BRESTロシアで開発中の鉛冷却高速炉で、第4世代原子炉に求められる設計基準の達成を目指している。電気出力300MWe の BREST-300 と、同1200MWe の BREST-1200 の設計が進められている。BRESTは、受動安全と閉じた核燃料サイクルの実現を特徴としている[1]

窒化ウラン-プルトニウム燃料を使用する高速増殖炉であり、長寿命放射性廃棄物を燃焼させることができる。冷却材としてが選ばれたのは、沸点が高く、耐放射線性があり、化学的な活性が低く、大気圧下で利用できるからである[2]

BREST-300編集

2016年8月に、トムスク近郊のセヴェルスクにBREST-300-ODを建設することが承認された[3][4]。準備工事は2020年5月に開始され[5]、2021年2月には正式に建設許可が発行された[6]

BREST-300-OD は、BREST-1200 の建設に先立つ実証炉の位置づけである。

技術仕様編集

  • 熱出力:700 MW
  • 電気出力:300MW
  • 鉛冷却材温度:蒸気発生器入口で 505 °C (941 °F)、出口で340 °C (644 °F)
  • ループ数:4
  • 炉心高さ: 1,100ミリメートル (43 in)
  • 燃料装荷量: 20.6ショートトン (18.7 t)
  • 燃料交換周期:5年

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ Design completed for prototype fast reactor, World Nuclear News. 2 September 2014
  2. ^ Lead-Cooled Fast-Neutron Reactor (BREST), IAEA. 2015
  3. ^ Russia Accelerates Efforts to Build Advanced Nuclear Reactors, Powermag. 1 October 2016
  4. ^ Russia notes progress with fast reactor technology, World Nuclear News. 23 August 2016
  5. ^ Preparatory construction for Brest-300 reactor begins in Russia, Nuclear Engineering International. 22 May 2020
  6. ^ Construction licence issued for Russia's BREST reactor”. 世界原子力協会 (2021年2月11日). 2021年2月14日閲覧。

外部リンク編集