メインメニューを開く

BIG NEWS SHOW いま世界は(ビッグニュースショー・いませかいは)はテレビ朝日系列で放送された報道番組

BIG NEWS SHOW いま世界は
ジャンル 報道番組
出演者 内田忠男
轡田隆史
安藤優子
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年4月 - 1983年3月
放送時間 放送時間を参照
放送分 50分

目次

概要編集

1980年代に入り、民放キー局は夜の最終版ニュース番組の番組構成を、それまでのストレートニュース形式から、ワイドニュース形式の番組の編成を敷いて行った。テレビ朝日は、1980年4月、『ANNニュースファイナル』に引き続く形で、にこの番組を編成。番組の大きな目玉として、ニューヨーク東京を2元生中継で、世界の世相をリアルタイム、かつジャーナリスティックに伝えていくという演出を取り入れた。この演出について、『60 Minutes』(CBS)を番組構成をのベースとして手本だとされている[1]

また、ニュースキャスターとして長くフジテレビで出演していた安藤が、上智大在学中、テレビ朝日のプロデューサーにスカウトされた事をきっかけとして、初めて出演した番組であり[2]、2015年4月現在、テレビ朝日の代表取締役会長CEOである早河洋が、ディレクターを務めていた。

この間、1982年4月21日にテレビ朝日がCNNとニュースソース交換等の業務協定に調印[3]、1983年3月に番組が終了。 『TVスクープ』放送を経て、1985年10月から開始された『ニュースステーション』でも、この番組の内容を踏襲し、内田によるニューヨークレポートや、安藤もごく初期のころ、CNN国際ニュースを担当する等していた[4]

また、2010年10月から2017年9月まで、このコンセプトをほぼ流用した『いま世界は』(BS朝日)という、ワイド報道・情報番組を放送していた。

放送時間編集

  • 金曜 23:20 - 24:10(1980年4月 - 1980年9月)
  • 金曜 23:15 - 24:05(1980年10月 - 1982年3月)
  • 金曜 23:00 - 23:50(1982年4月 - 1983年3月)

出演者編集

キャスター編集

脚注編集

関連項目編集