メインメニューを開く
JR東日本209系電車 > BOSO BICYCLE BASE

BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース、略称:「B.B.BASE」)は、2018年1月6日より運行を開始した東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道車両電車)。ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である[1][2]

BOSO BICYCLE BASE
BosoBicycleBASE RightSideView.jpg
2018年1月7日 館山駅にて撮影
概要
日本の旗 日本
種類 団体列車
現況 運行中
地域 東京都千葉県
前身 209系2200番台 ナハ53編成
運行開始 2018年1月6日
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 両国駅
使用路線 JR東日本:千葉支社管内房総地区全電化区間
技術
車両 209系2200番台 J1編成
幕張車両センター
軌間 1067 mm
電化 直流1,500 V
テンプレートを表示
千葉駅に停車中のB.B.Base

概要編集

千葉県の房総地区ではサイクリング客の需要が高まり、自転車を電車に積んで房総地区に向かう乗客が増えてきた。しかし、通常の電車は法律上、自転車の積載に制限があり、分解もしくは折り畳んだうえで輪行袋に収納して持ち込むものに限られていた。これに対応すべく、2013年からはJR東日本千葉支社がサイクリングイベント「Station Ride in 南房総」を企画。209系のつり棚・つり手に自転車をぶら下げるためのひもを用意して自転車を分解・折りたたみせずに持ち込める団体列車「サイクルトレイン」を運行してきた。しかし、「サイクルトレイン」の人気の高まりの一方で、作業スタッフによる自転車の積み下ろしは停車時間が確保できる駅に限られていた[3]ことから、「サイクルトレイン」に充当するための専用車両として企画されたのが本車両である[4]

列車愛称の「BOSO BICYCLE BASE」とは、

  • BOSO - 「房総」の各地を
  • BICYCLE - 「自転車」で駆け巡るための
  • BASE - 「基地」

を意味し、電車そのものをサイクリングの「基地」にしようというコンセプトを表している[1][2]

車両編集

 
ベースとなった南武線ナハ53編成
2015年12月2日川崎駅
 
京浜東北線時代のウラ24編成
2006年8月29日 東京駅 - 有楽町駅間)
 
座席とサイクルラック
 
ドアと窓が埋められた4号車

209系2200番台の6両編成。

2017年2月にE233系8500番台に置き換えられて運用を終了した、南武線中原電車区所属ナハ53編成6両(1994年東急車輛製造製、元京浜東北線浦和電車区所属ウラ24編成を2009年7月に転用改造)を大宮総合車両センターで再改造したものである。

当該編成は2017年4月12日付で中原電車区から幕張車両センターに転属し、「J1」の編成名が与えられた[5]。同年6月から改造工事が行われ、同年9月28日に竣工した。改造に伴う番台区分等の変更はなく、車両番号も南武線時代のままとなる。

実際の改造作業はJR東日本テクノロジーが中心となって担当。サイクリング用自転車はタイヤが多種に及ぶため、自転車固定ラックの幅などは自転車メーカーと協議の上、決定した[6]。但しロードバイク及びクロスバイク向けに限定しているため、シティサイクルやマウンテンバイク、ミニベロ、リカンベント、3輪型などはラックへの積載は想定されていない。

← 両国
館山・勝浦・銚子・佐原 →
号車 1 2 3 4 5 6
形式及び車両番号
カッコ内は京浜東北線時代
 
クハ209
-2202
(25)

モハ209
-2204
(50)
 
モハ208
-2204
(50)

モハ209
-2203
(49)
 
モハ208
-2203
(49)
 
クハ208
-2202
(24)
搭載機器   VVVF SIV,CP VVVF SIV,CP  
座席定員及び自転車積載台数 20 19 20 フリースペース 20 20

編成全体での座席数と自転車搭載台数は99ずつ。車外の外装に大きな変化はないものの、車体塗色はコンセプトである「基地」をイメージしたグレーを一面に広げ、ロゴ・号車番号・B.B.BASE オリジナル自転車をアクセントにしたデザインが施される。

4号車を除く5両は扉間に4人掛けと2人掛けの大型テーブル付きボックスシート1組ずつを配置し、館山銚子寄り(6号車は両国寄り)の妻部にも2人掛けのシートを配置[7]。座席はリクライニングこそ出来ないが、E5系以降のJR東日本所属新幹線車両と同様、枕部分は上下させる事が可能。テーブルには充電用のコンセントを人数分設置。すべての座席の背後(扉側)に自転車を縦置き出来るサイクルラックを配置する。サイクルラックは自転車積載時に列車特有の揺れに耐えられるほか、緊急停車の際に自転車が倒れないなどといったサイクリストの視点を考慮した設計となっている[8]

2号車は車椅子対応の大型トイレ(真空式)が備えられている関係上、他の車両より定員が1名少なくなっている。

4号車は乗客同士が交流できるフリースペースとし[9]、一部の扉(片側4枚のうち3枚)や窓を埋めたうえで、ロングシートとパイプベンチ、大型トイレ、洗面スペースが設置される。

また、ビンディングシューズ着用のまま乗車できるよう、全車両に滑り止めが施されたゴム床材を採用している[10]

なお、既存の幕張車両センター所属車両(2000番台・2100番台)との併結は行わないため、先頭車への電気連結器自動解結装置の搭載はされず、排障器(スカート)も京浜東北根岸線時代の物から交換せず、塗色の変更のみにとどまる。

なお、洗面化粧台機器はE2系の廃車発生品を流用している。

運行概況編集

2018年1月6日以降、週末に両国駅を発着して房総方面に運行される団体列車「サイクルトレイン」に充当されている。全席が日帰りまたは宿泊付きの旅行商品として発売されている。同年4月からは両国駅に加えて津田沼駅千葉駅からも乗車できるようになった(ただし、津田沼・千葉の各駅から乗車の場合は全区間輪行扱いとなる)[11]

2019年3月2日出発分より途中乗降駅の見直しを行い、津田沼駅・千葉駅から本千葉駅(内房・外房方面)・東千葉駅(銚子・佐原方面)へ変更された[12]

週替わりで4方面に向けて運行される。

運行開始にあたり、両国駅3番線ホームの改修と、改札口を通らず国技館寄りの道路からホームに直結する利用者専用通路の整備を実施。

また2018年3月17日より、両国駅前にてロードバイクやレンタルバイクのレンタルサービス及び修理サービスを開始した[13]

年譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “房総でのサイクリングをより気軽にお楽しみいただける新しい列車の概要について” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道千葉支社, (2017年8月25日), http://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1708_bbbase.pdf 2017年8月25日閲覧。  (PDF)
  2. ^ a b 上新大介 (2018年1月6日). “JR東日本「B.B.BASE」両国駅発着のサイクルトレインがデビュー!”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20180106-568201/ 2018年1月6日閲覧。 
  3. ^ 田口敬文「『B.B.BASE』の取組み サイクルトレイン向け車両の導入」『運転協会誌』、日本鉄道運転協会、2018年4月、2018年6月3日閲覧。
  4. ^ “サイクリストのための電車が誕生 JR東日本「BOSO BICYCLE BASE」”. サンケイスポーツ. (2017年8月25日). http://cyclist.sanspo.com/355467 2017年11月11日閲覧。 
  5. ^ 209系2200番台ナハ53編成が幕張車両センターへ - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 鉄道ニュース、2017年4月13日
  6. ^ 「老朽通勤車両 観光用に/JR東がリノベーション」『日経産業新聞』2018年1月29日(13面)
  7. ^ 座席表について (PDF) B.B.BASE特設サイト(JR東日本千葉支社)、2018年1月7日閲覧。
  8. ^ 電車でGO!BOSOへGO!話題の『B.B.BASE』を楽しんできました!”. スペシャライズド公式ブログ. スペシャライズド (2017年12月19日). 2018年3月18日閲覧。
  9. ^ 自転車乗せて房総へ JR東日本のサイクルトレイン”. ジョルダンニュース. ジョルダン (2017年12月14日). 2018年3月14日閲覧。
  10. ^ サイクリストのため全面改装 自転車専用電車「B.B.BASE」こだわりの車両をチェック”. cyclist. サンケイスポーツ (2017年12月8日). 2018年3月14日閲覧。
  11. ^ “JR東の自転車専用列車、津田沼・千葉も停車 4月”. 日本経済新聞. (2018年2月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27327230T20C18A2L71000/ 2018年3月1日閲覧。 
  12. ^ “B.B.BASE、3月以降の運行予定 千葉市内の発着扱いを変更”. ニュース (レイルラボ). (2019年1月29日). https://raillab.jp/news/article/12226 2019年2月27日閲覧。 
  13. ^ a b 両国駅前にてスポーツバイクレンタルサービスを開始します! (PDF) - JR東日本千葉支社ニュースリリース2018年3月2日
  14. ^ 「Station Ride in 南房総」の開催に合わせサイクルトレインを運転! (PDF) - JR東日本千葉支社ニュースリリース2013年10月18日
  15. ^ 両国駅にあのB.B.BASEが登場!B.B.BASE車両展示イベントのお知らせ (PDF) - JR東日本千葉支社ニュースリリース2017年11月28日
  16. ^ サイクリストの移動基地B.B.BASE始動!!2018年1月6日出発イベントについて (PDF) - JR東日本千葉支社ニュースリリース2017年12月22日
  17. ^ 2018年1月6日B.B.BASE出発イベント来賓決定! (PDF) - JR東日本千葉支社ニュースリリース2017年12月27日
  18. ^ B.B.BASEが群馬県にやってくる!! - 東日本旅客鉄道高崎支社

関連項目編集

外部リンク編集

  • BBBASE - JR東日本千葉支社