メインメニューを開く

brats on B(ブラッツ・オン・ビー)は、日本の4人組ポップロックバンド。旧表記は、「BRATS/B」。[注釈 1]略称は「ブラッツ」。
1990年結成、1999年に活動休止。吉本興業のアーティスト部門に所属していた。

brats on B
別名 今週の山田太郎
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ポップ・ロック
活動期間 1990年 - 1999年
レーベル ポリスター
事務所 吉本興業
共同作業者 森俊之
笹路正徳
メンバー 小森将信(ボーカル
前原幸雄(ドラムス
谷島周一(ベース
花輪直弥(ギター
旧メンバー 林謙一(ギター)

目次

来歴編集

1990年
  • 前身バンドとなる「今週の山田太郎」を京都で結成。京阪神を中心に活動を始める。
1992年
  • ロックバンドの育成・輩出を目的とした、吉本興業によるオーディション「2丁目 DR.プロジェクト バンドオーディション」に合格。
以降、ライブハウスの他に月2~3回のペースで「2丁目ワチャチャライブ」に出演するようになる。[1]
1994年
  • バンド名を「ブラッツ・オン・ビー」と改め、10月にポリスターよりシングル『時を少し』でメジャーデビュー。
1996年
  • ギター担当の林謙一が脱退。3月に花輪直弥が加入。バンド名のアルファベット表記を、それまでの「BRATS/B」から「brats on B」へと変更する。[注釈 2]
  • 第6回NHK新人歌謡コンテストに出場。
  • 12月、4thシングル『ほたる』のカップリング曲「るらら」がNHKみんなのうたに採用され、翌1997年1月まで放送された。[2]
1999年
  • 9月、京都ミューズホールでのライブをもって活動休止。

メンバー編集

小森将信(こもり まさのぶ)
ボーカル担当。現在はイヌスターヅに参加。
初めて購入したレコードは沢田研二の『抱きしめたい』。[3]影響を受けたアーティストに美空ひばりを挙げている。[4]
前原幸雄(まえはら ゆきお)
ドラムパーカッション担当。ナニワエキスプレス東原力哉に師事。[5]
影響を受けたアーティストにチック・コリアを挙げている。[4]
谷島周一(やじま しゅういち)
ベース担当。影響を受けたアーティストに、スティーリー・ダン[4]ジャコ・パストリアスを挙げている。[5]
花輪直弥(はなわ なおや)
ギター担当。東京都出身。現在、ギタリスト着付師としても活動中。[6]

旧メンバー編集

林謙一(はやし けんいち)
ギター担当。1996年脱退。シングル『王様』まで在籍。ミニアルバム『太陽がのぼる頃には』では、作曲のみ参加。[注釈 3]

エピソード編集

  • 活動休止後も、1stアルバム『“B”』収録の「あの時 あのままで」が、ラジオ大阪ラジオよしもと むっちゃ元気!」のエンディングテーマとして長く使われていた。
  • 『“B”』の初回プレス盤は、歌詞カードの一部に誤植があり、本来なら「MASANOBU KOMORI & KENICHI HAYASHI」となる箇所が「MASENOBU KOMORI & KENICHI HAYASHI」となっている。

ディスコグラフィ編集

すでに廃盤になっているCDもあるが、各楽曲は2017年1月現在iTunes storeにて販売されている。

シングル編集

時を少し』(1994年10月26日発売)

  • 京都の祇園祭の情景が歌われている。

この花が咲いたら』(1995年7月26日発売)

  • 阪神・淡路大震災からの復興を願い作られた。
  • 2011年、女性シンガー恵莉花により『この花が咲いたら 〜いのちの種〜』としてリメイク、発売された。[7]

王様』(1996年1月25日発売)※アルバム未収録

  • NTV系「TVじゃん」内「目玉とメガネ」エンディング・テーマ

ほたる』(1996年12月9日発売)

ちっちゃな頃ついてきた月』(1997年7月25日発売)

ヒマワリ』(1998年3月1日発売)

世界を変えて』(1998年6月1日発売)

  • 「まぶだち2」エンディング・テーマ
  • 「POP SHAKE」エンディング・テーマ

旅の途中』(1998年8月1日発売)

アポロ』(1999年1月20日発売)

ミニアルバム編集

太陽がのぼる頃には』(1996年6月26日発売)

手紙』(1999年8月1日発売)

アルバム編集

“B”』(1995年9月25日発売)

Harf Camera』(1997年10月8日発売)

ゆらふわ』(1999年2月24日発売)

出演編集

ラジオ編集

  • Kiss-FM KOBE「MIDNIGHT Kiss」木曜パーソナリティ(小森)(1995年)
  • FM OSAKA「Jay-Land SHUFFLE」月曜パーソナリティ(前原)(1995年-1997年)
  • α-STATION「ダイヤルB」土曜22:00~24:00(小森)(1997年7月~9月)

テレビ編集

関連項目編集

  • 森園勝敏 ‐デビューシングル『時を少し』の楽曲アレンジを担当。
  • 難波弘之 ‐1stアルバム『“B”』で、サポートミュージシャンとしてオルガンキーボードを担当。
  • 森俊之 ‐1996年-1997年の楽曲をプロデュース。3rdアルバム『ゆらふわ』では、サポートミュージシャンとして参加している。
  • 笹路正徳 ‐シングル『世界を変えて』以降の作品をプロデュース。[9]
  • 大子町立 旧 初原小学校(茨城県久慈郡大子町)‐『“B”』の撮影地。[10]
  • 小森将信-バンド解散後上京。ウクレレを学ぶべくドリフターズ高木ブーに弟子入り。数年間運転手をつとめる。その間ウクレレを教えてもらったのは大体30分(本人談)。現在はウクレレボーカルこもりまさのブ(ブは師匠の高木ブーから受け継いだ一文字)としてイヌスターヅ で活躍している。

脚注編集

  1. ^ 歌詞カード内の作曲・編曲クレジットにおいては、「Brats/B」の表記も存在する。
  2. ^ ただし、林在籍時の音源のうち、1994年発売の『時を少し』のみ「brats on B」で表記されている。
  3. ^ 「幸せに続くさよなら」「さっきまでは」

出典編集

  1. ^ a b マンスリーよしもと編集部(著)『2丁目ワチャチャBOOK ─ ぼくらがヨシモトの新兵器だ!!』 p.173(データハウス、1993年)
  2. ^ NHK みんなのうた - るらら - ブラッツ・オン・ビー(BRATS/B)
  3. ^ マンスリーよしもと編集部(著)『2丁目ワチャチャBOOK─ぼくらがヨシモトの新兵器だ!!』 p.127(データハウス、1993年)
  4. ^ a b c マンスリーよしもと編集部(著)『2丁目ワチャチャBOOK─ぼくらがヨシモトの新兵器だ!!』 p.128(データハウス、1993年)
  5. ^ a b bratsの音楽的起原(ルーツ)」- ギター花輪直弥による、brats時代の記事
  6. ^ 成城着物着付教室 LeinaniきものStyle
  7. ^ NEW MAXI SINGLE『この花が咲いたら 〜いのちの種〜』RELEASE決定! - 恵莉花 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN
  8. ^ NHKアーカイブス保存番組検索結果詳細
  9. ^ Sasaji Works(ALL)
  10. ^ 大子町フィルムコミッション 木造校舎 初原小学校(※動画の自動再生あり。音量に注意。)