BT-43は、第二次世界大戦期のフィンランドで試作された装甲兵員輸送車である。

BT-43
基礎データ
全長 5.65m
全幅 2.29m
全高 3.0m
重量 11.0t
乗員数 2名、兵員8名
装甲・武装
装甲 車体前面15mm
主武装 非武装
機動力
速度 53km/h
エンジン M-17T 4ストロークV型12気筒水冷ガソリン
400hp
懸架・駆動 クリスティー方式
行動距離 155km
テンプレートを表示

概要編集

1943年3月フィンランド陸軍冬戦争及び継続戦争鹵獲したソビエト連邦BT-7戦車20輌を、装甲兵員輸送車への改造を要求したところ、5月参謀本部は14輌の改造を承認した。11月には試作車が完成した[1]

砲塔を撤去し、床が木製の兵員室を車体上部に設置。兵員室後部に乗降用のドアが設けられた。テストの結果性能不足とされ、量産されず、試作車(車体番号Ps.611-1)も1945年5月には退役した[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “FINNISH ARMY 1918 - 1945: BT-5, BT-7 AND T-50 TANKS”. http://www.jaegerplatoon.net/TANKS5.htm 2017年3月19日閲覧。 
  2. ^ “HENK OF HOLLAND BT-43”. http://henk.fox3000.com/BT.htm 2017年3月19日閲覧。 

関連項目編集