BS放送事業者一覧

ウィキメディアの一覧記事

BS放送事業者一覧(ビーエスほうそうじぎょうしゃいちらん)とは、BS放送を行っている衛星基幹放送事業者、あるいは過去にBS放送を行っていた放送事業者委託放送事業者の一覧である。

2011年6月30日に全面改正[1]された放送法の施行に伴い、BS放送(および東経110度CSデジタル放送)は受託国内放送特別衛星放送)から衛星基幹放送に、それに係る放送事業者は委託放送事業者から衛星基幹放送事業者にそれぞれ移行した。

実際の送信業務は基幹放送局提供事業者(旧:受託放送事業者)の放送衛星システム(B-SAT)が一手に引き受けており、以下の放送事業者のうちデジタル放送を行っている放送事業者は例外なくB-SATのクライアントでもある。

放送中の事業者編集

2021年元日時点で、日本におけるテレビジョン放送はその全てがデジタル放送である。拠って以下は全てデジタル放送に関するものである。

前述の通り、全事業者がB-SATのクライアント。

沿革編集

  • 放送開始から2007年9月30日までは、国内放送[2]の放送事業者
  • 2007年10月1日から2009年2月19日までは、放送衛星業務用の周波数を使用する受託国内放送(デジタル放送に限る)及び放送衛星業務用の周波数以外の周波数を使用する受託国内放送(放送衛星業務用の周波数以外の周波数を使用する東経110度人工衛星デジタル放送)[3]の委託放送事業者
  • 2009年2月20日から2011年6月29日までは、受託国内放送(特別衛星放送。デジタル放送を行うものに限る)[4]の委託放送事業者
  • 2011年6月30日からは、衛星基幹放送[5]認定基幹放送事業者
  • 4K・8K放送については、開始当初から衛星基幹放送の認定基幹放送事業者(超高精細度テレビジョン放送に係るもの)[6]

表中「論理チャンネル」はBSデジタルにおける放送チャンネルであり、通常は「BSデジタル○ch」と呼称する。地上波同様、物理送信チャンネルとは異なる。

2K放送事業者一覧編集

論理チャンネルの太字はメインチャンネル、下線はシステムチャンネル。括弧付きは休止中・未使用のチャンネル。

「事業者番号」は1事業者に1つずつ割り当てられた形式的な枠の番号で、全40枠あり、便宜上「0」から「39」とする。論理チャンネルの上2桁「局番号」は事業者番号とサービスを基に定められており、テレビ(00 - 29)は「事業者番号」、ラジオ(30 - 59)は「事業者番号+30」、データ(60 - 99)は「事業者番号+60」となる(ただし、ごく一部例外が存在する)。事業者番号「30」から「39」はデータ放送のみで、単営データ放送局に割り当てられる。

「リモコンキーID」の括弧付きは、メーカー各社独自の実装における割り当て例。これらは正式なリモコンキーIDではないため、機種によって異なる。

事業者番号 リモコンキーID 論理チャンネル 衛星基幹放送事業者 局名 放送開始 備考
テレビジョン放送 ラジオ放送 独立データ放送
10 1,(2) 101,102   700,701,707 日本放送協会 NHK BS1 2011年4月1日[7] NHK-BS
3 103,104 NHK BSプレミアム
14 4 141,142,143,(144) (744,745,746) BS日本 BS日テレ 2000年12月1日 日本テレビ系。
15 5 151,152,153 (753,755,756,757) ビーエス朝日 BS朝日 テレビ朝日系。
16 6 161,162,163,(169) (766),768[8] BS-TBS TBSテレビ系、旧社名:ビーエス・アイ(BS-i)。
768chはGガイド専用放送。
17 7 171,172,173,(179) 777,(778) BSテレビ東京 BSテレ東 テレビ東京系、旧社名:BSジャパン。
データ放送777chでは「STOCK777」を放送。
BS放送事業者で唯一、社名に「テレビ」がつく。
18 8 181,182,183,(188,189) (780,781) ビーエスフジ BSフジ フジテレビ系。
19 9 191 791,792 WOWOW WOWOW プライム 2000年9月1日 2011年10月1日より「デジタルWOWOW」からチャンネル名を変更[9]
192 WOWOW ライブ[9] 2011年10月1日  
193 WOWOW シネマ[9]
20 10 200 800 スター・チャンネル スター・チャンネル1 2000年12月1日 東北新社系。
2007年11月30日までは標準画質(SD、一部480p)の「スターチャンネルBS」として放送。2011年10月1日、「スター・チャンネル ハイビジョン」からチャンネル名を変更[10]
201 スター・チャンネル2[10] 2011年10月1日 同上。
東経110度CSデジタル放送からの移行。
202 スター・チャンネル3[10]
21 11 211   日本BS放送 BS11 2007年12月1日 ビックカメラ系。
22 12 222 ワールド・ハイビジョン・チャンネル TwellV(トゥエルビ) 三井物産系。
23-0 (13) 231 放送大学学園 放送大学BSキャンパスex 2011年10月1日 2018年9月30日までは231 - 233chを用い地上デジタル放送との完全サイマル放送を実施(地上波の局名告知を除く)。
地上波廃局に合わせ常時2チャンネル放送に移行。
232 放送大学BSキャンパスon
531 放送大学ラジオ 2018年9月30日まではFMラジオ放送との完全サイマル放送を実施(地上波の局名告知を除く)。
23-1 (14) 234   グリーンチャンネル 日本中央競馬会系、旧法人名:競馬・農林水産情報衛星通信機構。
23-2 (15) 236 アニマックスブロードキャスト・ジャパン アニマックス ソニー・ピクチャーズ・三井物産系。
東経110度CSデジタル放送からの移行。
24-0 (17) 241 840,(841) スカパー・エンターテイメント BSスカパー! 東経110度CSデジタル放送「スカチャン804」の帯域を返上。データ放送840chでは「スカパー!ガイド」を放送。
24-1 (18) 242   ジェイ・スポーツ J SPORTS 1[11] ジュピターテレコム系。
東経110度CSデジタル放送からの移行。
243 J SPORTS 2[11]
244 J SPORTS 3[11] 2012年3月1日
245 J SPORTS 4[11]
25-0 (19) 251 釣りビジョン BS釣りビジョン ブロードメディア系。
25-1 (20) 252 WOWOWプラス WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・音楽 IMAGICA→WOWOW系、旧社名:IMAGICAティーヴィ、旧チャンネル名:IMAGICA BS[12]
東経110度CSデジタル放送からの移行。
WOWOW傘下に入ったのに伴い2017年10月1日に『シネフィルWOWOW』に変更した後、2020年12月1日に現チャンネル名称に変更。
25-2 (21) 255 日本映画放送 日本映画専門チャンネル フジテレビ系、旧社名:日本映画衛星放送。東経110度CSデジタル放送からの移行。
25-3 (22) 256 ブロードキャスト・サテライト・ディズニー ディズニー・チャンネル ディズニー系。
東経110度CSデジタル放送からの移行。
2020年4月1日、Dlife閉局に伴いメインサービスに昇格。2021年度HD化予定。
32 n/a 929 放送サービス高度化推進協会 エンジニアリングサービス 2000年12月1日 旧法人名:BSデジタル放送推進協会デジタル放送推進協会

4K・8K放送事業者一覧編集

性質上テレビジョン放送(+連動データ放送)のみ、かつ原則として単独チャンネルのため、NHK以外はメインサービス(代表サービス)とサブサービス(付随サービス)の概念もない。また、キー局系BS局は一部時間を除き2Kとサイマル放送。

事業者番号 リモコンキーID 論理チャンネル 偏波面 衛星基幹放送事業者 局名 放送開始 備考
テレビジョン放送
10 1 4K 101 日本放送協会 NHK BS4K 2018年12月1日 4K8KのNHK-BSメインサービス。
2 8K 102 NHK BS8K 世界初・唯一の8K解像度によるテレビジョン放送。
4K8KのNHK-BSサブサービス。
14 4 4K 141 BS日本 BS日テレ4K 2019年9月1日 日本テレビ系。
他社より遅れて放送開始。
15 5 4K 151 ビーエス朝日 BS朝日4K 2018年12月1日 テレビ朝日系。
16 6 4K 161 BS-TBS BS-TBS4K TBSテレビ系。
17 7 4K 171 BSテレビ東京 BSテレ東4K テレビ東京系。
当初は「BSジャパン4K」として開局予定だった。
18 8 4K 181 ビーエスフジ BSフジ4K フジテレビ系。
19 9 4K 191 WOWOW WOWOW 4K 2021年3月1日 視聴には2Kサービスの契約が必須(4K単独契約不可)。
21 11 4K 211 SCサテライト放送 ショップチャンネル4K 2018年12月1日 ジュピターテレコム系。
22 12 4K 221 QVCサテライト 4K QVC 三井物産系[13]
開始時で唯一の常時終日放送チャンネル(メンテナンス時を除く)。

放送を終了した事業者編集

チャンネル、放送事業者名、局名は放送終了時点。

アナログ放送編集

沿革
  • 放送開始から2007年9月30日までは、国内放送[2]の放送事業者
  • 2007年10月1日から2009年2月19日までは、放送衛星業務用の周波数を使用する受託国内放送(デジタル放送以外の放送)及び放送衛星業務用の周波数以外の周波数を使用する受託国内放送(放送衛星業務用の周波数以外の周波数を使用する東経110度人工衛星デジタル放送以外の放送)[3]の委託放送事業者
  • 2009年2月20日から2011年6月29日までは、受託国内放送(特別衛星放送。デジタル放送以外の放送を行うものに限る)[4]の委託放送事業者
  • 2011年6月30日からは、衛星基幹放送[5]の認定基幹放送事業者
  • 2011年7月24日、衛星基幹放送は終了し認定基幹放送事業者の認定も取消し
チャンネル 衛星基幹放送事業者
(旧委託放送事業者、放送事業者)
局名 放送開始 放送終了 備考
テレビジョン放送 PCM音声多重放送
BS-5ch   WOWOW 1991年4月1日[14] 2011年7月24日 デジタル191chとサイマル。
BS-5ch World Independent Networks Japan WINJ 1991年3月30日 2005年3月31日 旧:セント・ギガ→クラブ・コスモ。デジタル333chとサイマル。
BS-7ch    日本放送協会 NHK衛星第1テレビジョン 1989年6月1日[15] 2011年3月31日[7] 旧NHK BS1、デジタル101chとサイマル。
NHK BS1 2011年4月1日[7] 2011年7月24日 デジタル101chとサイマル。
BS-9ch ハイビジョン推進協会 ハイビジョン試験放送 1991年11月25日 1994年11月24日
日本放送協会・日本衛星放送日本テレビ放送網
東京放送フジテレビジョン全国朝日放送
テレビ東京朝日放送
ハイビジョン実用化試験放送 1994年11月25日 2000年11月30日 デジタル115chとサイマル。
日本放送協会 NHKハイビジョン放送 2000年12月1日 2007年9月30日 NHK BShi、デジタル103chとサイマル。
BS-11ch NHK衛星第2テレビジョン 1989年6月1日[16] 2011年3月31日[7] NHK BS2、デジタル102chとサイマル。
NHK BSプレミアム 2011年4月1日[7] 2011年7月24日 デジタル103chとサイマル。

デジタル放送編集

2K放送編集

論理チャンネルの太字はメインチャンネル、斜体字は特別放送局のチャンネル、下線はシステムチャンネル。

ラジオ放送・データ放送のリモコンキーIDは正式なものではないため、機種によって異なる。

放送終了日の(実質)はそのチャンネルの最終放送日で、翌日から放送休止に入りそのまま再開することなく放送を終了したことを、(確定)は休止中のチャンネルが正式に放送を終了した日を示す。

事業者番号 リモコンキーID 論理チャンネル 衛星基幹放送事業者
(旧委託放送事業者)
局名 放送開始 放送終了 備考
テレビジョン放送 ラジオ放送 独立データ放送
0 (ラジオ1)   300,301   ビー・エス・コミュニケーションズ BSラジオNIKKEI 2000年12月1日 2006年3月31日 日経ラジオ社系。
1 (ラジオ2) 316,317,318,319 ミュージックバード BS BIRD 2004年11月30日 エフエム東京系。
2 (ラジオ3) 320,321,322,323 ジェイエフエヌ衛星放送 JFN BS 2005年11月30日 ジャパンエフエムネットワーク(JFNC)系。
3 (ラジオ4) 333 633,636 World Independent Networks Japan WINJ 2006年10月31日(実質)
2007年11月14日(確定)
旧:セント・ギガクラブ・コスモ、旧社:衛星デジタル音楽放送ワイヤービー
2005年3月31日までアナログBS-5ch(PCM音声多重放送)とサイマル。
終了確定日に委託放送事業者の認定取り消し処分が執行。
10 1 101   700,701,707,(708) 日本放送協会 NHK衛星第1テレビジョン 2000年9月1日 2011年3月31日[7] 旧NHK BS1、アナログBS-7chとサイマル。
標準画質(SD)放送。
2 102 NHK衛星第2テレビジョン NHK BS2、アナログBS-11chとサイマル。
標準画質(SD)放送。
3 103,104,(105)[17] NHKデジタル衛星ハイビジョン 2000年12月1日 NHK BShi、2007年9月30日まではアナログBS-9chとサイマル。
11 n/a 115   ハイビジョン推進協会 ハイビジョン実用化試験放送 2000年9月1日 2000年11月30日 BSデジタル本放送開始前の「BSデジタル放送普及のための試験放送」で使用された。本放送開始までアナログBS-9chとサイマル。
14 (ラジオ5)   444,445 BS日本 BS日テレラジオ 2000年12月1日 2005年9月30日 アール・エフ・ラジオ日本制作。
15 (ラジオ6) 455,456 ビーエス朝日 BSAラジオ JFNCと提携[18]
16 (ラジオ7) 461,462 ビーエス・アイ → BS-TBS BS-i RADIO TBSラジオ制作。
n/a 908[19] Gガイド専用放送 2006年8月1日 2011年7月24日 日本BS放送から移管したGガイド専用放送。
デジタル放送完全移行まで768chと同内容で放送。
17 (ラジオ8) 471,472   BSジャパン(現:BSテレビ東京) BSJ RADIO 2000年12月1日 2005年9月30日
18 (ラジオ9) 488 ビーエスフジ LFX488 2006年3月31日 ニッポン放送制作。
(ラジオ10) 489 BSQR489 文化放送制作。
19 (ラジオ11) 491,492 WOWOW WOWOW wave 2005年9月30日
23-3 (16) 238   ビーエスFOX FOXスポーツ&エンターテイメント 2011年10月1日 2020年3月31日 21世紀フォックス→ディズニー系。
2014年2月1日、「FOX bs238」からチャンネル名変更。
25-3 (23) 258 ブロードキャスト・サテライト・ディズニー Dlife 2012年3月17日 ディズニー系。
29 n/a 291 890 デジタル放送推進協会
地デジ難視対策衛星放送
NHK東京総合 2010年3月11日 2015年3月31日 各地上デジタルテレビジョン放送第1チャンネルのSD化映像・音声・字幕を再送信。
BS 29*chが各局の地上D 0*1chに対応する。
292 NHK東京 Eテレ
294 日本テレビ
295 テレビ朝日
296 TBSテレビ
297 テレビ東京
298 フジテレビ
30 (データ1)   900,901,908 メガポート放送 メガポート 2000年12月1日 2005年9月30日 角川書店毎日新聞系。
901chは双方向会員登録用チャンネル。
908chはGガイド専用放送(閉局後、日本BS放送へ引継)。
31 (データ2) 910 ウェザーニューズ[20] ウェザーニュース(WNI・910) 2016年9月30日
33 (データ3) 933,934,935 デジタル・キャスト・インターナショナル Digicas(デジキャス) 2006年3月31日 テレビ朝日・朝日新聞系。
34 (データ4) 940,944,945 日本データ放送 NDBデータ 2005年9月30日 日本テレビ・読売新聞系。
35 (データ5) 951,952,954,955,956 メディアサーブ BS955 2004年11月30日 東芝系。
36 (データ6) 963 日本メディアーク Tivi! 963 2004年12月17日(実質)
2005年11月30日(確定)
時事通信社共同通信社系。
39 n/a 908[19] 日本BS放送 Gガイド専用放送 2005年10月1日 2006年7月31日 メガポート放送から引き継がれたGガイド専用放送。
2006年8月1日にBS-i→BS-TBSへ移管。
(データ7) 997,998,999 ch999 2000年12月1日 2007年9月30日 データ放送の帯域を返上、テレビジョン放送(BS11)に移行。

4K放送編集

事業者番号 リモコンキーID 論理チャンネル 偏波面 衛星基幹放送事業者 局名 放送開始 放送終了 備考
テレビジョン放送
20 10 4K 203 東北新社メディアサービス ザ・シネマ4K 2018年12月1日 2021年4月30日 東北新社系。
法令上における認定チャンネル名は「映画エンタテインメントチャンネル」で、当初はこの名称で開局予定だった。
放送終了の翌5月1日付で衛星基幹放送事業者の認定取り消し処分が執行。黒画面orテロップ表示も含めた最終放送期限は6月30日。

脚注編集

  1. ^ 平成22年法律第65号による改正
  2. ^ a b 放送法全面改正に伴う改正前の放送法施行規則別表第1号「放送の区分」に規定していた。
  3. ^ a b 平成19年総務省令第71号による放送法施行規則別表第1号の改正
  4. ^ a b 平成21年総務省令第7号による放送法施行規則別表第1号の改正
  5. ^ a b 平成23年総務省令第62号により改正された放送法施行規則別表第5号「基幹放送の区分」に規定する。
  6. ^ “BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務等の認定の実施 -超高精細度テレビジョン放送に係る衛星基幹放送業務及び超高精細度テレビジョン放送の試験放送に係る衛星基幹放送業務関連 -” (プレスリリース), 総務省情報流通行政局, (2017年1月24日), https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu11_02000082.html 2019年1月2日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 日本放送協会の委託国内放送業務の廃止の認可及び日本放送協会の委託国内放送業務の認定 総務省 報道資料 2010年12月8日
  8. ^ 768chは2006年8月1日のGガイド移管に伴い放送開始(チャンネル自体は2000年当初から存在)。
  9. ^ a b c 2011年10月“第二の創業”を機にブランドを刷新 新コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。WOWOW」 (PDF) - WOWOW 2011年4月20日
  10. ^ a b c スター・チャンネル 新たなステージへ 10月デジタル放送にて3チャンネルハイビジョン放送開始 - スター・チャンネル 2011年7月6日
  11. ^ a b c d 国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局 J SPORTS 10月1日、いよいよBSへ。BS進出時の新ブランド、商品プラン、編成内容が決定! - ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 2011年7月14日
  12. ^ 「洋画★シネフィル・イマジカ」が、2012年3月にBS放送スタート! 新チャンネル名『IMAGICA BS』 - 2011年7月14日 IMAGICA TV
  13. ^ 運営元のQVCジャパンがQVC UK Holdingsと三井物産の合弁会社であることによる。
  14. ^ サービス放送開始は1990年11月30日
  15. ^ 試験放送開始は1984年5月12日
  16. ^ 試験放送開始は1986年12月25日
  17. ^ 104chは臨時放送用のチャンネルとして使用されていた。
  18. ^ BS朝日、12月開局に向け記者会見を開催、BSディジタル・ラジオはJFNと番組制作で提携 - Tech-On! 2000年10月11日
  19. ^ a b 局番号「90」は本来、事業者番号「30」の事業者に割り当てられるが、事業者番号「30」のメガポート放送の撤退後、Gガイド引継のために枠が日本BS放送へ引き継がれ、その後移管のためBS-i→BS-TBSへ譲渡された。
  20. ^ 2001年11月29日 - 2010年11月30日まではダブリュエックス二十四(ウェザーニューズの子会社)が委託放送事業者。

外部リンク編集