メインメニューを開く

BiVi仙台駅東口(ビビせんだいえきひがしぐち)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台駅東口広場の北側にある複合商業施設である。

BiVi仙台駅東口
仙台駅東口広場からの外観
仙台駅東口広場からの外観
地図
店舗概要
所在地 983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡2丁目1-25
座標 北緯38度15分40秒 東経140度53分1.5秒 / 北緯38.26111度 東経140.883750度 / 38.26111; 140.883750座標: 北緯38度15分40秒 東経140度53分1.5秒 / 北緯38.26111度 東経140.883750度 / 38.26111; 140.883750
開業日 2004年平成16年)9月
正式名称 BiVi仙台駅東口
施設所有者 ラオックス
施設管理者 大和リース
店舗数 30店以上
営業時間 店舗によって異なる
駐車台数 259台
前身 ラオックス仙台店
最寄駅 仙台駅
外部リンク http://www.e-bivi.com/sendai/
B i V i
テンプレートを表示

概要編集

家電量販店であるラオックス国鉄清算事業団の所有する仙台駅東口の土地約4700m2落札し、地上8階、地下1階の建物を建設。1998年11月26日に「ラオックス仙台店」を開業した。仙台店の開業に際して、ラオックスは史上最大規模の投資を行い、さらに地域のニーズを敏感に汲みあげるため、開業の前年、店舗を運営する東北ラオックスを新たに立ち上げた[1]

ラオックスは2000年に、経営難となっていた仙台に本社を置く家電量販店の庄子デンキを子会社化し[2]、東北での攻勢を強めた。だが、その後の業績悪化に伴い、2003年4月26日からは仙台店の売り場を1階部分だけに減床。情報家電販売に特化し、残りのフロアを貸し出した。しかし、その戦略も実を結ばず同年9月末で完全に閉店した。

2004年1月、大和ハウス工業の子会社である大和工商リース(現:大和リース)がラオックスと土地と建物の一括賃貸契約(転貸LOC)を結び、全面改装の上で同年9月にBiVi仙台駅東口を開業した[3]

BiVi仙台駅東口は飲食店を主体としたテナント構成となり[3]、地下1階にパチンコ、2階にゲームセンター映画館、3階はカラオケネットカフェが入る。5階から8階は24時間営業の駐車場で、この商業施設の利用者だけでなく、一般の利用者も駐車が可能である。また、一定額の購入で駐車場のサービス券を発行する店舗もある。地下1階から地下通路を通って、仙台駅に接続している。

沿革編集

テナント編集

4階編集

  • うまい鮨勘
  • くいもん屋わん
  • NAMASKAR(ナマスカ インド料理
  • 隠れ庵 忍家(ダイニングバー)
  • 長寿韓酒房(韓国の酒場)
  • itasuke(伊酒屋食堂)
  • 立ち飲みビストロ 仙台バール
  • やきとん558 仙台ホルモン
  • 美耳屋(みみや)
  • マルトク アウトレット(居酒屋)

3階編集

2階編集

チネ・ラヴィータ
Cine La Vita
 
情報
正式名称 チネ・ラヴィータ[6]
開館 2009年8月8日
収容人員 (3スクリーン)211人
客席数 スクリーン1:64席
スクリーン2:64席
スクリーン3:83席[6]
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLP
用途 映画上映
運営 フォーラムシネマネットワーク
所在地 BiVi仙台駅東口2階
外部リンク http://www.forum-movie.net/sendai/
特記事項 略歴
1985年:三和興行運営による「仙台シネアート」(2スクリーン)として開業
2004年:フォーラムシネマネットワークに譲渡され、現館名に改称
2009年:現在地へ移転・3スクリーンに増設
かつては2階の全フロアに渡って展開していた。

1階編集

LAOX仙台店開業時より存在するテナントである、かつてはLAOXからも入店できたがマクドナルドの店舗の縮小によりできなくなった。

地下1階編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『ラオックス70年史 : 1930-2000』p.130
  2. ^ 『ラオックス70年史 : 1930-2000』p.138
  3. ^ a b 「大和工商リース 駅前で地主 テナントを仲介」『日経産業新聞』 2004年12月30日
  4. ^ 仙台駅東第二土地区画整理事業(仙台市)
  5. ^ a b c 仙台店を全面改装。異業種との複合店舗ビルに変身。(ラオックス 2003年2月28日
  6. ^ a b チネ・ラヴィータ”. 港町キネマ通り (2017年9月). 2017年10月20日閲覧。

参考文献編集

  • ラオックス株式会社編 『ラオックス70年史 : 1930-2000』 ラオックス、2000年。

関連項目編集

外部リンク編集