メインメニューを開く

Be Smile Project(ビースマイルプロジェクト)は、日本のボランティア活動。2009年に日本の漫画家が中心となって立ち上げた。代表は本そういち、副代表は葉月京

目次

概要編集

プロジェクト発足のいきさつ編集

2008年、二児のシングルマザーで漫画家の葉月京が、毎日のように流れる児童虐待に関わるニュースに対して心を痛め、児童養護施設への訪問活動を開始した。そこに、以前より親交があった漫画家本そういちが合流し、施設訪問を通して形になっていった。

活動テーマ編集

子ども達を取り巻く環境の変化と、その必要とされる変化し続けるニーズをキャッチし、今必要とされる臨機応変なテーマを世間へ提案する。 キックオフテーマとして情緒障害児短期治療施設への支援を掲げている。

組織編集

事務局編集

組織概要編集

組織は運営とスマイルサポーター、スマイルメンバーで構成される。

  • 運営組織
代表 本そういち
副代表 葉月京
  • スマイルサポーター
活動に共感を示す著名人で構成される。立ち上げ当初は主に漫画家で構成されている。
  • スマイルメンバー
活動に共感する人々で組織される「Be Smile Club」の会員。
Be Smile Clubとは、いわばBe Smile Projectのファンクラブ的存在であり、スマイルメンバーはその会員である。スマイルメンバー限定のイベントに参加できるなど、より近い距離で活動に参加することができる。

スマイルサポーター編集

活動編集

活動目的編集

施設訪問での直接の子ども達との交流活動
子ども達を取り巻く実態についての啓蒙活動
チャリティグッズオークション等のチャリティ活動

活動実績編集

長崎県大村市情緒障害児短期治療施設「大村 椿の森学園」を訪問。
  • 2009年 5月 
長崎県大村市の情緒障害児短期治療施設「大村 椿の森学園」を訪問。
  • 2009年 6月 
京都府亀岡市児童養護施設「青葉学園」を訪問し、漫画教室を開催。
  • 2009年 8月 
長崎県大村市の情緒障害児短期治療施設「大村 椿の森学園」をスマイルサポーターの漫画家4名と共に訪問。
京都府亀岡市の児童養護施設「青葉学園」を訪問。
  • 2010年 1月 
長崎県大村市の情緒障害児短期治療施設「大村 椿の森学園」をNPO団体「NPO Field of Dreams」と共に訪問予定。同市にある大村航空基地を訪問し野球交流会を行う。
第一回チャリティオークション(Yahoo!Japan 協力)を開催。
  • 2010年 6月 
大阪府にある福祉施設「大阪水上隣保館」を訪問し、ミュージシャン、手品師の方々と共に子どもたちとの交流を行う。
  • 2010年 8月 
NPO団体「NPO Field of Dreams」との合同企画として、長崎県大村市の情緒障害児短期治療施設「大村 椿の森学園」の子どもたちを関東に招待し、プロ野球観戦や漫画家仕事場訪問などで交流を行う。
NPO団体「CROP.-MINORI-」のイベント「ドルフィンプレイin御蔵島」にBe Smile Project枠を設ける形で協賛。

WEBサイト編集

漫画編集

オフィシャルWEBサイトでは、漫画で子ども達の取り巻く環境を伝えている。

自身の長崎県大村市情緒障害児短期治療施設「大村 椿の森学園」を訪問した際の体験談を漫画にしている。
  • うり坊の「晴れ時々晴れ」  作:菅田うり
自身の児童養護施設時代の体験談をカラー漫画にしている。
スマイルサポーターへのインタビューをBe Smile Projectの独自観点から行い、それを記事にしている。
毎回4コマ漫画でも、インタビューを振り返る。

協力編集

外部リンク編集