メインメニューを開く

クルブ・アトレティコ・ラヌース (スペイン語: Club Atlético Lanús) は、1915年1月3日にアルゼンチンの中東部、ブエノスアイレス州の都市ラヌースに設立された総合スポーツクラブである。愛称はEl Granate(ガーネット)。サッカー部門はスーペルリーガ・アルヘンティーナ(1部)に所属しており、バスケットボール部門も強豪である。

CAラヌース
原語表記 Club Atlético Lanús
愛称 Granate (臙脂色)
クラブカラー 臙脂
創設年 1915年
所属リーグ アルゼンチンリーグ
所属ディビジョン スーペルリーガ・アルヘンティーナ
ホームタウン ラヌース
ホームスタジアム シウダ・デ・ラヌーススペイン語版
収容人数 47,027
代表者 アルゼンチンの旗 ニコラス・ルッソ
監督 アルゼンチンの旗 ホルヘ・アルミロンスペイン語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

歴史編集

1915年、創立。1931年にプリメーラ・ディビシオン(1部)に初参加した。1949年には物議を醸したCAウラカンとの壮烈な残留争いの末、クラブ史上初の2部リーグ落ちを喫した。1956年には初めてプリメーラ・ディビシオンで準優勝した。 1978年には約200万ドルの借金を抱え、史上最大の経営危機に陥るが、ソシオ(クラブ会員)の援助で借金を返済し、2部リーグに返り咲いた。ソシオの数はわずか2000人だった。1981年にはソシオの数が1万人を超えた。1990年には12年ぶりにプリメーラ・ディビシオンに復帰した。

1995年には国際カップ戦に初参加した。1996年にはコパCONMEBOLで優勝し、クラブ史上初の国際カップタイトルを勝ち取った。1996年のコパCONMEBOLでは準優勝した。クラウスーラ1998では2度目のプリメーラ・ディビシオン準優勝を果たし、クラウスーラ2006では3度目のプリメーラ・ディビシオン準優勝を果たした。2006年には9年ぶりに参加した国際カップ戦のコパ・スダメリカーナ決勝トーナメントでブラジルの名門SCコリンチャンス・パウリスタを破り、ベスト8まで勝ち進んだ。2007年12月、アペルトゥーラ2007-08でプリメーラ・ディビシオン初制覇を果たした。創立92年目での戴冠だった。

ユニフォーム編集

ユニフォームが臙脂色に決まった経緯は、1928年にクラブの会長が、ある1人のディレクターをアルゼンチンの他のクラブにはないオリジナルなユニフォームを見つけるためにヨーロッパへ派遣させたことがきっかけである。そして、そのディレクターは臙脂色のユニフォームを持って帰ってきた。このユニフォームをクラブの幹部たちはとても気に入って、それからチーム・カラーが臙脂色になった[1]

ライバル編集

ラヌースの最大のライバルはCAバンフィエルドである。この対戦はクラシコ・デル・スール(南のダービー)と呼ばれている。

タイトル編集

国内タイトル編集

  • コバイセンテニアルカップ : 1回
    • 2016

国際タイトル編集

現所属メンバー編集

歴代監督編集

歴代所属選手編集

脚注編集

外部リンク編集