BMTカナーシー線(BMT Canarsie Line)はニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線で、終端駅のあるブルックリン区のネイバーフッド(カナーシー英語版)から名付けられた。しばしば14丁目-カナーシー線(14th Street - Canarsie Line)とも呼ばれる。終日L系統 が運行されており、ニューヨーク市地下鉄の路線図等ではライトスレートグレーのラインカラーで示されている。

BMTカナーシー線
BMT Canarsie Line
NYCS-bull-trans-L.svg
BMTカナーシー線を通りマンハッタンへ向かう運行系統のラインカラーは、1979年からグレーになっている。
概要
種別 地下鉄
系統 ニューヨーク市地下鉄
起終点 8番街駅
ロッカウェイ・パークウェイ駅
駅数 27駅(廃止:3駅)
1日の乗客数 566,997[1]
運営
開業 1865年-1931年
所有者 ニューヨーク市
運営者 ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ
路線構造 地上線(ウィルソン・アベニュー駅、東105丁目駅およびロッカウェイ・パークウェイ駅)
高架線
地下線(ブロードウェイ・ジャンクション駅以西)
路線諸元
路線数 2
軌間 4 ft 8 12 in (1,435 mm)
電化 直流 600V 第三軌条方式
路線図
BMTカナーシー線
8番街駅
6番街駅
ユニオン・スクエア駅
3番街駅
1番街駅
ベッドフォード・アベニュー駅
ロリマー・ストリート駅
グラハム・アベニュー駅
グランド・ストリート駅
モントローズ・アベニュー駅
モルガン・アベニュー駅
ジェファーソン・ストリート駅
ディカルブ・アベニュー駅
マートル-ワイコフ・アベニュース駅
ホールジー・ストリート駅
ウィルソン・アベニュー駅
ブッシュウィック・アベニュー-アバディーン・ストリート駅
ブロードウェイ・ジャンクション駅
アトランティック・アベニュー駅
サッター・アベニュー駅
リヴォニア・アベニュー駅
旧ロングアイランド鉄道連絡線
ニューロッツ・アベニュー駅
東105丁目駅
カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅
フラットランズ・アベニュー駅(廃止・撤去)
アベニューL駅(廃止・撤去)
カナーシー埠頭駅(廃止・撤去)
テンプレートを表示

カナーシー線はBMTイースタン・ディビジョン英語版の一部で、イースタン・ディストリクト線(Eastern District Line)と呼ばれることもある。.これは旧ブルックリン市にウィリアムズバーグ市が統合された際に、ウィリアムズバーグがブルックリンの東部地区(イースタン・ディストリクト)である、とされたことにちなむ。ウィリアムズバーグはカナーシー線のブルックリン区内地下区間の起点となった場所であり、カナーシーに至る線路が引かれたのは後年のことである。グランド・ストリート駅の近くにあったイースタン・ディストリクト高校は1996年に閉校されるまでこの歴史的な地名を保っていた(現在はグランド・ストリート・エデュケーショナル・キャンパスとなっている)。


運行パターン編集

系統 時間帯 区間
  終日 全区間

チェイニングについて編集

  • カナーシー線のチェイニングはBMT Qである。これは運行されている運転系統(カナーシー線の場合はL系統)とは何の関係もない。
  • カナーシー方面行きの線路がQ1、マンハッタン方面行きの線路がQ2である。
  • BMT Qのチェイニング・ゼロ(起点)はマンハッタンにある8番街駅の西端である。チェイニングのBMT Qとカナーシー線全線は一致しており、Qの文字は他線のチェイニングでは使われない。
  • カナーシー線の路線案内上の北はマンハッタン方面である。このため、実方位では概ね北西から西に対応する。


駅一覧編集

地区
(概略の位置)
  駅名 開業日 乗換・備考
チェルシー   8番街駅 1931年5月30日 A   C   E  IND8番街線
6番街駅 1924年6月30日 1   2   3  IRTブロードウェイ-7番街線14丁目駅
F   <F>  M  IND6番街線14丁目駅
パストレイン14丁目駅
ユニオンスクエア   ユニオン・スクエア駅 1924年6月30日 N   Q   R   W  BMTブロードウェイ線
4   5   6   <6> IRTレキシントン・アベニュー線
イースト・ヴィレッジ 3番街駅 1924年6月30日
1番街駅 1924年6月30日 北行 M15セレクト・バス・サービス
14丁目トンネルイースト川を渡河
ウィリアムズバーグ英語版 ベッドフォード・アベニュー駅 1924年6月30日
ロリマー・ストリート駅 1924年6月30日 G  INDクロスタウン線メトロポリタン・アベニュー駅
グラハム・アベニュー駅 1924年6月30日
グランド・ストリート駅 1924年6月30日
イーストウィリアムズバーグ英語版 モントローズ・アベニュー駅 1924年6月30日
モルガン・アベニュー駅 1928年7月14日
ブッシュウィック英語版 ジェファーソン・ストリート駅 1928年7月14日
ディカルブ・アベニュー駅 1928年7月14日
ブッシュウィック英語版/
リッジウッド英語版
  マートル-ワイコフ・アベニュース駅 1928年7月14日 M  BMTマートル・アベニュー線
開業時はマートル・アベニュー駅
ホールジー・ストリート駅 1928年7月14日
ブッシュウィック英語版 ウィルソン・アベニュー駅 1928年7月14日
ブッシュウィック・アベニュー-アバディーン・ストリート駅 1928年7月14日
イーストニューヨーク英語版/ブロードウェイ・ジャンクション英語版 ブロードウェイ・ジャンクション駅 1928年7月14日 J   Z  BMTジャマイカ線
A   C  INDフルトン・ストリート線
BMTジャマイカ線への連絡線(定期列車なし)
イースト・ニューヨーク車両基地への連絡線
イーストニューヨーク英語版/ブラウンズヴィル英語版 アトランティック・アベニュー駅 1906年7月28日 ロングアイランド鉄道イーストニューヨーク駅英語版
サッター・アベニュー駅 1906年7月28日
リヴォニア・アベニュー駅 1906年7月28日
リンデン工場への連絡線(給電軌条なし、ディーゼル機関車の牽引のみ)
ニューロッツ・アベニュー駅 1906年7月28日 開業時はニューロッツ・ロード駅
B15(JFK空港行)
カナーシー英語版 東105丁目駅 19世紀 地上駅だったが1906年頃に島式ホームの橋上駅に改築された。
カナーシー車両基地への接続線
  カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅 19世紀 地上駅。終端駅として大幅に改築された。
フラットランズ・アベニュー駅(Flatlands Avenue) 線路は放棄、駅舎は解体済み
アベニューL駅(Avenue L) 線路は放棄、駅舎は解体済み
カナーシー埠頭駅(Canarsie Pier) 線路は放棄、駅舎は解体済み

脚注編集

  1. ^ MTA. “Average weekday subway ridership”. 2014年4月2日閲覧。

参考文献編集

  • Celebrate Opening of Subway Link, New York Times July 1, 1924 page 23
  • Celebrate Opening of New B.M.T. Line, New York Times July 15, 1928 page 13
  • Mayor Drives Train in New Subway Link, New York Times May 30, 1931 page 11

外部リンク編集