Blue (日本のバンド)

日本のバンド
本来の表記は「Blüe」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ダイアクリティカルマーク)が含まれています詳細

Blüe(ブルー)は、日本ヴィジュアル系ロック・バンドである[1]。1998年にバップからメジャーデビュー、2002年に解散した。

Blüe
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ロック
活動期間 1995年 - 2002年
レーベル Kreis(1996年)
バップ(1998年 - 2002年)
事務所 SHAKING HANDS
共同作業者 藤田幸也(1996年 - 1998年)
奈良敏博(2000年)
メンバー ARIHITO(ボーカル
SAKI(ギター
JUN(ベース
HAYATO(ドラム
旧メンバー SHIGE(ボーカル)
TETSU(キーボード
DIE(ドラム)

バンド名は「Blüe」および「BLÜE」の二通りの表記が見られる(#外部リンクを参照)。

来歴編集

1995年7月、大阪府大阪市中央区西心斎橋のライブハウス「Bahama」にて初ライブを行い、活動を開始する[2]

1996年6月、オムニバス・アルバム『THE END OF THE CENTURY ROCKERS I』に参加する。この時点でのメンバーはSHIGE、SAKI、JUN、DIE、TETSUの5名であったが、同年11月17日に開催されたインディーズレーベルKreisの設立イベント出演時には、DIEを除く4名編成となっている[3][4]。同年11月23日、Kreisから初のシングル『月と太陽』をリリースし、発売から1週間で約4000枚を売り上げる[5]

1997年1月、SHIGEとTETSUが脱退し[6]、同年3月からARIHITO、SAKI、JUN、HAYATOの4名で活動する[2]

1998年6月、バップからシングル『SHELLY』をリリースし、メジャーデビューした[7]

2000年、楽器メーカーFERNANDESから、SAKIモデルギター「MS95-BL」およびJUNモデルベース「J95-BL」が発売された[8]

2002年、解散[9]

メンバー編集

  • ARIHITO(ありひと、3月25日[2] - ) - ボーカル
  • SAKI(さき、5月10日[2] - ) - ギター
  • JUN(じゅん、5月16日[2] - ) - ベース
  • HAYATO(はやと、11月13日[2] - ) - ドラム

旧メンバー編集

  • SHIGE(しげ) - ボーカル[4]
  • TETSU(てつ) - キーボード[4]
  • DIE(だい) - ドラム[3]

評価・音楽性編集

Vicious』1997年2月号は、楽曲について「構築された深みのあるサウンドとポップなメロディセンス」、SHIGEの歌声について「深みのある歌声は、聴き手の感情を感涙させるだけの力を備えている。」と評した[4]

メジャー1枚目のアルバム『SINCE』について、『CDジャーナル』は「メロディアスで透明感あふれるサウンド」、「ポップな感覚に秀でている」と評し[10]、『音楽誌が書かないJポップ批評27 X JAPANと「ヴィジュアル系」黄金伝説』は次のように評した。

まだ拙さは感じさせるが、彼ら最大の武器である繊細なメロディセンスと大衆受けするポップセンスは、この頃から確かにあった。 — 「ヴィジュアル系ディスクガイド名盤100選 1980~2003」『音楽誌が書かないJポップ批評27 X JAPANと「ヴィジュアル系」黄金伝説』、宝島社、 99頁。

メジャー6枚目のシングル『少年の詩』(2000年7月)をリリース時、『Vicious』2000年8月号は、サウンド面での大幅な変化とグルーヴ感が増したことを指摘している[2]。同作では前作まで使用していたキーボードドンカマチックを使用せずにレコーディングされた[2]。キーボードについてメンバーは、メジャー2枚目のミニ・アルバム『Frontier』(2001年9月)リリース時、以前はキーボードありきで考えていたが、現在はバンド・サウンドに自信があり、キーボードは「味付け」のようなものであると語っている[11]

関連人物編集

藤田幸也(YUKIYA)編集

YUKIYAによると、彼はSHIGEを始めBLÜEとの出会いがきっかけとなり、インディーズレーベルKreisを設立した[12]。なお、BLÜE初のシングル『月と太陽』は、Kreisにとって最初のリリース作品である[5]

インディーズ時代に、シングル『月と太陽』、ミニ・アルバム『misty』および『BREATH』、ビデオクリップ集『Times』をプロデュースした[13]

ENDLESS編集

ENDLESSは、BLÜEの元メンバーのSHIGE、TETSUによる音楽ユニットである[14]。彼らのBLÜE在籍時にリリースした楽曲「Rain」および「月と太陽」(原曲はシングル『月と太陽』に収録)を、2007年および2009年にセルフカバーした[15][16]

作品編集

シングル編集

タイトル 発売 レーベル 備考
月と太陽[4] 1996年11月 Kreis プロデュース藤田幸也
SHELLY[7] 1998年6月 バップ
FACE[7] 1998年8月
eternal wind[7] 1998年10月 テレビアニメ『MASTERキートン』エンディングテーマ
EVER[7] 1999年7月 テレビアニメ『MASTERキートン』再放送版エンディングテーマ
MÖBIUS[7] 1999年10月 TBS系『炸裂!スポーツパワー!!』テーマソング
少年の詩[2] 2000年7月 ロンブー龍』エンディングテーマ[17]

ミニ・アルバム編集

タイトル 発売 レーベル 備考
misty[7] 1997年9月 プロデュース:藤田幸也
BREATH[7] 1997年12月
CHRONOGATE[18] 2000年9月 バップ
Frontier 2001年9月 セルフ・プロデュース[11]

アルバム編集

タイトル 発売 レーベル 備考
SINCE[9] 1998年12月2日 バップ プロデュース:奈良敏博[19]
birth[2] 2000年2月
TRUTH[20] 2001年2月
BEST 19972001[21] 2001年11月

ビデオ編集

タイトル 発売 レーベル 備考
Times[7] 1998年2月 プロデュース:藤田幸也
[TIMES]Vol.-BEGINNING-[7] 1999年3月 バップ

オムニバス・アルバム編集

タイトル 発売 レーベル 備考
THE END OF THE CENTURY ROCKERS I[3] 1996年6月 トライクル
Kreis[7] 1998年5月 Kreis
Kreis 1999[22] 1999年12月22日 ARIHITOのみ参加

出演編集

過去のレギュラー番組編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 柏木恭典、2011年3月31日、「ポップカルチャーとしてのヴィジュアル系の歴史 (PDF) 」 、『千葉経済大学短期大学部研究紀要』7巻、千葉経済大学ISSN 1349-8312NAID 110008429025
  2. ^ a b c d e f g h i j 「BLÜE」『Vicious』2000年8月号、シンコー・ミュージック、 113頁。
  3. ^ a b c (1996年) Various Artists(MASCHERA、D'elsquel、ピエロ、F.F.、Blüe)『THE END OF CENTURY ROCKERS I』のアルバム・ノーツ [ブックレット、CD]. トライクル.
  4. ^ a b c d e 「D≒SIRE Kyo-Mai BLÜE」『Vicious』1997年2月号、シンコー・ミュージック、 85頁。
  5. ^ a b 「D≒SIRE Kyo-Mai BLÜE」『Vicious』1997年2月号、シンコー・ミュージック、 84頁。
  6. ^ Biography”. ENDLESS official website. 2012年5月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 「BLÜE」『Vicious』2000年2月号、シンコー・ミュージック、 97頁。
  8. ^ 2000 FERNANDES (PDF)”. FERNANDES CATALOG. FERNANDES. p. 26 (2000年1月). 2013年8月25日閲覧。
  9. ^ a b 「ヴィジュアル系ディスクガイド名盤100選 1980~2003」『音楽誌が書かないJポップ批評27 X JAPANと「ヴィジュアル系」黄金伝説』、宝島社、 99頁、 ISBN 9784796633826
  10. ^ Blu:e / SINCE [廃盤] [CD] [アルバム]”. CDジャーナル. 2012年5月17日閲覧。
  11. ^ a b 「BLÜE」『FOOL'S MATE』2001年11月号、フールズメイト、 80頁。
  12. ^ YUKIYA (2007年6月25日). “「月と太陽」が生で聴けるなんて死にそう”. 社長日記(JILS. 2007年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月15日閲覧。
  13. ^ “ARCHIVE -YUKIYA DATA FILE-” (本、CD). 『独白-2001-』. YUKIYA. Kreis. (2001年). pp. 2-3. 
  14. ^ 「endless」『BANDやろうぜ』1999年7月号、宝島社、 88頁。
  15. ^ ENDLESSオフィシャルブログ「ENDLESS New Release発売日決定!!」より(2012年5月15日閲覧)
  16. ^ ENDLESSオフィシャルブログ「Monochrome Sky 制作中」より(2012年5月15日閲覧)
  17. ^ Vicious』2000年8月号、シンコー・ミュージック、 3頁。
  18. ^ Blu:e / CHRONOGATE [廃盤] [CD] [アルバム]”. CDジャーナル. 2012年5月17日閲覧。
  19. ^ Blu:e / birth [廃盤] [CD] [アルバム]”. CDジャーナル. 2012年5月17日閲覧。
  20. ^ Blu:e / TRUTH [廃盤] [CD] [アルバム]”. CDジャーナル. 2012年5月17日閲覧。
  21. ^ BEST 19972001”. Oricon style. 2012年5月17日閲覧。
  22. ^ Vicious』2000年2月号、シンコー・ミュージック、 99頁。
  23. ^ バップによる紹介ページ

関連項目編集

外部リンク編集

  • Blue HOME PAGE”. バップ. 2005年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月15日閲覧。(バップによる紹介ページ)
  • Blue official web”. SHAKING HANDS. 2002年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月15日閲覧。(オフィシャルサイト、2001年11月 - 2002年4月)
  • Blue official web”. SHAKING HANDS. 2001年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月15日閲覧。(オフィシャルサイト、2000年6月 - 2001年10月)