メインメニューを開く

Billboard Japan Hot Albums(ビルボード・ジャパン・ホット・アルバムズ)は、Billboard JAPANによって発表されている日本音楽チャートである。2015年10月に設立された日本初のアルバム複合チャートである[1]

目次

チャートの構成編集

2017年10月時点のBillboard Japan Hot Albumsは、以下の3要素で構成されている[2]

  • セールス - サウンドスキャンによるリアルストア、コンビニエンスストア、Eマース約53,000店舗における販売枚数のパッケージ実売データを基にした全国推定売上枚数。
  • デジタル・ダウンロード - GfKジャパンが提供する国内主要音楽ダウンロードサイトiTunesamazonGoogle Play Musicmoremu-moレコチョクの販売実績と、ニールセンが提供するその他音楽レーベルのiTunesでの販売実績による推計値。
  • ルックアップ - CDレンタルや個人間のCD貸し借りをフォローする指標。GracenoteによるCDDBの楽曲情報にアクセスし、パソコン上に実際にCDが読み込まれた回数の集計。

記録編集

Hot Albumsチャートで最初に首位を獲得したのは、2015年10月8日付けのSuperflyの『WHITE』だった[1]。非日本人歌手の最初の首位は、同年10月5日付けのマルーン5の『シングルス』だった。

首位獲得作品編集

週間編集

年間編集

年度 アルバム アーティスト 出典
2015年 DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム DREAMS COME TRUE [3]
2016年 Fantome 宇多田ヒカル [4]
2017年 Finally 安室奈美恵 [5]
2018年 [6]

脚注編集

  1. ^ a b “新チャート“Hot Albums” 第1回を制したのはSuperfly『WHITE』! μ'sは惜しくも2位に”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2015年6月4日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/28807/2 2017年10月5日閲覧。 
  2. ^ “About charts”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年). http://www.billboard-japan.com/common/about/ 2017年10月5日閲覧。 
  3. ^ “Hot Albums2015年 年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2015年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot_albums_year&year=2015 2017年10月5日閲覧。 
  4. ^ “Hot Albums2016年 年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot_albums_year&year=2016 2017年10月5日閲覧。 
  5. ^ “【ビルボード年間Hot Albums】安室奈美恵『Finally』が驚異的な追い上げで“Hot Albums”年間1位、コメントも到着”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年12月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58148/2 2017年12月8日閲覧。 
  6. ^ 2018年度年間アルバムランキング Billboard JAPAN 2018年12月7日閲覧

外部リンク編集