メインメニューを開く

Bellator MMA(ベラトール・エムエムエー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体。Bellatorはラテン語で「戦士」という意味[1]Spikeによって全米に放送が行われる。またRTL9によってフランスで、国営放送ロシア2によってロシアでも放映されている。日本国内ではDAZNで配信されている。

Bellator MMA
設立 2008年
主催 バイアコム
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ニューポートビーチ
代表者 スコット・コーカー
サイト http://www.bellator.com/
テンプレートを表示

目次

歴史編集

2008年、かつて「The Ultimate Fighter」の第1シーズンに参加したこともあるクリス・サンフォードの企画により[2]ビヨン・レブニーとブラッド・エプスタインが「UFC」に対抗して設立した[3]

2009年4月3日、旗揚げ戦となる「Bellator I」を開催。シーズン1では全11箇所での開催、12回の放送でミドル級ウェルター級ライト級フェザー級の4階級トーナメントを行い、それぞれの階級で王者を決定した。トーナメント1回戦の勝者には25,000ドル、準決勝の勝者には50,000ドル、優勝者には100,000ドルが支払われた。

2010年8月、シーズン3でヘビー級バンタム級、女子115ポンド級を設置。

2011年3月、シーズン4でライトヘビー級を設置。

バイアコムによる買収編集

2011年10月26日、メディア・コングロマリットバイアコム」に買収された[4]

2013年1月17日、Spikeでの放送開始に伴い、団体名を「Bellator Fighting Championship」から「Bellator MMA」に改名した[5]

2013年5月、リアリティ番組「Fight Master」の放送を開始した

2014年5月17日、初のPPV大会Bellator 120を開催した。

2014年6月18日、バイアコムならびにSpikeによって、創設者であるビヨン・レブニーのCEO解任および元Strikeforce代表のスコット・コーカーの新CEO就任が発表された[6]

2014年8月14日、女子フェザー級の新設を発表。

2014年9月17日、バイアコム副社長のジェイソン・ジョーダンが最高経営執行者に就任した[7]

2016年12月16日、イギリスの総合格闘技団体「BAMMA」と提携し、アイルランドでBellator 169とBAMMA 27を2部構成で開催した[8]

2017年4月3日、同じモンスターエナジーがスポンサーを務めるモータースポーツ団体「NASCAR」との提携を発表した[9]

ルール編集

基本的にはNJSACB制定の共通ルールに準拠するが、トーナメントに限っては1ラウンド・2ラウンドのみ頭部・顔面への肘打ちが禁止となっている。試合場はUFCとは異なり、円形のケイジを採用している。

階級・王座編集

男子はヘビー級からバンタム級までの7階級、女子はフェザー級からストロー級までの3階級制であり、重量区分はネバダ州アスレチック・コミッションの階級制に準拠している。

男子

階級 重量区分 現王者 防衛回数
ヘビー級 -265lbs: -120.2kg   ライアン・ベイダー 0
ライトヘビー級 -205lbs: -93.0kg   ライアン・ベイダー 1
ミドル級 -185lbs: -83.9kg   ハファエル・ロバト・ジュニア 0
ウェルター級 -170lbs: -77.1kg   ローリー・マクドナルド 2
ライト級 -155lbs: -70.3kg   パトリシオ・ピットブル 0
フェザー級 -145lbs: -65.8kg   パトリシオ・ピットブル 2
バンタム級 -135lbs: -61.2kg   堀口恭司 0

女子

階級 重量区分 現王者 防衛回数
フェザー級 -145lbs: -65.8kg   ジュリア・バッド 2
フライ級 -125lbs: -56.7kg   イリマ=レイ・マクファーレン 3
ストロー級 -115lbs: -52.2kg 空位

開催履歴編集

放送局編集

脚注編集

外部リンク編集