PP-19 Bizon

Bizonから転送)

PP-19 Bizon: ПП-19 Бизон, :ビゾン/バイゾン)は、ロシアイズマッシュ社が製造・販売する短機関銃Пистолет-пулемёт, 略称:ПП/PP)である。

PP-19 Bizon
PP-19 Bizon right view.jpg
PP-19(銃床を折りたたんだ状態)
概要
種類 短機関銃
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 ビクトル・カラシニコフ
ミハイル・カラシニコフの息子)
イズマッシュ社
性能
口径 7.62mm
9mm
銃身長 240mm
使用弾薬 9x18mmマカロフ弾
7.62x25mmトカレフ弾
9x19mmパラベラム弾
.380ACP弾
装弾数 Vityaz:30発(バナナマガジン
Bizon:64発(スパイラルマガジン
作動方式 シンプル・ブローバック方式
クローズドボルト撃発
全長 660/425mm
重量 2.1kg
発射速度 700発/分
テンプレートを表示

目次

概要編集

AK-47以来の信頼性の高い機関部に独特の64発弾倉を装着した特徴を持つ短機関銃であり、1993年にビクトル・カラシニコフ(AKで有名なミハイル・カラシニコフの息子)やアレクセイ・ドラグノフ(ドラグノフ狙撃銃の開発者、エフゲニー・F・ドラグノフの息子)らによって開発された。

なお、愛称のビゾンはロシア語バイソン(野牛)を意味し、稀に「BISON」と誤記される事もある。

構造編集

部品の6割をAK-10x系統と共有している。安全装置もAK系と同じ大型のレバーで、上から順にセーフモード・フルオート(表記АВ)・セミオート(表記ОД)となっている。改良型のBizon-2のリアサイトは、50・100・150mの3段階(のゼロイン距離)に切り替え可能。Bizon-3のリアサイトは耳の保護を図ったデザインとなっている。Bizonはドラグノフに、2/3はAK-74Mに正面からの外観が似ており、敵に本格的なライフルと誤認させる効果も持っている。[要出典]

PP-19の最大の特徴として、「スパイラルマガジン」と称する円筒形の弾倉銃身と平行に装着していることが挙げられる。この弾倉は、他の短機関銃アサルトライフルが下部にバナナ型マガジンが突き出しており伏射の障害になりやすいのに対し、コンパクトであると共に他の短機関銃には見られない64発という大容量を達成している。その一方、射撃を続けるうちに重心位置が変化してしまうという欠点もある。弾倉は黒色で、外から確認できる残弾目盛りが4・24・44・64発目の4箇所に打ってある。なお、派生型のPP-19-01では、スパイラルマガジンの代わりに一般的なバナナ型マガジンを使用する。

AK系のアサルトライフルと似た外形だが、拳銃弾を用いたことで低反動での連射が可能であるうえ、単発や手動バーストによる精度向上も大きい。100m以内の接近戦で機動的に複数の敵を倒す必要がある特殊作戦人質救出など)や、陣地から身を乗り出さずに反撃する用途などに特に優れるとされる。[要出典]

弾薬9x18mmマカロフ弾の他、特に貫徹力を重視した7.62x25mmトカレフ弾、輸出向けの9x19mmパラベラム弾.380ACP弾の各種バリエーションがある。また、銃口に装着できるサプレッサーも供給されている。

歴史編集

ロシア連邦1990年代初頭、法執行機関用の銃火器として短機関銃を求めていた。これを受け、1993年戦術的および技術的要求が制定され、カラシニコフ社はAKシリーズと同様の操作体系を持ったビゾン-1を基に9mm口径短機関銃PP-19 ビゾン-2を開発した。

1996年ロシア連邦軍はビゾン-2を採用した。弾薬として、より高性能な防弾装備貫通能力を持った7N16(9x18mm徹甲弾)を利用するようになり、これ以降ビゾン-2は様々な派生型を生んだ[1]

2004年には大幅な改良を施した新製品PP-19-01 ヴィーチャズが開発され、今日でもロシア連邦の官民を問わず様々な派生型が使用されている。さらに、多数の国家に輸出されている[2]

バリエーション編集

 
PP-19-01
PP-19 Bizon
円筒形のヘリカルマガジンを装備する。
PP-19-01 Vityaz
一般的なバナナ型マガジンを装備する(9x19mmパラベラム弾のみ)。


登場作品編集

関連項目編集

外部リンク編集

  1. ^ http://vpk-news.ru/articles/8099
  2. ^ https://lenta.ru/news/2012/02/06/weapons1/