ 1987 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月22日閲覧。
  5. ^ a b 「30球団マンスリー・リポート ボルチモア・オリオールズ 自身最高の活躍を続けるサーホフ監督も「チーム最高の打者」と絶賛」『月刊メジャー・リーグ』 1999年9月号、ベースボールマガジン社、1999年、雑誌 08625-9、89頁。
  6. ^ B.J. Surhoff elected to Orioles Hall of Fame” (英語). The Official Site of The Baltimore Orioles (2007年5月3日). 2009年3月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集