メインメニューを開く

B.LEAGUE 2016-17とは、2016年9月22日から2017年5月7日まで、日本各地で行われたジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグが運営開催するプロバスケットボールリーグであるB.LEAGUE(Bリーグ)の第1回目のシーズンである。

B.LEAGUE 2016-17
運営法人 JPBL
リーグ B.LEAGUE(Bリーグ)
競技 バスケットボール
期間 2016年9月22日-2017年5月27日
試合数 B1/B2:自地区36試合/他地区24試合
チーム数 B1/B2:18チーム(3地区各6チーム)
        B1        
東地区優勝      栃木ブレックス     (初)
中地区優勝    川崎ブレイブサンダース   (初)
西地区優勝      シーホース三河     (初)
トップシード 川崎ブレイブサンダース
シーズンMVP ニック・ファジーカス(川崎)
 B1 スタッツリーダー
得点王 ニック・ファジーカス(川崎)
アシスト王 宇都直輝(富山)
リバウンド王 ライアン・ロシター(栃木)
ブロック王 ジョシュ・ハレルソン(大阪)
スティール王 広瀬健太(SR渋谷)
3PT成功率 金丸晃輔(三河)
FT成功率 金丸晃輔(三河)
 B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17 
チャンピオン      栃木ブレックス      (初)
準優勝 川崎ブレイブサンダース
FINAL MVP 古川孝敏(栃木)
        B2        
B2東地区優勝    群馬クレインサンダーズ   (初)
B2中地区優勝      西宮ストークス     (初)
B2西地区優勝     島根スサノオマジック    (初)
B2トップシード 島根スサノオマジック
B2シーズンMVP 古野拓巳(熊本)
 B2 スタッツリーダー
得点王 チェハーレス・タプスコット(香川)
アシスト王 古野拓巳(熊本)
リバウンド王 ソロモン・アラビ(FE名古屋)
ブロック王 チュクゥディエベレ・マドゥアバム(鹿児島)
スティール王 古野拓巳(熊本)
3PT成功率 山本エドワード(島根)
プレーオフ
B2優勝      西宮ストークス     (初)
B2準優勝     島根スサノオマジック    (初)
B2 FINAL MVP 道原紀晃(西宮)
昇格/降格
昇格 島根スサノオマジック西宮ストークス (B1)
金沢武士団ライジングゼファーフクオカ (B2)
降格 仙台89ERS秋田ノーザンハピネッツ (B2)
東京エクセレンス鹿児島レブナイズ (B3)
シーズン

目次

概要編集

それまで日本の男子バスケットボールのトップカテゴリとして並立していたナショナル・バスケットボール・リーグ (NBL) と日本プロバスケットボールリーグ(TKbjリーグ)の統合により発足したB.LEAGUEのファーストシーズンである。

レギュレーション編集

B1・B2とも、レギュラーシーズンとポストシーズンにより優勝を争う。

レギュラーシーズンはB1・B2とも18クラブを6クラブ×3地区に分け、毎週末の同一カード・同一会場での2連戦を原則として、自地区のクラブ同士で各クラブ36試合、他地区のクラブ同士で24試合の計60試合を戦い、勝率により順位を決定する。

ポストシーズンは、B1は各地区上位2チーム+ワイルドカード2チームの計8チームによるノックアウトトーナメント「B.LEAGUEチャンピオンシップ」を実施。B2リーグは各地区上位1チーム+ワイルドカード1チームの計4チームによるノックアウトトーナメント「B2プレーオフ」を実施。両ディビジョン間の入れ替えは最大3チーム(自動昇降格2チーム+入れ替え戦)で行われる。

なお1月に国立代々木競技場他首都圏4会場で行われた第92回天皇杯全日本総合選手権大会への出場枠については、B1リーグのうち今シーズン第10節終了時においての各ディビジョン上位4クラブ、合計12クラブ[1]がBリーグ代表として出場する権利が与えられ、それ以外のBリーグ(B3含む)については出場権が付与されなかった。(出場12クラブについては当該項目参照)

参加チーム編集

2016-17シーズン参加チーム

B1編集

地区 チーム名 略称 ホームタウン ホームアリーナ ユニフォームサプライヤー 2015-16所属 備考
東地区 レバンガ北海道 北海道 北海道札幌市 北海きたえーる Mizuno NBL
仙台89ERS 仙台 宮城県仙台市 カメイアリーナ仙台 asics TKbj・東
秋田ノーザンハピネッツ 秋田 秋田県秋田市 CNAアリーナ★あきた UNDER ARMOUR TKbj・東 [2][3]
栃木ブレックス 栃木 栃木県宇都宮市 ブレックスアリーナ宇都宮 UNDER ARMOUR NBL [注 1][5]
千葉ジェッツ 千葉 千葉県船橋市 船橋アリーナ UNDER ARMOUR NBL [6]
アルバルク東京 A東京 東京都渋谷区 国立代々木競技場第二体育館 adidas NBL [注 2]
中地区 サンロッカーズ渋谷 SR渋谷 東京都渋谷区 青山学院記念館 UNDER ARMOUR NBL [注 3][7][8]
横浜ビー・コルセアーズ 横浜 神奈川県横浜市 横浜国際プール SPALDING TKbj・東
川崎ブレイブサンダース 川崎 神奈川県川崎市 川崎市とどろきアリーナ asics NBL [注 4]
新潟アルビレックスBB 新潟 新潟県長岡市 シティホールプラザアオーレ長岡 フープスター・サカイ TKbj・東 [9]
富山グラウジーズ 富山 富山県富山市 富山市総合体育館 IN THE PAINT TKbj・東
三遠ネオフェニックス 三遠 愛知県豊橋市 豊橋市総合体育館 SPALDING TKbj・西 [注 5][10][11]
西地区 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 名古屋D 愛知県名古屋市 愛知県体育館 asics NBL [注 6]
シーホース三河 三河 愛知県刈谷市 ウィングアリーナ刈谷 CONVERSE NBL [注 7]
滋賀レイクスターズ 滋賀 滋賀県大津市 ウカルちゃんアリーナ IN THE PAINT TKbj・西
京都ハンナリーズ 京都 京都府京都市 ハンナリーズアリーナ SPALDING TKbj・西 [12]
大阪エヴェッサ 大阪 大阪府大阪市 府民共済SUPERアリーナ アクラム TKbj・西 [13]
琉球ゴールデンキングス 琉球 沖縄県沖縄市 沖縄市体育館 UNDER ARMOUR TKbj・西 [注 8][16]

B2編集

地区 チーム名 略称 ホームタウン ホームアリーナ ユニフォームサプライヤー 2015-16所属 備考
東地区 青森ワッツ 青森 青森県 マエダアリーナほか Mizuno TKbj・東 [17]
岩手ビッグブルズ 岩手 岩手県盛岡市 岩手県営体育館 Team Five TKbj・東
山形ワイヴァンズ 山形 山形県天童市 山形県総合運動公園総合体育館 オンザコート NBDL [18][19]
福島ファイヤーボンズ 福島 福島県郡山市 郡山総合体育館 ブルファイト TKbj・東
茨城ロボッツ 茨城 茨城県水戸市 水戸市青柳公園市民体育館 バイオレーラ NBL [注 9][20][21]
群馬クレインサンダーズ 群馬 群馬県前橋市 ヤマト市民体育館前橋 MUNTER TKbj・東
中地区 アースフレンズ東京Z 東京Z 東京都大田区 大田区総合体育館 MUNTER NBDL
東京エクセレンス 東京EX 東京都板橋区 板橋区立小豆沢体育館 PENALTY NBDL
信州ブレイブウォリアーズ 信州 長野県千曲市 千曲市戸倉体育館 ブルファイト TKbj・東 [22]
Fイーグルス名古屋 FE名古屋 愛知県名古屋市 名古屋市枇杷島スポーツセンター IN THE PAINT NBDL [注 10][23]
西宮ストークス 西宮 兵庫県西宮市 西宮市立中央体育館 IN THE PAINT NBL [24]
バンビシャス奈良 奈良 奈良県奈良市 ならでんアリーナ アクラム TKbj・西 [25]
西地区 島根スサノオマジック 島根 島根県松江市 松江市総合体育館 IN THE PAINT TKbj・西
広島ドラゴンフライズ 広島 広島県広島市 広島サンプラザホール アップセット NBL
香川ファイブアローズ 香川 香川県高松市 高松市総合体育館 バイオレーラ TKbj・西 [注 11][26]
愛媛オレンジバイキングス 愛媛 愛媛県 松山市総合コミュニティセンターほか ブルファイト TKbj・西 [注 12][27][28][29]
熊本ヴォルターズ 熊本 熊本県熊本市 熊本県立総合体育館 UNDER ARMOUR NBL
鹿児島レブナイズ 鹿児島 鹿児島県鹿児島市 鹿児島アリーナ バイオレーラ NBDL [注 13][30]

開幕戦編集

新たなリーグの開幕に当たって、(公社)ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ (JPBL) は、「革新的」「サプライズ」「エキサイティング」をテーマに、開幕戦を特別なものとすることを決定。他の開幕カードに先駆けて2016年9月22日23日前年のNBLレギュラーシーズン1位のアルバルク東京(元・トヨタ自動車アルバルク)と、前年のTKbjリーグ覇者で最多4度の優勝を誇る琉球ゴールデンキングスとの対戦を、国立代々木競技場第一体育館で行うこととなった[31]

チケットはすべてインターネット扱いで発売され、入場者名がエンボス加工されたブラックカード風の特別仕様となった[32][33]。また、コートは公式戦では世界初となる、50cm四方のLEDディスプレイパネル1680枚を一面に敷き詰め、その上を厚さ1csのポリカーボネート板2枚で覆った「LEDコート」とし、試合中は通常木目調の映像が表示される一方、プレーに応じて文字やCGがディスプレイされるという演出を行った[34]

試合前後・ハーフタイムのエンターテインメントについては、JPBLがソニー・ミュージックエンタテインメント (SME) と「B.LEAGUE エンタテインメントパートナー」契約を締結。開幕戦はPKCZ®がプロデューサーを務め、B.LEAGUE 2016-2017公式アンセム『BREAK THE BORDER』と、ShuuKaRenの歌う開幕戦テーマソング『Take-A-Shot! feat. PKCZ®』を提供。また、ShuuKaRen、PKCZ®、SAMURIZE from EXILE TRIBEがオープニングアクトを務め、ハーフタイムショーも担当した[35]

9132人の大観衆が詰めかけた開幕戦は第1クオーターに新加入SGディアンテ・ギャレットらの活躍でA東京が先行、前半を43-36のA東京7点リードで折り返す[36]。第3クオーターでもリードを広げて64-51の13点差として迎えた[37]が、第4クオーターに入って速攻を次々に決めた琉球が猛追。残り4分の時点で74-69の5点差にまで迫る。しかし残り3分34秒、A東京SG田中大貴が3ポイントシュートを決めて突き放す。残り1分33秒に琉球SF喜多川修平の3ポイントシュートで再度3点差に追いすがるも、残り29秒に放った喜多川の3ポイントシュートがミスとなり、万事休す。A東京が琉球を80-75で下して開幕戦の勝利を飾った。この開幕試合はFNS系列(地上波)とNHK (BS1) が生中継を行った[31]

B.LEAGUE 2016-17レギュラーシーズン 開幕戦 2016年9月22日 18:55  
     アルバルク東京       80  –  75     琉球ゴールデンキングス     レフェリー: 宇田川貴生/片寄達/平原勇次
試合概要
第1QにA東京が先行、前半を43-36の7点リードで折り返す。第3Qでもリードを広げて64-51の13点差として第4Qを迎えたが、琉球が速攻を次々に決め猛追。残り1分33秒に琉球SF喜多川修平の3ポイントで3点差に追いすがるも、残り29秒に放った喜多川の3ポイントがミスとなり、A東京が琉球を80-75で下して開幕戦勝利。
チームリーダー  チームスタッツ   クォーター・スコア   チームスタッツ  チームリーダー
得点14:トロイ・ギレンウォーター
アシスト6:田中大貴
リバウンド13:竹内譲次
スティール3:田中大貴
FG% : 44%
3P% : 36%
リバウンド : 44
アシスト : 17
スティール : 10
TO : 15
PF : 16
1勝0敗
26-19
17-17
21-15
16-24
40.8% : FG%
41.2% : 3P%
45 : リバウンド
10 : アシスト
9 : スティール
20 : TO
16 : PF
0勝1敗
得点16:喜多川修平
アシスト4:ラモント・ハミルトン英語版
リバウンド10:モー・チャーロー英語版
スティール2アンソニー・マクヘンリー
        :ラモント・ハミルトン
国立代々木競技場第一体育館 / 入場者数: 9,132人 / TV:FNS系列(地上波),NHK (BS1) 詳細  

オールスター編集

概要編集

B.LEAGUE 2016-17のオールスターは2017年1月15日に国立代々木競技場第一体育館で開催された。今大会はドラフト会議でメンバーが振り分けられ、ファン投票などでも選手を選出された[38]。また、B.BLACKのマネージャーにはマギー、B.WHITEは安田美沙子が出演した。

メンバー編集

結果編集

B.LEAGUE ALL STAR GAME 2017 2017年1月15日(日) 18:05  
 
MVPの富樫
 ★B.BLACK   117  –  95   ★B.WHITE  レフェリー: 相原 伸康/緒方 崇/増渕 泰久
試合概要
16得点、6アシスト、5リバウンドを記録した千葉富樫勇樹が初代オールスターMVPを獲得した。
チームリーダー  チームスタッツ   クォーター・スコア   チームスタッツ  チームリーダー
得点18:ジャスティン・バーレル
アシスト6:富樫勇樹,田臥勇太
リバウンド12:ジャスティン・バーレル
スティール3ニック・ファジーカス
FG% : 55.8%
3P% : 30.6%
リバウンド : 57
アシスト : 31
TO : 18
PF : 6
1勝0敗
28-16
30- 33
30-23
29-23
41.4% : FG%
20.0% : 3P%
44 : リバウンド
16 : アシスト
14 : TO
4 : PF
0勝1敗
得点27:ディアンテ・ギャレット
アシスト4:五十嵐圭,ディアンテ・ギャレット
リバウンド10:ディアンテ・ギャレット
スティール2張本天傑
国立代々木競技場第一体育館 / 入場者数: 9,567人 / TV:NHKBS1)17:55~20:49、スカパー! スポナビライブ 詳細  

B1 結果編集

レギュラーシーズン編集

B.LEAGUEチャンピオンシップ編集

       B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017
  クォーターファイナル セミファイナル ファイナル
     2017/05/13(土),05/14(日)              2017/05/19(金)~05/22(月)              2017/05/27(土)      
  1     川崎ブレイブサンダース    89 98 -  
8      サンロッカーズ渋谷     75 82 -  
  A     川崎ブレイブサンダース    84 77 26  
 QF  1 トッケイセキュリティ平塚総合体育館
  B       アルバルク東京      76 78 18  
4       アルバルク東京      90 83 -
  5      三遠ネオフェニックス     75 74 -      SF  A 川崎市とどろきアリーナ
   QF  4 国立代々木競技場第二体育館         川崎ブレイブサンダース    79  準優勝  -
        栃木ブレックス      85  チャンピオン  -
  3       シーホース三河      76 81 -      FINAL  国立代々木競技場第一体育館
6     琉球ゴールデンキングス     72 75 -  
C       栃木ブレックス      83 63 14
 QF  3 ウィングアリーナ刈谷
  D       シーホース三河      68 65 12  
2       栃木ブレックス      80 77 -
  7        千葉ジェッツ       73 70 -      SF  C ブレックスアリーナ宇都宮
   QF  2 ブレックスアリーナ宇都宮

ファイナル編集

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP FINAL GAME 2017 2017年5月27日(土) 15:10   
   川崎ブレイブサンダース     79  –  85       栃木ブレックス      レフェリー: 宇田川貴生/片寄達/加藤誉樹
チームリーダー  チームスタッツ   クォーター・スコア   チームスタッツ  チームリーダー
得点23:ニック・ファジーカス
アシスト4:辻直人
リバウンド11:ニック・ファジーカス
スティール2ジュフ磨々道
FG% : .309
3P% : .133
リバウンド : 32
アシスト : 10
TO : 6
PF : 17
 準優勝 
21-21
16-22
26-16
16-26
.346 : FG%
.238 : 3P%
44 : リバウンド
19 : アシスト
9 : TO
20 : PF
初代 CHAMPION 
得点25:ジェフ・ギブス
アシスト8:ライアン・ロシター
リバウンド16:ライアン・ロシター
スティール2ジェフ・ギブス
国立代々木競技場第一体育館 / 入場者数: 10.144人 / TV:BS:NHKBS1)、地上波:フジテレビ、CS:スカパー! スポナビライブ BOX SCORE  

詳細成績編集

B1リーグ  2016-17シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# チーム リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 川崎ブレイブサンダース B1  地区1  49 11 (.817) 0(0) 23-7(.767) 26-4(.867) 30-6(.833) 19-5(.792) 5057 4507 550 1  準優勝  北卓也 [39]
2 栃木ブレックス B1  地区1  46 14 (.767) 3(0) 21-9(.700) 25-5(.833) 27-9(.750) 19-5(.792) 4829 4190 639 2  チャンピオン  トーマス・ウィスマン [40]
3 シーホース三河 B1 西  地区1  46 14 (.767) 3(0) 22-8(.733) 24-6(.800) 28-8(.778) 18-6(.750) 4936 4445 491 3  SF 敗退 鈴木貴美一 [41]
4 アルバルク東京 B1  2  44 16 (.733) 5(0) 20-10(.667) 24-6(.800) 25-11(.694) 19-5(.792) 4884 4408 476 4  SF 敗退 伊藤拓摩 [42]
5 千葉ジェッツ B1  3  44 16 (.733) 5(0) 21-9(.700) 23-7(.767) 26-10(.722) 18-6(.750) 4935 4455 480 5  QF 敗退 大野篤史 [43]
6 三遠ネオフェニックス B1  2  33 27 (.550) 16(0) 18-12(.600) 15-15(.500) 22-13(.629) 11-14(.440) 4581 4527 54 6  QF 敗退 藤田弘輝 [44]
7 サンロッカーズ渋谷 B1  3  32 28 (.533) 17(0) 16-14(.533) 16-14(.533) 22-14(.611) 10-14(.417) 4488 4395 93 7  QF 敗退 BT・テーブス [45]
8 琉球ゴールデンキングス B1 西  2  29 31 (.483) 20(0) 15-15(.500) 14-16(.467) 18-18(.500) 11-13(.458) 4536 4622 -86 8  QF 敗退 伊佐勉 [46]

9 大阪エヴェッサ B1 西 3 28 32 (.467) 21(-) 15-15(.500) 13-17(.433) 17-19(.472) 11-13(.458) 4466 4590 -124 9 桶谷大 [47]
10 新潟アルビレックスBB B1 4 27 33 (.450) 22(-) 12-16(.429) 15-17(.469) 17-19(.472) 10-14(.417) 4670 4864 -194 10 庄司和広
11 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ B1 西 5 27 33 (.450) 23(-) 15-15(.500) 12-18(.400) 15-15(.500) 12-18(.400) 4639 4629 10 11 レジー・ゲーリー
12 京都ハンナリーズ B1 西 4 25 35 (.417) 23(-) 13-17(.433) 12-18(.400) 13-17(.433) 12-18(.400) 4487 4622 -135 12 浜口炎
13 レバンガ北海道 B1 4 23 37 (.383) 26(-) 12-15(.444) 11-22(.333) 10-26(.278) 13-11(.542) 4347 4652 -305 13 水野宏太
14 滋賀レイクスターズ B1 西 6 21 39 (.350) 28(-) 11-19(.367) 10-20(.333) 16-20(.444) 5-19(.208) 4468 4740 -272 14 遠山向人

15 富山グラウジーズ B1 5 18 42 (.300) 31(-) 8-21(.276) 10-21(.323) 9-27(.250) 9-15(.375) 4472 4825 -353 15  残留  ボブ・ナッシュ
16 秋田ノーザンハピネッツ B1 5 18 42 (.300) 31(-) 8-20(.286) 10-22(.313) 11-25(.306) 7-17(.292) 4172 4379 -207 16  自動降格  長谷川誠
17 横浜ビー・コルセアーズ B1 6 16 44 (.267) 33(-) 10-19(.345) 6-25(.194) 8-28(.222) 8-16(.333) 4366 4738 -372 17  入替戦 勝利 残留  青木勇人尺野将太
18 仙台89ERS B1 6 14 46 (.233) 35(-) 7-21(.250) 7-25(.219) 9-27(.250) 5-19(.208) 4052 4786 -734 18  自動降格  間橋健生

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2019年08月1日更新


B1個人スタッツリーダー編集

# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg
1 ニック・ファジーカス(川崎) 27.1 ライアン・ロシター(栃木) 13.3 宇都直輝(富山) 4.3 広瀬健太 (SR渋谷) 2.0
2 ダバンテ・ガードナー (新潟) 21.9 ニック・ファジーカス(川崎) 12.7 桜木ジェイアール(三河) 4.1 マーカス・ダブ(京都) 1.8
3 ジュリアン・マブンガ(滋賀) 19.5 アイザック・バッツ(三河) 11.7 富樫勇樹(千葉) 4.0 マイケル・パーカー(千葉) 1.7
# ブロックショット 3P成功率 FT成功率
選手名 avg 選手名 % 選手名 %
1 ジョシュ・ハレルソン(大阪) 1.9 金丸晃輔 (三河) 42.6 金丸晃輔 (三河) 90.8
2 マイケル・パーカー(千葉) 1.8 石井講祐 (千葉) 41.8 喜多川修平 (琉球) 88.9
3 ダニエル・ミラー(北海道) 1.7 アールティー・グイン (SR渋谷) 41.8 富樫勇樹(千葉) 88.1

年間表彰編集

B2 結果編集

詳細成績編集

B2リーグ  2016-17シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# チーム リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 島根スサノオマジック B2 西  地区1  51 9 (.850) 0(0) 25-5(.833) 26-4(.867) 28-8(.778) 23-1(.958) 4697 3788 909 1  自動昇格  勝久マイケル [52]
2 広島ドラゴンフライズ B2 西  2  46 14 (.767) 5(0) 23-5(.821) 23-9(.719) 26-10(.722) 20-4(.833) 4833 4244 589 2  3位  入替戦 敗退 残留  佐古賢一
3 西宮ストークス B2  地区1  43 17 (.717) 8(0) 19-9(.679) 24-8(.750) 28-8(.778) 15-9(.625) 4757 4339 418 4  自動昇格   B2優勝  天日謙作
4 群馬クレインサンダーズ B2  地区1  40 20 (.667) 11(0) 19-9(.679) 21-11(.656) 27-9(.750) 13-11(.542) 4405 4184 221 6  3決 敗退 平岡富士貴 [53]

5 熊本ヴォルターズ B2 西 3 44 16 (.733) 7(2) 22-8(.733) 22-8(.733) 27-9(.750) 17-7(.708) 4623 4231 392 3 保田尭之
6 ファイティングイーグルス名古屋 B2 2 42 18 (.700) 9(1) 22-8(.733) 20-10(.667) 26-10(.722) 16-8(.667) 4831 4488 343 5 渡邊竜二
7 茨城ロボッツ B2 2 32 28 (.533) 19(8) 13-15(.464) 19-13(.594) 24-12(.667) 8-16(.333) 4653 4473 180 7 岩下桂太
8 福島ファイヤーボンズ B2 3 30 30 (.500) 21(-) 14-14(.500) 16-16(.500) 18-18(.500) 12-12(.500) 4592 4771 -179 8 森山知広
9 愛媛オレンジバイキングス B2 西 4 29 31 (.483) 22(-) 19-11(.633) 10-20(.333) 13-23(.361) 16-8(.667) 4522 4745 -223 9 河合竜児
10 青森ワッツ B2 4 29 31 (.483) 22(-) 16-14(.533) 13-17(.433) 18-18(.500) 11-13(.458) 4543 4534 9 10 佐藤信長
11 アースフレンズ東京Z B2 3 27 33 (.450) 24(-) 15-13(.536) 12-20(.375) 18-18(.500) 9-15(.375) 4342 4414 -72 11 小野秀二
12 山形ワイヴァンズ B2 5 26 34 (.433) 25(-) 12-18(.400) 14-16(.467) 15-21(.417) 11-13(.458) 4161 4348 -187 12 棟方公寿
13 バンビシャス奈良 B2 5 24 36 (.400) 27(-) 11-17(.393) 13-19(.406) 14-22(.389) 10-14(.417) 4684 4802 -118 13 衛藤晃平
14 東京エクセレンス B2 4 22 38 (.367) 29(-) 14-16(.467) 8-22(.267) 13-23(.361) 9-15(.375) 4511 4774 -263 14  ライセンス不交付により降格  早水将希
15 香川ファイブアローズ B2 西 5 19 41 (.317) 32(-) 9-19(.321) 10-22(.313) 10-26(.278) 9-15(.375) 4478 4816 -338 15 ジョー・ナバーロ
16 岩手ビッグブルズ B2 6 15 45 (.250) 36(-) 7-23(.233) 8-22(.267) 6-30(.167) 9-15(.375) 4032 4413 -381 16 上田康徳
17 信州ブレイブウォリアーズ B2 6 14 46 (.233) 37(-) 5-23(.179) 9-23(.281) 5-31(.139) 9-15(.375) 4347 4803 -456 17 小野寺龍太郎

18 鹿児島レブナイズ B2 西 6 7 53 (.117) 44(-) 1-29(.033) 6-24(.200) 4-32(.111) 3-21(.125) 4206 5050 -844 18  ライセンス不交付により降格  鮫島俊秀

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2019年08月1日更新


B2個人スタッツリーダー編集

# 得点 リバウンド アシスト スティール
選手名 PPG 選手名 RPG 選手名 APG 選手名 SPG
1 チェハーレス・タプスコット (香川) 19.5 ソロモン・アラビ (FE名古屋) 13.1 古野拓巳(熊本) 5.1 古野拓巳(熊本) 2.2
2 リック・リカート (茨城) 18.6 リック・リカート(茨城) 12.9 鮫島和人 (鹿児島) 4.7 チェハーレス・タプスコット(香川) 1.8
3 ソロモン・アラビ (FE名古屋) 18.1 ジョシュ・デービス (島根) 11.3 西山達哉 (東京EX) 4.1 神原裕司(熊本) 1.7
# ブロックショット 3P成功率 FT成功率
選手名 BPG 選手名 % 選手名 %
1 チュクゥディエベレ・マドゥアバム(鹿児島) 2.4 山本エドワード (島根) 45.3 [[]](チーム名)  
2 ナイジェル・スパイクス(福島) 1.8 一色翔太 (茨城) 41.3 [[]](チーム名)
3 アブドゥーラ・クウソー(群馬) 1.8 小松秀平 (奈良) 40.3 [[]](チーム名)

観客動員編集

B1 2016 - 2017編集

チーム 平均 通算 最大 最小
レバンガ北海道 2796 83865 6105 1151
仙台89ers 2419 72568 4789 1305
秋田ノーザンハピネッツ 3058 91734 4457 2004
栃木ブレックス 3356 100672 4058 2468
千葉ジェッツ 4501 135043 7327 2828
アルバルク東京 2483 69533 3258 1606
サンロッカーズ渋谷 2283 68500 4662 1465
川崎ブレイブサンダース 2449 73461 4789 1014
横浜ビー・コルセアーズ 3009 90277 4216 2012
新潟アルビレックスBB 3015 90452 5286 1517
富山グラウジーズ 2481 74418 5545 1497
三遠ネオフェニックス 2347 70395 4498 1161
シーホース三河 2501 75023 4503 1584
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 2706 81192 6013 1067
滋賀レイクスターズ 2148 64434 4123 1460
京都ハンナリーズ 1944 58314 3644 884
大阪エヴェッサ 2766 82966 6297 1466
琉球ゴールデンキングス 3321 99615 3730 2960

B1平均/通算 2754/1482462

B2 2016 - 2017編集

チーム 平均 通算 最大 最小
青森ワッツ 1730 51902 2624 1317
岩手ビッグブルズ 949 28456 1625 410
山形ワイヴァンズ 1572 47147 2258 1016
福島ファイヤーボンズ 1176 35283 1962 553
群馬クレインサンダーズ 1228 36841 2117 607
茨城ロボッツ 1047 31404 2709 508
東京エクセレンス 828 24825 1508 403
アースフレンズ東京Z 1088 32654 3635 352
信州ブレイブウォリアーズ 1274 38229 3934 647
ファイティングイーグルス名古屋 888 26629 1603 450
西宮ストークス 1081 32426 2300 354
バンビシャス奈良 1087 32612 2032 655
島根スサノオマジック 1501 45015 4011 793
広島ドラゴンフライズ 1861 55818 4508 864
香川ファイブアローズ 755 22645 1633 388
愛媛オレンジバイキングス 789 23656 1528 364
熊本ヴォルターズ 2105 63151 4899 1134
鹿児島レブナイズ 627 18810 1837 223

B2平均/通算 1199/647505

2017-18シーズンライセンス審査結果編集

※印は第2回判定において交付されたクラブ[54]

 B1ライセンス 

  • B1 : ※北海道、仙台、秋田、栃木、千葉、※A東京、※SR渋谷、川崎、横浜、新潟、富山、※三遠、三河、名古屋D、滋賀、京都、大阪、琉球
  • B2 : 山形、※福島、茨城、※群馬、西宮、島根、広島、熊本

 B2ライセンス 

  • B2 : 青森、岩手、※東京Z、信州、※FE名古屋、※奈良、愛媛、※香川
  • 準加盟 : 埼玉、※金沢、フクオカ

ライセンス不交付

  • B2 : 東京EX、鹿児島
    上記2クラブは2016-17シーズンの成績にかかわらず、2017-18シーズンはB3以下への降格が決定。このうち東京EXはBリーグ準加盟としての参加が認められたが、鹿児島については財政問題が解決していないため、準加盟としてのB3参加は未定となっている[55]。この結果により、2017-18シーズンもB2は18チームで行う方針であることから、B2・B3入れ替え戦の開催は中止となり、B3の準加盟、なおかつB2ライセンスを保有する3クラブのうち、2016-17シーズンのB3成績上位2クラブを2017-18シーズンのB2参加に推薦(昇格権利)させることになった。最終的に、B2ライセンスを取得しB3リーグで優勝したライジングゼファーフクオカと同準優勝の金沢武士団が昇格した[56]

関連項目編集

脚注編集

注記編集

  1. ^ 1部参入条件を満たすアリーナは2018年中の竣工を目指して着工する予定としている[4]
  2. ^ 2015-16シーズンはトヨタ自動車アルバルク東京として参加。
  3. ^ 2015-16シーズンは日立サンロッカーズ東京として参加。
  4. ^ 2015-16シーズンは東芝ブレイブサンダース神奈川として参加。
  5. ^ 2015-16シーズンは浜松・東三河フェニックスとして参加。
  6. ^ 2015-16シーズンは三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋として参加。
  7. ^ 2015-16シーズンはアイシンシーホース三河として参加。
  8. ^ 1部参入条件を満たすアリーナはコザ運動公園内に、2019年度中の竣工を目指して建設する予定としている[14][15]
  9. ^ 2015-16シーズンはサイバーダインつくばロボッツとして参加。
  10. ^ 2015-16シーズンは豊田通商ファイティングイーグルス名古屋として参加。
  11. ^ 2015-16シーズンは高松ファイブアローズとして参加。
  12. ^ 2015-16シーズンは大分・愛媛ヒートデビルズとして参加。
  13. ^ 2015-16シーズンはレノヴァ鹿児島として参加。
  14. ^ a b 本来のレギュレーションであれば、B2の総合最下位(この場合は鹿児島)と、B3の総合1位(フクオカ)が入れ替え戦を行う予定だったが、東京EX、鹿児島がB2ライセンス未充足による不交付が決定したことや、2017-18シーズンもB2を18チームで行う意向を踏まえ、入れ替え戦は行わず、B3から2チームが自動昇格となった。

出典編集

  1. ^ 目指せ日本一!「第92回天皇杯全日本総合バスケットボール選手権大会」(オールジャパン2017)のBリーグ出場クラブ決定方法が決まる(SPORTS BULL)
  2. ^ 秋田ノーザンハピネッツ "新リーグ1部"決定!!
  3. ^ “<bj秋田>仮設席でアリーナ問題解消”. 河北新報. (2015年7月20日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150720_44006.html 
  4. ^ “【とちぎ解剖】リンク栃木、新リーグへ正念場 V逸も成績アップ、観客動員増”. 産経新聞. (2015年5月25日). http://www.sankei.com/region/news/150525/rgn1505250038-n1.html 
  5. ^ ホームタウン 宇都宮
  6. ^ ホームタウン協定調印式及び川淵チェアマン来訪のご報告
  7. ^ サンロッカーズ渋谷のホームアリーナが青山学院記念館に決定
  8. ^ “日立、スポーツ分野で青学大・渋谷区と提携”. 日本経済新聞. (2016年5月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ31HWM_R30C16A5TJC000/ 
  9. ^ 新リーグ1部参入決定のご報告
  10. ^ 浜松・東三河フェニックス JPBL1部リーグ参入、ホームアリーナ決定のお知らせ
  11. ^ 新クラブ名決定のお知らせ
  12. ^ 1部リーグ所属決定のお知らせ
  13. ^ 【新リーグJPBL】1部所属決定
  14. ^ “キングスのホーム、沖縄市 桑江市長「ここで日本一に」”. 琉球新報. (2015年4月28日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242333-storytopic-2.html 
  15. ^ “キングス本拠地が決定 沖縄市の闘牛場にアリーナ建設”. 沖縄タイムス. (2016年5月17日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=168524 
  16. ^ キングス、沖縄市をホームタウンに!
  17. ^ 【お知らせ】Bリーグ 2016-2017シーズン青森ワッツ シーズンスケジュール決定!
  18. ^ 2016-2017シーズン試合日程決定のお知らせ
  19. ^ 山形ワイヴァンズのホームタウン・ホームアリーナについて
  20. ^ “つくば本拠地、来年水戸へ=バスケットBリーグ”. 時事通信. (2015年10月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2015100800919 
  21. ^ “2016年7月1日よりチーム名称変更のご報告” (プレスリリース), (2015年10月8日), http://cyberdyne.tsukubarobots.com/archives/2725 
  22. ^ 2016-2017シーズン ホームアリーナについて
  23. ^ ホームアリーナを 「枇杷島スポーツセンター」に決定 ~2015-2016レギュラーシーズン リーグ戦 前半1位で終了~
  24. ^ ストークスのホームタウンが兵庫県西宮市に決定!クラブ名称を本日より「西宮ストークス」に変更し、クラブロゴも新デザインに!
  25. ^ 新リーグの所属<トップリーグ2部>に決定
  26. ^ B.LEAGUE参戦に当たっての球団名変更に関するお知らせ
  27. ^ “愛媛オレンジバイキングス 正式チームロゴ決定!”. 三福綜合不動産. (2016年5月4日). http://www.3puku.co.jp/oshirase/2477.html 
  28. ^ “男子バスケ新リーグ 愛媛の入会承認”. 愛媛新聞. (2015年6月17日). http://www.ehime-np.co.jp/rensai/tiiki_sports/ren113201506176065.html 
  29. ^ B.LEAGUE2016-17シーズンの試合日程が決定しました
  30. ^ チーム名変更のお知らせ
  31. ^ a b “B.LEAGUE開幕日・対戦カード決定のお知らせ” (プレスリリース), ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ, (2016年5月24日), https://www.bleague.jp/news/20160524.html 2016年9月23日閲覧。 
  32. ^ “B.LEAGUE 開幕戦 チケットデザイン決定 ブラックカード仕様の「カウントダウン・プレミアムチケット」” (プレスリリース), ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ, (2016年6月24日), https://www.bleague.jp/news/3889.html 2016年9月23日閲覧。 
  33. ^ “【バスケット】“ブラックカード戦略”大成功!一見本物のクレカ風チケットを自宅発送”. スポーツ報知. (2016年9月23日). http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20160923-OHT1T50057.html 2016年9月24日閲覧。 
  34. ^ “Bリーグ発進! 世界初LEDパネルコートがド派手演出/バスケ”. (2016年9月22日). http://www.sanspo.com/sports/news/20160922/spo16092205030001-n1.html 2016年9月24日閲覧。 
  35. ^ “B.LEAGUEのエンタテインメントパートナーに 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが決定 〜第一弾としてB.LEAGUE 2016-17 SEASON公式アンセム、開幕戦テーマソングを発表〜” (プレスリリース), ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ, (2016年9月7日), https://www.bleague.jp/news/11448.html 2016年9月23日閲覧。 
  36. ^ “A東京、開幕戦飾る 琉球に80-75”. 産経新聞. (2016年9月22日). http://www.sankei.com/sports/news/160922/spo1609220031-n1.html 2016年9月24日閲覧。 
  37. ^ “バスケBリーグ 開幕戦、A東京が接戦制す”. 毎日新聞. (2016年9月22日). http://mainichi.jp/articles/20160923/k00/00m/050/135000c 2016年9月24日閲覧。 
  38. ^ Bリーグの魅力に溢れたバスケの祭典 初のオールスターは未来を作る一戦にスポナビ(2017年1月16日)2017年1月28日閲覧。
  39. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  40. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  41. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  42. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  43. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  44. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  45. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  46. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  47. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  48. ^ Bリーグ初代MVPが決定! 得点王に輝いた川崎のニック・ファジーカスが受賞”. basketballking.jp (2017年5月30日). 2017年5月31日閲覧。
  49. ^ SR渋谷のベンドラメ礼生、Bリーグ初代新人賞を受賞”. basketballking.jp (2017年5月30日). 2017年5月31日閲覧。
  50. ^ Bリーグベスト5が発表、千葉の富樫勇樹やA東京の田中大貴らが選出”. basketballking.jp (2017年5月30日). 2017年5月31日閲覧。
  51. ^ 「B2・B3 入替戦 2016-17」について”. bleague.jp (2017年4月7日). 2017年4月7日閲覧。
  52. ^ STANDING”. levanga.com (2017年5月7日). 2017年5月9日閲覧。
  53. ^ STANDING”. levanga.com (2017年5月7日). 2017年5月9日閲覧。
  54. ^ 2017-18シーズンB.LEAGUEクラブライセンス判定結果(第2回)について - 2017年4月5日、Bリーグプレスリリース
  55. ^ SR渋谷、福島、群馬らにB1ライセンス交付、B2東京EXはBリーグ準加盟クラブに BASKETBALL KING
  56. ^ “Bリーグ大河チェアマン「万々歳ではないが成長」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2017年5月10日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1821248.html 2017年5月17日閲覧。 

外部リンク編集