メインメニューを開く

BIM(ビー・アイ・エム)こと Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)[1]は、建物のライフサイクルにおいてそのデータを構築管理するための工程である[2]。典型的には、3次元のリアルタイムでダイナミックなモデリングソフトウェアを使用して建物設計および建設の生産性を向上させる[3]。この工程でBIMデータを作成し、そこには建物形状、空間関係、地理情報、建物部材の数量や特性が含まれる。

BIMの起源編集

1つの説は米国ジョージア工科大学のチャールズ・イーストマン英語版教授が発案したとするものである[4]。この説は「ビルディングインフォメーションモデル」が「ビルディングプロダクトモデル」と基本的に同義であるという見方に基づいており、この言葉は1970年代後半からEastman教授が書籍(Eastman 1999)や報告で頻繁に使用している(「プロダクトモデル」とは、エンジニアリングにおける「データモデル」あるいは「インフォメーションモデル」を指す)。

いずれにせよこの用語は、Jerry Laiserin [5]によって、デジタル形式による情報の変換および相互運用を支援するための建設工程のデジタル表現を指す一般的な名前として認知された、という事で意見は一致している。Laiserin氏[6]などの意見[7]によれば、BIMと同意語の「バーチャルビルディング」をコンセプトとして1987年に開発されたグラフィソフト社のArchiCADが最初とされている。

定義編集

BIMには、形状、数量、建物要素のプロパティ(例えばメーカー情報など)、地理情報など様々な情報が含まれている。BIMは、建設工程および施設管理を含む、建物のライフサイクル全体を表現するために使用される。ユーザーインターフェースとして、3次元モデルで表現されることが多いが、データベースと捕らえると理解しやすい。従って、様々な情報を簡単に抽出することができる。

BIMは、形状だけでなくコストマネジメントプロジェクトマネジメントの分野も絡んでおり、建設工程の大部分を同時に作業する手法を提供しているので、製品開発の分野でのプロダクトライフサイクルマネジメントとの組み合わせで捉えることができる。

BIMは、新しいソフトウェアに移行する程度の変化でなく、従来の建築の定義を一変させ、職種や人員配置、情報の共有や管理の徹底が必要となる。

BIMで用いられる3次元CADツールは、建物を構成する要素を部品化し情報を付加して作成している。このBIMモデルは、これまでの2次元CADで表現していた線の集合体と比べ飛躍的な進化といえる。

支持者の間では、BIMでは、各関係者がBIMモデルに対して作業する間、入手した全ての情報を追加および参照することができるため、意匠から施工、および建物所有者や管理者間のプロジェクト処理で発生する情報の欠落を埋めるために利用できると期待されている。例えば、建物所有者は建物に水漏れがある可能性を発見したとする。実際の建物を調べる代わりに、BIMを利用して現場に蛇口があることを発見することができる。適切なコンピューター能力があれば、過去に検索した蛇口のサイズ、メーカー、型番、その他全ての情報を含めることも可能である。このような問題は、建物災害時における脆弱性の発見に対応するために施設の内容や危険の脆弱性説明を作成する際に、Fernanda Leite氏(テキサス大学オースティン校助教)や他の人が最初に取り組んだ[8]

古い既存の施設においてBIMデータ化をする試みもある。一般的に、施設状態インデックス英語版(FCI; Facility condition index)などの主要な評価基準を取り込んでいる。このモデルの有効性は時間をかけて考察する必要がある。例えば1927年に建設された建物をモデル化するには、設計手法、建築基準法、建設方法、材質など過去に遡った様々な作業が必要となり、現在進行中のプロジェクトでBIM化するより複雑になると想定される。

米国建築家協会では、BIMを「プロジェクト情報データベースに連動したモデル技術」と定義しており、基本的にこれは、データベース技術を基礎。将来的には、仕様など、構造化された文字情報を検索し、地域、全国、および国際基準に関連付けることができるようになる。

モデリングガイドライン編集

モデリングガイドラインは、1つのシステムから別のシステム、1人のユーザーから別のユーザーへと効率的に情報を提供する際に重要な役割を果たす。典型的なモデリングガイドラインでは、特定の変換ファイル形式か、受信側のファイル形式処理機能を定義し、モデルの情報内容を制御する。[9][10]

期待されている可能性編集

BIMは現在、簡単な倉庫から多くの複雑な最新建物まであらゆる形態の建物に関連した事業で利用されているが、BIMによるデザイン手法はまだ発展途上といえる。

BIMでは、意匠設計者、測量技術者、構造設計者から、ゼネコン、施工業者、そして所有者へ、仮想モデルデータを提供し、それぞれの専門分野知識の追加や単一モデルへの変更管理などの可能性を提供する。結果として、プロジェクトの所在が移動するたびに発生する情報の欠落を大幅に削減し、複雑な建物の所有者に現在期待されているよりも大量の情報を納品できるようになると期待されている。

BIMで干渉チェックを行うことで、コンピュータ上で建物部材が干渉している部分を特定したり、建物全体における特定部分の関係をコンピューター上で詳細に再現できるので、意匠設計や施工工程におけるミスや手戻りを大幅に削減されると期待されている。コンピュータやソフトウェアの進歩により大量の建物情報を処理できるようになり、設計や施工段階での効果が得られやすくなっている。これらの事前に削減されるミスにより、プロジェクトに携わるすべての関係者のコスト削減につながっている。

最近の手法であるgbXMLは、BIMに関連した開発の一部であり、グリーンビルディング設計および管理に特化している。

日本における動向編集

日本では様々な試行が行われているが、アメリカやアジアの新興国のように通常業務として普及しているとは言い難い。これは、日本の建築関係者のリテラシーが均一であることが影響しているといわれている。BIMが普及した国の背景には、建築の下流部に携わる労働者のリテラシー(労働者の多数を移民など施工国の母国語に精通していないなどの状況)が影響しているという意見がある。

日本国内に流通している製品は、日本独特の建築工法や法規に十分に対応しておらず、工法や確認申請のテンプレートや部材をユーザー自身が作成しなければならないことも普及を遅らせている。ARCHICAD、Revit、GLOOBEでは、大手のゼネコンや設計事務所・ユーザーグループが作成したテンプレート・部材に依存している状況がある。

日本では独自に発展した建築3次元CADと呼ばれる製品群が存在する。これらの製品は設計思想がBIMとは異なり、データの互換性や流通性に乏しく、メーカーもIFC仕様等への歩み寄りに消極的なため(例:GLOOBEを開発する福井コンピュータアーキテクトは、建築3次元CADとしてARCHITRENDを販売しているが、両ソフト間でIFCデータでの互換性はない)、ユーザーがBIMのメリットを体験する機会を阻害している一因となっている。

BIMソフトウェア編集

3D BIM編集

4D/5D/6D BIM編集

3D BIMに加えて時間軸 (工程管理、4D)、コスト管理 (5D)などを導入したもの。


参考文献編集

  • Eastman, C.M. (1999). Building Product Models: Computer Environments Supporting Design and Construction.. Boca Raton, FL: CRC Press. ISBN 9780849302596. 
  • "Tekla Structures", Lachmi Khemlani, AECbytes Product Review, November 14, 2007[リンク切れ]
  • BIM Japan, vol.1 建設技術革新の現在進行形ーがんばれ、ニッポンの建築。エクスナレッジ, 2008年12月 ISBN 978-4767808376
  • 山梨知彦『業界が一変する BIM建設革命』日本実業出版社、2009年1月。ISBN 978-4-534-04499-0

脚注編集

  1. ^ 光嶋裕介『建築という対話 僕はこうして家をつくる』筑摩書房、2017年、97頁。ISBN 978-4-480-68980-1
  2. ^ Lee, G.,; Sacks,, R.; Eastman, C. M. (2006). “Specifying parametric building object behavior (BOB) for a building information modeling system.”. Automation in Construction, 15 (6): 758-776. ISSN 0926-5805. OCLC 199777506. 
  3. ^ Holness, Gordon V.R. (2008-06). Building Information Modeling Gaining Momentum.. 50. pp. 28-40. ISSN 0001-2491. OCLC 232753285. 
  4. ^ Yessios, C.I. Are We Forgetting Design? AECbytes Viewpoint #10 2004, http://www.aecbytes.com/viewpoint/2004/issue_10.html [リンク切れ]
  5. ^ Laiserin's explanation of why 'BIM' should be an industry standard-term
  6. ^ Graphisoft on BIM
  7. ^ Building Information Modeling Two Years Later –Huge Potential, Some Success and Several Limitations
  8. ^ Leite, F.; Akinci, B.; Garrett, J.; Akin, O. (2009) Representation of Facility Contents and Threats for Supporting Identification of Vulnerabilities in Building Emergencies. In: Proceedings of the 2009 ASCE Computing in Civil Engineering Conference, Austin, TX. ISBN 9780784410523
  9. ^ GSA BIM site
  10. ^ Senate Properties modeling guidelines
  11. ^ Bentley Acquires Synchro Software to Extend Digital Workflows for Infrastructure Project Delivery Through 4D Construction Modeling Bentley Systems 2018年6月20日

外部リンク編集