メインメニューを開く

BASEBALL☆GIRLS(ベースボールガールズ)は、2011年結成の日本女性音楽グループ
通称はベスガ。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。所属事務所はトゥーセブンスエンターテイメント

BASEBALL☆GIRLS
別名 ベスガ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2011年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
事務所 トゥーセブンスエンターテイメント
メンバー chelu(ボーカル
NORIPANDA(ボーカル)
DJ AKARI(ボーカル&DJ

目次

概要編集

芝居音楽を融合した新感覚ガールズユニット。FUNKY MONKEY BABYSケツメイシなど多くのアーティストの楽曲を手がけているYANAGIMAN中山稔己がプロデュース。
楽曲は「恋愛」や「夢」「青春」など誰もが想い描く日々の応援歌をテーマとしている。
2013年7月には、ミニアルバムと楽曲をイメージした映画のDVDを1枚にまとめたCDVDを全国発売する。
2014年7月30日にビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。
メンバーはchelu、NORIPANDA、DJ AKARIで結成された2MC+DJ。

メンバー編集

cheluボーカル・リーダー)

NORIPANDAボーカル

DJ AKARIボーカルDJ

沿革編集

2011年6月にプロデューサーでもある中山稔己によってグループ結成。
多くのアーティストを手掛ける平義隆の楽曲提供により活動をスタートさせた。
2012年6月1日に1st Mini Album 「PLAY BALL - 今日この瞬間を作ってくれた全ての人に感謝!! 編 -」を発売し、1ヶ月で1,000枚を販売。
口コミで広がり各ライブがSOLDOUTとなる。 2013年5月18日に1st Single 「ENGINE」を発売、同年7月7日には、1st CDVD「LINEUP- 後悔はひとつもありません!いつだって全力だったから 編 -」を全国発売し、東京、神戸、福岡の3都市凱旋ツアーを決行する。
LINEUPはCDと収録楽曲を映画化したDVDの2枚組でCDVDと題し、その新しい切り口が面白いと話題になる。映画には大石悠馬や永田優希をはじめ、大手プロダクションの俳優が参加している。
2014年7月30日には、YANAGIMANをプロデューサーに迎え、配信限定Album 「CHANCE - 1回の表 決めて魅せます先制点!みんなの力が必要です 編 -」をリリースし、ビクターエンタテインメントよりメジャーデビューした。「負けるもんか」は、第9回IBIF女子野球ワールドカップ宮崎大会の応援歌として発表した。 大人から子供まで楽しめるステージがベスガ流だが、最近は踊れるライブとして子供達が殺到している。
インストアライブでは約250名の子供が、ベスガの人気曲「君へ」が始まると一斉に踊りだした。一緒に踊れる曲として子供達の間で今話題となっている。
また、2015年7月にはフランスで開催されたJAPAN EXPOに出演し「CHANCE - 1回の表 決めて魅せます先制点!みんなの力が必要です 編 -」がiTunesで世界配信となった。

ディスコグラフィ編集

1st Mini Album「PLAYBALL - 今日この瞬間を作ってくれた全ての人に感謝!! 編 -」
2012年6月1日
1st Single「ENGINE」
2013年5月18日
1st CDVD「LINEUP- 後悔はひとつもありません!いつだって全力だったから 編 -」
2013年7月7日【ダイキサウンド】
配信限定 Album「CHANCE - 1回の表 決めて魅せます先制点!みんなの力が必要です 編 -」
2014年7月30日【ビクターエンタテインメント】

脚注編集

外部リンク編集