BVP M-80クロアチア語: borbeno vozilo pješaštva M-80, セルビア語: борбено возило пешадије М-80)とは、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国M-60Pの後継車輌として、ユーゴスラビア人民軍Yugoslav People's Army)兵器工廠に設計させた歩兵戦闘車である。

M-80A歩兵戦闘車
M-80 A.JPG
セルビア軍のM-80A歩兵戦闘車
基礎データ
全長 6.42m
全幅 2.9m
全高 2.2m
重量 13.85t
乗員数 3名+兵員8名
装甲・武装
装甲 アルミニウム合金 / チタン
主武装 M-55 20mm機関砲(砲弾900発)
9M14マリュートカ(AT-3サガー)対戦車ミサイル発射機x2機
副武装 7.62mm機関銃(同軸)
12.7mm重機関銃
機動力
整地速度 65km/h
不整地速度 8km/h(水上)
エンジン ダイムラー・ベンツOM-403
ディーゼル
320hp
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 500km
出力重量比 hp/t
テンプレートを表示

概要編集

1980年に生産が開始され、国内の民族対立の激化による一連の紛争が発生しユーゴスラビア社会主義連邦共和国が崩壊した1991年まで製造は続けられた。車体形状などは旧ソ連製のBMP-1やBMP-2に類似しているが、それらの完全なコピーではない。

この車輌は輸出されておらず、採用国はかつてユーゴスラビア社会主義連邦共和国を構成していたセルビアクロアチアスロベニアボスニア・ヘルツェゴビナマケドニア共和国に止まっている。

派生型編集

M-80
初期生産型。少数のみが製造された。
M-80A
標準型。エンジンを高性能なものに換装するとともに、細かい改良が施されている。
M-80AI
M-80A1をベースとした偵察車仕様。試作のみ。
M-80A KC
中隊長車両。M-80Aに通信機器を増設している。
M-80A KB
機甲大隊もしくは機械化大隊の大隊長車両。
VK-80A
旅団長向けの指揮通信車で、武装は7.62mm機関銃のみ。少数のみ製造。
M-80A sn
救急車仕様で、武装はない。屋根の上に一つの長方形ハッチがあり、後部にはドアがある。乗員は運転手と3名の衛生兵で、担架に乗せられた者4名か、座れる者8名の負傷兵を収容可能。
M-80A LT
戦車駆逐車。BOV-1と同じ9M14マリュートカの6連装ランチャーを搭載。
Sava M-90
9K35 ストレラ-10M短距離地対空ミサイルを搭載した車両。試作のみ。
SPAT 30-2
30mm機関砲2門を装備した砲塔を搭載した、自走式対空砲
MOS
自走式地雷埋設車。
M-80A1/M-98A Vidra
セルビアが新たに試作した改良型。

関連項目編集