C反応性蛋白(シーはんのうせいたんぱく、: C-reactive proteinCRPと略称される)は、環状の5量体タンパク質であり、体内で炎症反応や組織の破壊が起きているときに血中に現れる。急性期反応タンパクの一つ。肺炎球菌のC多糖体と結合するためこの名がある。CRPはマクロファージとT細胞からのIL-6の分泌により、肝臓[1]と脂肪細胞[2]から分泌される。CRPは、死細胞や細菌表面のリゾフォスファチジルコリンに結合し、C1qを介して補体の古典的経路を活性化し、細菌の溶菌・凝集に関与する。

C反応性蛋白
1lj7.jpg
EC番号 ?
テンプレートを表示

診断的意義編集

CRPの産生量は炎症反応の強さに相関するため、血清中のCRPを定量して炎症反応の指標とすることができる。すなわち炎症が強いほど血清CRP値は高くなる。日本においては血液検査においてごく一般的に計測される。細菌感染では上昇しやすく、ウイルス感染ではアデノウイルスなど一部のウイルス以外ではインフルエンザウイルスのように強い発熱を発症するものでも上昇は軽微である。つまり、通常の感冒では上昇しないことが多い。

同様の疾患で同程度の重症度の場合でも、CRPの上昇の程度には大きな個人差がある。そのため、CRPを標準値や他の患者の値と比較することはあまり有意義ではなく、一人の患者の経過を観察するために有用な指標といえる。

また、細菌性感染の炎症開始から6時間程度は上昇せず、反応が遅い。炎症早期の指標としては白血球の左方移動、白血球数増加が有用となる。また、日本以外では炎症の指標として一般的に用いられること自体が少なく、英語論文における指標はもっぱら白血球に依存している。

基準値編集

  • 正常範囲 0.3 mg/dl以下
  • 軽い炎症などが検討される範囲 0.4〜0.9
  • 中程度の炎症などが検討される範囲 1.0〜2.0
  • 中程度以上の炎症などが検討される範囲 2.0〜15.0
  • 重体な疾患の発症の可能性が検討される範囲 15.0〜20.0

高値を示す疾患編集

炎症反応の指標としては他に、赤血球沈降速度なども用いられる。

研究編集

  • ビタミンC投与でCRP値が低下するとの報告がある[3][4]
  • マグネシウムの摂取量とCRP値には逆相関の関係があるとの調査研究がある[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Pepys, Mark B.; Hirschfield, Gideon M. (2003-06). “C-reactive protein: a critical update”. The Journal of Clinical Investigation 111 (12): 1805–1812. doi:10.1172/JCI18921. ISSN 0021-9738. PMC: PMC161431. PMID 12813013. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12813013. 
  2. ^ Lau, David C. W.; Dhillon, Bikramjit; Yan, Hongyun; Szmitko, Paul E.; Verma, Subodh (2005-05). “Adipokines: molecular links between obesity and atheroslcerosis”. American Journal of Physiology. Heart and Circulatory Physiology 288 (5): H2031–2041. doi:10.1152/ajpheart.01058.2004. ISSN 0363-6135. PMID 15653761. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15653761. 
  3. ^ Gladys Block (2008). “Vitamin C treatment reduces elevated C-reactive protein”. Free radical biology & medicine (Elsevier Science) 46 (1): 70–77. doi:10.1016/j.freeradbiomed.2008.09.030. PMC: 2631578. PMID 18952164. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2631578/. 
  4. ^ Vajihe Biniaz (2013). “Effect of Vitamin C Supplementation on C-reactive Protein Levels in Patients Undergoing Hemodialysis: A Randomized, Double Blind, Placebo-Controlled Study”. Nephro-urology monthly (Tehran, Iran: Kowsar Medical Institute) 6 (1): e13351. doi:10.5812/numonthly.13351. PMC: 3968960. PMID 24719806. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3968960/. 
  5. ^ Daniel T. Dibaba (2014). “Dietary Magnesium Intake is Inversely Associated with Serum C-reactive Protein Levels: Meta-analysis and Systematic Review”. European journal of clinical nutrition (Nature Publishing Group) 68 (4): 510–516. doi:10.1038/ejcn.2014.7. PMC: 3975661. PMID 24518747. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3975661/. 

外部リンク編集