BGパトゥム・ユナイテッドFC

タイのサッカークラブ

BGパトゥム・ユナイテッドFCสโมสรฟุตบอลบีจี ปทุม ยูไนเต็ด, : BG Pathum United F.C.)は、タイ王国中部、パトゥムターニー県タンヤブリー郡英語版にホームを置くプロサッカークラブ。2018シーズンまでの名称はバンコク・グラスFC: สโมสรฟุตบอลบางกอกกล๊าส, : Bangkok Glass F.C.)。

BGパトゥム・ユナイテッドFC
原語表記 BG Pathum United Football Club
สโมสรฟุตบอลบีจี ปทุม ยูไนเต็ด
愛称 The Rabbits, BGPU
クラブカラー
創設年 2006年
所属リーグ タイ・リーグ1
ホームタウン パトゥムターニー県
ホームスタジアム BGスタジアム
収容人数 13,000
監督 日本の旗 手倉森誠
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
2009スーパーカップ優勝

バンコク・グラス・グループ傘下のBG FC Sport Co.,Ltdがクラブを運営している。

歴史

編集

バンコク・グラスFCは2006年に創設され、タイのサッカーリーグにおいて4部に相当するコー・ロイヤル・カップ(Khǒr Royal Cup)に所属していた。2009年1月にクルン・タイ・バンクFCを買収したことにより、タイ・プレミアリーグに参加できるようになった。2009年のクイーンズカップにはラジ・ヴィティBGFC(Raj-Vithi-BGFC)の名称で参加した。

2009年はタイ・プレミアリーグで3位となり、その後、リーグ戦の上位4クラブが出場できるタイ・スーパーカップの第1回大会に優勝した。招待チームとして参加したシンガポールカップでは準優勝した。

2014年、タイFAカップで初優勝を果たす。2018年には移籍金3000万バーツ(約1億400万円)でMFティティパン・プアンチャンを、5月にはMFタナブーン・ケサラットタイ代表選手を相次いで補強。マリオ・ジュロヴスキーらも補強しリーグカップでは準優勝の成績を残したものの、リーグ戦は14位となりタイ・リーグ2降格となった[1]。長年チームを支えた元オーストラリア代表マット・スミス英語版らが退団。

2019年シーズンより、クラブ名をBGパトゥム・ユナイテッドFCに変更[2]2019年シーズンは圧倒的な強さでT2を優勝し、T1昇格を決めた。ベテランFWスラチャート・サーリーピム英語版がタイ代表に選出されるなど、充実の一年を送る。

2020-2021シーズン、クラブ史上初めて1部リーグ優勝を達成。ACLでは初めてベスト16に進出。

2022年、ACLで初めてベスト8に進出し、クラブ史上最高記録を2年連続で更新。

2021-2022シーズン、リーグ戦を勝ち点60の2位で終えた。

セレッソ大阪との提携

編集

2012年3月29日、Jリーグセレッソ大阪とパートナーシップを締結[3]。また、2015年9月14日にはC大阪のメインスポンサーでもあるヤンマーともパートナーシップ契約を締結した[4]。両クラブの交流は2014年にC大阪から茂庭照幸が移籍してプレーした(翌年C大阪に復帰)ほか、これまでにチャウワット・ヴィラチャードポンラヴィチュ・チャンタワォングタワン・コタラスポーがC大阪に期限付き移籍している。

2023年には、2021年までセレッソの主力選手だった丸橋祐介が期限付きで加入。

タイトル

編集

国内タイトル

編集

過去の成績

編集
リーグ、カップ戦優勝 リーグ、カップ戦準優勝 リーグ3位、カップ戦ベスト4
年度 所属 順位 FAカップ リーグカップ コー・ロイヤルカップ 他公式戦
2009 プレミア 3位 30 56 16 8 6 45 31 ベスト8 - - シンガポール杯
準優勝
2010 5位 30 45 12 9 9 48 38 3回戦 ベスト8 シンガポール杯
優勝
2011 5位 30 53 15 8 11 55 41 4回戦 2回戦 -
2012 8位 34 45 10 15 9 53 39 ベスト4 ベスト4
2013 5位 32 50 14 8 10 40 31 準優勝 1回戦
2014 10位 38 49 14 7 17 70 65 優勝 ベスト8
2015 6位 34 56 15 11 8 47 38 4回戦 3回戦 準優勝 ACL プレーオフ
2016 3位 31 57 18 3 10 62 41 2回戦 2回戦 - -
2017 T1 5位 34 56 16 8 10 63 44 3回戦 1回戦
2018 14位 34 42 11 9 14 55 46 2回戦 準優勝
2019 T2 優勝 34 78 24 4 6 76 27 2回戦 ベスト8
2020-21 T1 優勝 30 77 24 5 1 54 13 2回戦 -
2021-22 T1 2位 30 17 9 4 52 27 60 ベスト8 ベスト8 優勝 ラウンド16

アジアでの成績

編集
年度 大会 ラウンド 対戦クラブ ホーム アウェー 合計
2009 シンガポール・カップ ラウンド16   ウッドランド・ウェリントン 1-0
準々決勝   プノンペン・クラウン 3-3 2-1 5-4
準決勝   TTMサムットサーコーン 3-4 6-0 9-4
決勝   ゲイラン・ユナイテッド 0-1
2010 シンガポール・カップ ラウンド16   シンガポール・アームド・フォーシズ 5-3
準々決勝   サウス・メルボルン 3-3 3-1 6-4
準決勝   エトワール 1-1 2-0 3-1
決勝   タンピネス・ローバース 1-0
2015 AFCチャンピオンズリーグ 予選2回戦   ジョホール・ダルル・タクジム 3-0
プレーオフラウンド   北京国安 0-3
2021 AFCチャンピオンズリーグ グループF   カヤ・イロイロ 4-1 1-0 2位
  蔚山現代 0-2 0-2
  ベトテル 2-0 3-1
ラウンド16   全北現代モータース 1-1 (延長) 1-1 (PK戦 2-4)
2022 AFCチャンピオンズリーグ グループG   メルボルン・シティ 1-1 0-0 1位
  全南ドラゴンズ 0-0 2-0
  ユナイテッド・シティ 5-0 3-1
ラウンド16   傑志 4-0 4-0
準々決勝   浦和レッズ 0-4 0-4

現所属メンバー

編集

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   チャチャイ・ブップロム英語版
3 DF   Shinnaphat Leeaoh
4 MF   チャウワット・ヴィラチャード
5 DF   ヴィクトル・カルドゾ英語版
6 MF   サーラット・ユーイェン
8 MF   ティティパン・プアンチャン
9 FW   スラチャート・サーリーピム英語版  
10 FW   ティーラシン・デーンダー
11 DF   サハラット・ポンスワン英語版
14 FW   丸橋祐介
17 DF   イルファン・ファンディ
20 MF   トッティ英語版
21 GK   Rattanachat Neamtaisong
22 DF   Santipharp Channgom
No. Pos. 選手名
23 MF   ピーラポン・ピチッチョーティラット英語版
25 GK   Fahas Bilanglod
34 MF   Somyos Pongsuwan
35 FW   シロー・チャットーン英語版
36 DF   スワナパット・キンケーオ英語版
40 MF   Jakkapong Pholmat
43 DF   Chaiyapruek Chirachin
71 DF   アルバロ・シルバ英語版
71 FW   ノーシャールル・イドラン・タラハ
99 FW   イクサン・ファンディ

※星印は外国人選手を示す。

監督
  •   手倉森誠

ローン移籍

編集
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF   ピヤチャノック・ダリット英語版
-- MF   ポンラヴィチュ・チャンタワォング
FW   タワン・コタラスポー (セレッソ大阪)
GK   ナリット・タウィークル英語版 (コーンケンFC)
MF   Ronnayod Mingmitwan (コーンケンFC)
GK   コラパット・ナーリーチャン英語版 (チエンマイFC)
DF   アピシット・ソラダ英語版 (チエンマイFC)
DF   チャルムサック・アッキー英語版 (チエンマイFC)
DF   Tanin Kiatlerttham (チエンマイFC)
No. Pos. 選手名
MF   アッタウィット・スーチューアイ英語版 (チエンマイFC)
MF   ナッタチャイ・スリスワン英語版 (チエンマイFC)
MF   シワコーン・サンウォン英語版 (チエンマイFC)
MF   Tassanapong Muaddarak (チエンマイFC)
FW   Nattawut Namthip (チエンマイFC)
FW   Samroeng Hanchiaw (チエンマイFC)

歴代監督

編集

歴代所属選手

編集

脚注

編集

外部リンク

編集