BREAK OF DAWN (Do As Infinityのアルバム)

Do As Infinityのアルバム
Do As Infinity > Do As Infinityの作品 > BREAK OF DAWN (Do As Infinityのアルバム)

BREAK OF DAWN』(ブレイク・オブ・ドーン)は、日本ロックバンドDo As Infinity2000年3月23日avex traxから発売した1枚目のオリジナルアルバムである。

BREAK OF DAWN
Do As Infinityスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル avex trax
プロデュース 松浦勝人(プロデュース)
千葉龍平(コ・プロデュース)
亀田誠治(サウンドプロデュースexcept#6,10)
鈴木直人(サウンドプロデュース#6,10)
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン
  • 2000年度年間69位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールドCD日本レコード協会
  • Do As Infinity アルバム 年表
    BREAK OF DAWN
    (2000年)
    NEW WORLD
    2001年
    『BREAK OF DAWN』収録のシングル
    1. Tangerine Dream
      リリース: 1999年9月29日
    2. Heart
      リリース: 1999年12月8日
    3. Oasis
      リリース: 2000年1月26日
    4. Yesterday & Today
      リリース: 2000年2月23日
    テンプレートを表示

    2005年2月16日には紙ジャケット仕様の期間限定生産盤として[1]2008年11月10日にはメジャーデビュー10周年突入を記念してHQCD規格の期間限定生産盤としてそれぞれ再発売された[2]

    内容

    編集

    メジャーデビューから6か月を経て発売された初のアルバム作品。

    今作以降、9thアルバム『TIME MACHINE』まではタイトルが頭文字で繋がるしりとりとなっており、既発シングルの「Tangerine Dream」と「Heart」以外は全て亀田誠治が共同編曲とサウンドプロデュースを務めている。

    初回プレス仕様にはボーナストラックが2曲収録された。

    オリコンチャート初登場3位を獲得。シングル・アルバム通じて初のトップ3入りと年間チャート入りを果たし、日本レコード協会からゴールドディスク認定を受けている。

    収録曲

    編集
    全作詞・作曲: D・A・I
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
    1.BREAK OF DAWND・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    2.Standing on the hillD・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    3.OasisD・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    4.AnotherD・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    5.心の地図D・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    6.HeartD・A・ID・A・ID・A・I
    7.RavenD・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    8.Welcome!D・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    9.PainfulD・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    10.Tangerine DreamD・A・ID・A・ID・A・I
    11.Yesterday & TodayD・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    12.散りゆく夕辺 (Acoustic Version)D・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    13.Oasis (Acoustic Version)D・A・ID・A・ID・A・I、Seiji Kameda
    合計時間:

    解説

    編集
    1. BREAK OF DAWN
      初の全編英語詞からなる今作の表題曲。
    2. Standing on the hill
    3. Oasis
      3rdシングルの表題曲。
    4. Another
    5. 心の地図
      Do The Complete "Great Supporters Selection"』にも収録された。
    6. Heart
      2ndシングルの表題曲。
    7. Raven
      4thシングルのカップリング曲。
    8. Welcome!
      この楽曲で初めて大渡亮が作詞を務めた[注 1]。アルバム収録曲のなかでこの楽曲のみミュージック・ビデオが制作されており、『Do The Best』にレコーディングスタジオライブ音源としても収録された。
    9. Painful
      『Do The Complete "Great Supporters Selection"』にも収録された。
    10. Tangerine Dream
      1stシングルの表題曲。
    11. Yesterday & Today
      4thシングルの表題曲。
    12. 散りゆく夕辺 (Acoustic Version)
      ボーナストラック。2ndシングルのカップリング曲のアコースティックバージョン。
    13. Oasis (Acoustic Version)
      ボーナストラック。3rdシングルの表題曲のアコースティックバージョン。

    参加ミュージシャン

    編集
    Do As Infinity[注 2]
    Support Musician[注 3]

    タイアップ

    編集

    脚注

    編集

    注釈

    編集
    1. ^ Do The A-side』のライナーノーツに記載されている。
    2. ^ 大渡と長尾は担当の明記がクレジットされていなかった。
    3. ^ 誰がどの楽曲で参加しているのかはクレジット表記なし。

    出典

    編集

    外部リンク

    編集