メインメニューを開く


C3 in Hong KongC3日本動玩博覧、略称C3)とはC3 in Hong Kong行政委員会が開催する日本のアニメゲームサブカルチャーの大型総合イベントである。初回開催は2009年4月、2011年から毎年湾仔コンベンションセンターで開催される。

C3 in Hong Kong
イベントの種類 即売会
通称・略称 C3
初回開催 2009年4月24日 - 4月26日(香港国際展貿中心)
会場 湾仔コンベンションセンター(2011年から)
主催 C3 in Hong Kong行政委員会
最寄駅 湾仔駅
公式サイト

概要編集

 
2016年C3会場における商業ブース

千葉県千葉市美浜区幕張メッセを会場に年に1回夏に行われている「C3 TOKYO」のもとにしたイベントである。主催者が実験的試みとして香港の実施者と合意に達し、2009年に初めて海外でイベントを開催した。以降、2011年から正式に共同開催イベントとなり、毎年開催する大型の展覧会である。

日本元祖的なアニメイベントと宣伝し、「C3」には日本のキャラクター (Character) 、カルチャー (Culture) とコンテンツ (Content) という意味が込められている。

日本大手企業が商品の販売・展示やキャラクターグッズの最新情報の紹介、展示会を行う。また、アニソン歌手声優のコンサートやアニメ原作者、アイドルのサイン会など色々なイベントが開催されている。

その中にコスプレ大会は一番注目されている。2014年のコスプレ大会は「世界コスプレサミット」香港地域の予選ともなっていた。「世界コスプレサミット」とは世界コスプレサミット実行委員会が開催しているコスプレの世界最大のイベントである。2016年は30ヵ国・地域が参加した。

近年では、子供対象のコンテスト「こども絵画コンクール」も行われ始めた。2015年に株式会社ランティスが主催する海外公演ライブイベント「~Anisong World Tour~Lantis Festival 2015 in Hong Kong」を開催した。

イベントデータ編集

回数 日にち 場所 参加人数
1 2009 4月24日 - 4月26日 九龍湾国際展貿中心スターホール3/F 5万1000人[1]
2 2011 3月11日 - 3月13日 湾仔コンベンションセンターホール3番FGホール 8万5000人[1]
3 2012 3月9日 - 3月11日 湾仔コンベンションセンターホール3番BCDホール 12万3000人[1]
4 2013 3月15日 - 3月17日 湾仔コンベンションセンターホール5番FGホール 14万7700人[1]
5 2014 3月14日 - 3月16日 湾仔コンベンションセンターホール3番BCDホール 18万2000人[1]
6 2015 2月6日 - 2月8日 湾仔コンベンションセンターホール3番BCDホール 20万人[2]
7 2016 2月19日 - 2月21日 湾仔コンベンションセンターホール1番ABCDホール
8 2017 2月10日 - 2月12日 湾仔コンベンションセンターホール3番BCDEホール

イベントゲスト編集

回数 ライブイベント シェア講座
1 2009 伊藤由奈栗林みな実腐男塾/中野腐女子SISTERS、SKE48 Team S 美水かがみ入間人間河森正治江端里沙
2 2011 AKB48SKE48 Team E、Daisy x Daisy、Milky Holmes、

影山ヒロノブ遠藤正明きただにひろし栗林みな実橋本みゆき

古谷徹森田成一河森正治福井晴敏
3 2012 石川智晶栗林みな実美鄉あき米倉千尋Faylan七森中☆ごらく部 花澤香菜大河原邦男野中藍森田成一古川愛李

河森正治、平田滋、尾崎雅之

4 2013 ウルトラヒーローズ、吉岡毅志AMOYAMO栗林みな実喜多修平

ChouCho佐咲紗花石川智晶bless4中島愛

鈴木千尋平野綾相澤舞置鮎龍太郎浅沼晋太郎

池田秀一佐藤竜雄林保全

5 2014 μ's、野水伊織ChouChoAnnabel、AiRl、影山ヒロノブ、奧井雅美、

伊藤香奈子Prizmmy☆、ウルトラヒーローズ

池田秀一小松未可子國立幸浅沼晋太郎遠藤ゆりかSKE48佐藤竜雄
6 2015 鈴木このみJAM Project佐咲紗花アイドルマスターシンデレラガールズ

藍井エイル春奈るな、ウルトラヒーローズ、桜井浩子南翔太STAR☆ANISPrizmmy☆

KANAME☆、Yuegene Fay、麗華、冨樫かずみ、內田雄馬、

牧野由依、內田彩、柳田淳一逢坂良太

淺沼晉太郎、梶裕貴川原礫abec

7 2016 SKE48、TRUE、黑崎真音、柿原徹也アイドルマスターシンデレラガールズ

KOTOKOALTIMA、內田彩、柳田淳一河西健吾細谷佳正逢坂良太(病欠)、岡本信彥花江夏樹May'n

黑部進、森次晃嗣(病欠)

関連イベント編集

日本のサブカルチャーに深く影響されている香港[3]は、毎年も色々なアニメ関連イベントが開催される。

C3以外最大型アニメ・コミックス・ゲームの総合イベントは「ACGHK」である。夏休みの間に開催されるイベントなので親子お出かけイベントにも扱われる。そのため、C3と比べてACGHKは比較的に一般人向けなアニメイベントである[4]。近年はアニメよりゲームイベントの傾向にある。また、2014年からCreative Praradise(創天綜合同人祭、略称CP)という同人イベントを同時に行う。

CPを除いて、Comic World、Rainbow Galaは香港の比較的大型な同人イベント。日本一般の同人誌売りイベントと同様に同人・二次創作・コスプレ活動に中心するイベントである。

総じて言うとC3は比較的に商業的、アニメファンがメインターゲットする日本アニメイベントである。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集