メインメニューを開く

チャールズ・ジョゼフ・リーフェンハウザーCharles Joseph Riefenhauser, 1990年1月30日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ウエストチェスター郡ヨンカーズ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。独立リーグカナディアン・アメリカン・リーグロックランド・ボールダーズ所属。

C.J.リーフェンハウザー
C.J. Riefenhauser
ロックランド・ボールダーズ #24
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ウエストチェスター郡ヨンカーズ
生年月日 (1990-01-30) 1990年1月30日(29歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト20巡目(全体611位)でタンパベイ・レイズから指名
初出場 2014年4月19日 ニューヨーク・ヤンキース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとレイズ時代編集

2010年MLBドラフト20巡目(全体611位)でタンパベイ・レイズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級プリンストン・レイズ英語版でプロデビュー。13試合に登板して2勝0敗1セーブ・防御率2.25・16奪三振の成績を残した。9月にA級ボーリンググリーン・ホットロッズ英語版へ昇格し、2試合に登板した。

2011年はA級ボーリンググリーンで18試合に登板して6勝5敗・防御率2.31・99奪三振の成績を残した。7月にA+級シャーロット・ストーンクラブズへ昇格。8試合に登板して1勝3敗・防御率4.14・24奪三振の成績を残した。

2012年はA+級シャーロットで23試合に登板して7勝8敗1セーブ・防御率4.76・103奪三振の成績を残した。8月にAA級モンゴメリー・ビスケッツへ昇格。9試合に登板して1勝1敗・防御率3.44・15奪三振の成績を残した。

2013年はAA級モンゴメリーで34試合に登板して4勝0敗11セーブ・防御率0.51・48奪三振の成績を残した。7月にAAA級ダーラム・ブルズへ昇格。17試合に登板して2勝1敗・防御率3.05・22奪三振の成績を残した。オフの11月20日40人枠入りを果たした[1]

2014年はAAA級ダーラムで開幕を迎え、4月19日にメジャーへ昇格[2]。同日のニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビュー。13点リードの7回2死から登板し、1.1回を無安打無失点に抑えた[3]。しかし、その後は打ち込まれ、防御率は8.44まで悪化してシーズンを終えた。

2015年は17試合に投げ、メジャー初勝利を挙げた。防御率は5.52だった。

レイズ退団後編集

2015年11月5日ブラッド・ミラーローガン・モリソンダニー・ファーカーとのトレードで、ネイサン・カーンズブーグ・パウエルと共にシアトル・マリナーズへ移籍した[4]。さらに12月2日スティーブ・クレベンジャーとのトレードで、マーク・トランボと共にボルチモア・オリオールズへ移籍した[5]2016年2月3日オドリサメル・デスパイネの加入に伴ってDFAとなった[6]

2016年2月12日ウェイバー公示を経てシカゴ・カブスへ移籍した[7]。開幕は傘下のAAA級アイオワ・カブスで迎え、アクティブ・ロースター入りすることなく、5月26日に40人枠外、8月22日に自由契約となった[8]。この年はAAA級アイオワで28試合に登板して2勝1敗1セーブ・防御率4.55・26奪三振の成績を残した(他にルーキー級アリゾナリーグ・カブスで1試合登板)。

2016年12月3日ヒューストン・アストロズとマイナー契約を結んだ[8]2017年3月25日に自由契約となった[9]

独立リーグ時代編集

2017年5月17日独立リーグカナディアン・アメリカン・リーグロックランド・ボールダーズと契約[10]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 TB 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 5.1 6 0 3 1 0 2 0 0 5 5 8.44 1.69
2015 17 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 62 14.2 15 3 7 0 0 7 0 0 10 9 5.52 1.50
MLB:2年 24 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 86 20.0 21 3 10 1 0 9 0 0 15 14 6.30 1.55
  • 2016年度シーズン終了時

背番号編集

  • 34 (2014年 - 2015年)

脚注編集

  1. ^ “Rays add four players to 40-man roster; sign seven to minor league contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com, (2013年11月20日), http://m.rays.mlb.com/news/article/64077790 2015年12月4日閲覧。 
  2. ^ Bill Chastain (2014年4月19日). “Riefenhauser recalled, makes debut” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  3. ^ Scores for Apr 19, 2014” (英語). ESPN (2014年4月19日). 2015年12月4日閲覧。
  4. ^ Bill Chastain (2015年11月5日). “Rays get Miller, Morrison, Farquhar from M's” (英語). MLB.com. 2015年11月6日閲覧。
  5. ^ Greg Johns (2015年12月2日). “Mariners add Clevenger in deal with O's” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  6. ^ Steve Adams (2016年2月4日). “Orioles Designate C.J. Riefenhauser For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年2月26日閲覧。
  7. ^ “Cubs Claim LHP C.J. Riefenhauser Off Waivers from the Orioles” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2016年2月12日), http://m.mlb.com/news/article/164373260/cubs-claim-lhp-cj-riefenhauser-off-waivers-from-the-orioles 2016年2月26日閲覧。 
  8. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年2月2日閲覧。
  9. ^ Kaplan, Jake (2017年3月25日). “Astros release C.J. Riefenhauser, reassign four others”. chron.com. 2017年4月28日閲覧。
  10. ^ http://www.rocklandboulders.com/news_article/show/793995?referrer_id=2985811

関連項目編集

外部リンク編集