メインメニューを開く

BURN」(バーン)は1997年7月24日に発売されたTHE YELLOW MONKEY13枚目のシングル。発売元はファンハウス

BURN
THE YELLOW MONKEYシングル
初出アルバム『PUNCH DRUNKARD
B面 LOVE LOVE SHOW (English Version)
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ファンハウス
プロデュース 吉井和哉
ゴールドディスク
Platinum disk.png プラチナ (日本レコード協会 1997年8月)
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1997年8月度月間3位(オリコン)
  • 1997年度年間36位(オリコン)
THE YELLOW MONKEY シングル 年表
LOVE LOVE SHOW
1997年
BURN
1997年
球根
(1998年)
ミュージックビデオ
BURN - YouTube
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 11thシングル「楽園」以来となるドラマタイアップとなった。累計90万枚を売り上げ[1][2](オリコンでは66万枚)、自身最大のヒット曲となった。オリコンでは、1997年8月度月間3位、1997年度年間36位となり、いずれも自身最高位を記録している。吉井は、「『BURN』は、デビューしてからのTHE YELLOW MONKEYの頂点」と語っている[3]
  • シングルのジャケットとアーティスト写真はオフィシャルフォトグラファー有賀幹夫の提案により、浜岡砂丘で撮影された[4]
  • 「BURN」リリースから2日後の7月26日、第1回「フジロックフェスティバル」に出演し、8曲目に「BURN」を披露した。
  • 2010年に結成20周年記念企画の一環で発売されたユニクロとのコラボレーションTシャツには、「Burn」の文字がデザインされたものがバリエーションに存在する。

制作背景編集

  • 吉井曰く、「東北とラテンを融合させる楽曲をイメージして、傷付きながらも、前に進んでいく女性をイメージして作った」という[4]。サビの「思い出」の部分が「思いディ」と歌われているが、意図的なものである[5]。また、このサビのメロディーは、吉井が夫婦喧嘩の際に思いついたものである[5]
  • ドラマ制作陣より「夏の番組のため、『冬の町』という歌詞を変更してほしい」という要望があったが、吉井は「夏だけの歌にしてしまうと、冬に演奏できなくなる。いつでも演奏できる楽曲にしたい」と反対し、制作陣を納得させた[6]

収録曲編集

全曲 作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY

  1. BURN
    (作詞:吉井和哉)
    TBS系ドラマ「職員室」主題歌。2009年7月からパチンコ『CR忍術決戦 月影』に使用された。2013年に行われたファン投票で10位を獲得し、『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』に収録された。
  2. LOVE LOVE SHOW (English Version)
    (作詞:吉井和哉 & 鮎貝健
    12thシングル『LOVE LOVE SHOW』の英語バージョン。元の歌詞を英語にしたものではなく、一部日本語で歌っている箇所もある。歌詞に「U2」が登場する。また、このシングルにのみ日本語訳が載っている。
  3. BURN (Instrumental)

ミュージック・ビデオ編集

ミュージック・ビデオ(PV)は山形の田舎で撮影された。PVのラストにはメンバーの幼少時代の写真が使用されている。打ち合わせ段階では「『帰ってきたウルトラマン』が夕陽にたそがれてる雰囲気」という自由なプレゼンであり、メンバーが笑いながら賛成したことにより、そのまま撮影された[7]。監督を務めた高橋栄樹は、「これをメジャーでやっていいんだ? という印象を受けた」「あれだけの規模でメジャーでやれるのは、日本の音楽シーンでも希有である」と語っている[7]。『帰ってきたウルトラマン』のモチーフは、再結成後の初シングル「砂の塔」(2016年)のティザー映像でも採用された。

収録CD編集

#1. BURN

#2. LOVE LOVE SHOW (English Version)

  • 『MOTHER OF ALL THE BEST』(2004年12月8日)※初回版DISC3

カバー編集

#1. BURN

脚注編集

  1. ^ 『THE YELLOW MONKEY/BURN』(ロッキング・オン)、2000年、389頁。ISBN 4-947599-85-5
  2. ^ 『COMPLETE BURN』(ロッキング・オン
  3. ^ 「BURN」吉井和哉・その後の2万字インタビュー
  4. ^ a b 「吉井和哉 オフィシャルモバイルサイト」
  5. ^ a b 『吉井和哉自伝 失われた愛を求めて』(ロッキング・オン
  6. ^ 『15YEARS』(ぴあ
  7. ^ a b 森朋之 (2013年7月31日), 徹底座談会で明かされる真実とそれぞれの1曲 (5/7), ナタリー, http://natalie.mu/music/pp/theyellowmonkey03/page/5 
  8. ^ 【FREE】大石まどか「居酒屋『津軽』」芝居交え披露, 文化通信社, (2014年3月11日), http://bunkatsushin.com/news/article.aspx?id=86859 
  9. ^ FM802ゆかりのアーティストが歌う“イエモン”貴重音源を期間限定OA, M-ON! MUSIC, (2016年4月13日), https://www.m-on-music.jp/0000127996/ 

外部リンク編集